【今日の事件簿】犯人の男は自殺。やり場のない怒りに震える山口女子高専生殺害事件とは

今から13年前の8月28日、山口女子高専生殺害事件が起きました。この事件は被害者遺族にとって怒りのやり場がなくなってしまった辛い事件でした。今回はこの事件を紹介するとともに、女性が事件に巻き込まれないための対策についても紹介します。

山口女子高専生殺害事件の概要

2006年8月28日、山口県にある高等専門学校で、この事件は起きました。この日、学校で1人の女子学生の姿が見えなくなりました。この女子学生の友人と教員が心配し学校中を探します。そして、午後3時頃に女子学生が所属する研究室で、荷造り用のビニール紐で首を締められて殺害されている女子学生を発見。研究室には鍵がかかっていて密室状態でした。この研究室の鍵は当時日本国外に出張中であった女性教員の他に、研究室に所属する5人の学生すべてが合鍵を持っていました。

被害者の着衣には一部乱れがあり、爪からは抵抗した際に付いたと思われる犯人の皮膚片が見つかり体などには被害者とは別の毛髪が付着。警察はこの毛髪をDNA鑑定し、この研究室に所属する当時19歳の男のものと断定しました。翌8月29日に殺人の疑いで逮捕状を取って、9月1日にこの男を全国に指名手配。男の自宅からは、男が所有する原付バイクが無くなっており、警察はそのバイクを使って逃走したと考えました。

そして、9月7日に学校からさほど離れていない山口県下松市の山林脇で男のものとみられる原付バイクを発見。そこから山林に入ったところで男の遺体が発見されました。側にあった2本の木にロープがかかっており首吊り自殺をしたと見られ、遺体の一部が白骨化。このことから、事件からほどなくして自殺したと考えられました。

事件の真相とその後

警察の調べで犯人の男は事件の前日に被害女性にメールで「課題を教えて欲しい」と伝えており、突発的な犯行ではなく計画的な犯行だとしました。また、犯行に使用したビニール紐も自宅から持って行ったことが判明し、確定的な殺意があったと断定。さらには、男の部屋にはレイプもののDVDが大量に保管されていたことがわかりました。警察は男を被疑者死亡のまま、強姦致死及び殺人容疑で山口地方検察庁に書類送検しましたが、その後被疑者死亡のため起訴の条件を満たさないとして不起訴処分になっています。

犯人が自殺したことによって被害者遺族は怒りをぶつける相手がいなくなってしまいました。しかも、犯人から事件の真相も聞けなくなってしまい絶望のどん底に突き落とされたことでしょう。さまざまな考えや思いがあり一概には言えませんが、こうした事件の被害者遺族にとって生きている犯人を憎み続けることは、苦しみや悲しみを乗り越える材料の1つになる場合が多いのです。今回の事件の被害者女性の母親は、被害者の声を直接届けたいと刑務所や少年院などの矯正施設に出向き、罪を犯した受刑者たちに事件を伝える活動を始めたそうです。

女性が事件に巻き込まれないための対策

今回紹介した事件は男の身勝手な欲望に加え知り合いを装って被害女性を誘い、殺害するという卑劣な犯罪だったため、防ぎようがなかったかもしれません。しかし、世の中には対策をすれば防げる可能性がある犯罪が多くあります。女性が事件に巻き込まれないための対策は次の通りです。

特に夜間は1人で出歩かないようにする。やむを得ない場合は、明るく人通りの多い道を歩くようにする。
・道を歩くときはイヤホンで音楽を聞いたりスマートフォンを操作したりしながら歩かない。
・停車している車に人が乗っている場合は、引き込まれない程度の距離を保ちながら通り過ぎる。
・エレベータ内は密室となるため、なるべく男性と2人きりにならないようにする。少しでも怖いと感じたら、ボタンを全部押して停まった階で降りる。
・1人暮らしの場合は訪問者が来てもすぐにドアを開けるのではなく、必ずドアスコープやカメラ付インターホンなどで相手の身分と用件を確認する。
・少しでも不審に思ったら、ドアを開けずに管理人や警察に連絡する。
・玄関のドアや窓に補助錠を付けるなど、防犯対策を講じる。
・自分に限って事件に巻き込まれるわけないなどとは思わずに、いつ何が起こるかわからないということを頭の隅に置いておく。

まとめ

今回紹介した事件は、犯人の男が自殺するという被害者遺族にとっては納得のいかない事件でした。また、知り合いだと思っていた人に、いきなり襲われ殺害されてしまったので、防ぎようがなかったのかもしれません。いついかなるときに事件に巻き込まれるかわからない世の中、極度に怯える必要はありませんが、油断することなく自分のできる限りの対策をして安心・安全な生活を送っていきましょう。

【要注目】被害者の96.4%が女性。路上で性被害に遭わないためにできる対策とは?

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【7月29日の事件】何故自分の母親を?山口母親殺害事件の謎

  2. 【6月1日の事件】佐世保小6女児同級生殺害事件から15年。子供の異変に気づくために何ができる

  3. 【8月23日の事件】船の上で強盗放火殺人?優しさが仇となった金比羅丸事件とは

  4. 【8月10日の事件】名前が覚えやすかったから狙われた?甲府信金OL誘拐殺人事件の真相

  5. 【今日の事件簿】偽装結婚の末に殺害?千葉少女墓石撲殺事件とは

  6. 【今日の事件簿】犯人は42年経った現在も逃亡中!ダッカ日航機ハイジャック事件とは

  7. 【今日の事件簿】自分の手を汚さずに殺害?桶川ストーカー事件とは

  8. 【今日の事件簿】7年かけて特定した犯人は、事件の2日後に死んでいた?島根女子大生死体遺棄事件

  9. 【今日の事件簿】実状を知りたかった青年がイラクで惨殺された事件。イラク日本人殺害事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP