「〇〇の出身地は?学歴は?実家は××区?」という中身のない記事が量産されるワケ

「〇〇の出身地は?学歴は?実家は××区?」

こんな感じのタイトルの記事を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

芸能人や話題になっている人を取り上げ、パーソナルな情報を調べて書いている個人ブログが現在問題になっています。

調べたいことがあるのに、こういったサイトばかりが検索に引っかかって迷惑だと思っている方も多いでしょう。今回は、こうしたサイトがなぜ多いのか、そして作成しているのはどういった人なのかをご紹介します。

話題の人物を取り上げるブログ

上記のような、芸能人や話題の人(逮捕された人や、SNSで晒された人など)を取り上げ、個人情報を調べて書くブログのことを「トレンドブログ」「トレンドアフィリエイトブログ」と呼びます。

トレンドブログがなぜ多いのか

トレンドブログが多い理由は、ズバリ「お金になりやすいから」です。個人でブログを運営する人の大半は、自分のサイトに広告を貼ることで収入を得るアフィリエイトをしています。

広告ビジネスの基本は、人が集まるところに広告を出して多くの人に見てもらうことなので、有名人のように検索回数が多いと思われる人物を取り上げることで集客をして、広告収入を得ようという考えなのです。

また、トレンドブログは自分に専門性がなくてもある程度の収入を得ることができてしまいます。そのため、「これからの時代はネットや!ネットで稼ぐぞ!」と思った初心者が比較的始めやすい分野になっています。

同じような構成の記事が多い理由

タイトルが「〇〇の出身地は?実家は?学歴は?」というテンプレートのような書き方になっているのは、文字通りテンプレートがあるからです。

先述の通り、トレンドブログはネットビジネスの初心者が稼ぎやすい分野になっています。ブログを書いて稼ぐ方法は他にもあり、例えば自分が保有している資格や趣味について、検索エンジンで引っかかりやすいように記事内のキーワードを工夫して文章を書いていく方法があります。こちらも初心者が手を出しやすい分野ではありますが、記事を毎日書き続けても半年くらいは収入が0円という人もいたり、より専門性の高い人が書く記事に追いつけずに挫折してしまう人が多いです。また、検索需要が少ない分野ではどんなに頑張っても稼げないという市場選定ミスもつきものです。

しかし、トレンドブログは初めて1ヶ月目から数千円の収益を出すことができる場合もあります。これは、記事を公開するスピードさえ早ければクオリティに関わらず検索エンジンで上位表示できたり、SNSで拡散して読ませることができてしまうからです。

記事の構成の話に戻すと、こうした初心者が始めやすい分野なだけに、そこをターゲットとして「トレンドブログ教材」を販売している人たちがいます。

「これまでに数千人がネットビジネスで会社に縛られない自由な暮らしを手に入れました!」

といった触れ込みで初心者の関心を集め、トレンドブログを成功させるためのマニュアルのようなものを売っているのです。もちろん内容はそれなりに充実しており、マネすればある程度の効果があります。だからテンプレ化した同じような記事がいくつも検索上位に表示されているのです。

どんな人が作成しているのか

では、こういったブログはどのような人が書いているのでしょうか?トレンドを掴んですぐに記事を書くためには、勤務時間が決まっているサラリーマンはなかなか難しいですよね。

主婦やフリーターなどの一般人

こうしたトレンドブログは、時間に余裕のある主婦やフリーター、大学生などが書いていることが多いです。バイト以外のお小遣い稼ぎのような感覚でブログを運営しているのです。

他の分野のブログはサラリーマンなども書いているケースがありますが、トレンドに敏感に反応してスピード感を持って記事を書くためには、決まった時間に仕事をしなくてはならない会社員は不利です。

トレンドブログの問題点

ここまで紹介してきたトレンドブログですが、かなり多くの問題を抱えています。

情報源が明確ではない

これが最も大きな問題点です。実際に彼らの書いたトレンドブログを読んでみると、基本的な情報は有名人の公式サイトから拾ってきた情報で、その他の噂や個人情報に関しては、他人のTwitterやInstagramの投稿を埋め込み、記事にしています。

「〇〇さんの出身小学校についてですが、ネット上では×××小学校という情報が多いですね。ということは、実家は×××小学校の近くということかもしれません。」

こんな感じで、極めて不正確な情報しか流さないですし、流せないのです。所詮はネット上に落ちている情報を集めただけで、現地に取材に行ったわけでもありません。また、スピード命で記事を作成しているため、拾ってきた情報が正しいのかどうかチェックが非常に甘いです。間違った情報でもとりあえず書いておき、指摘があったらリライト(書き直し)すればいいというスタンスです。

民事のトラブルが多い

情報源が明確でないということは、事実無根の記事を書く可能性が高いということにつながります。実際に、噂や憶測に基づいた記事を書いていると、芸能事務所や個人から警告が来ることがあります。そのまま放置していれば民事訴訟につながり、ほとんどのケースで損害賠償を払うことになります。

先日非常に話題になった常磐道のあおり運転暴行事件では、加害者の男性と同乗して携帯で撮影していた女性についてデマが流れ、問題になりました。事件とは全く無関係にも関わらず氏名や会社名を晒され、犯人扱いされてしまった女性は、SNSでデマを投稿した人を相手に法的措置を検討しています。

そして、このデマに加担した人の中にトレンドブログの運営者もいるのです。デマを真実だと思ってすぐに記事にしてお金を稼ごうとした運営者たちは、これから法的措置を取られる可能性が大いにあります。「記事を消せば大丈夫でしょ」と思っているかもしれませんが、それだけで済むとは限りません。全世界に向けて誤った情報を発信し、全く非のない人を傷つけた代償は払うべきでしょう。

まとめ

トレンドブログは多くの人に問題視されていますが、ネットビジネスの初心者が集まりやすい分野のため、これからも多くの問題が起こると思います。

ネットビジネスの中でも簡単に収益が発生しやすい分野であるのは事実ですが、トレンドに乗って記事を書き続けないとパタッと収入が減ってしまいます。手軽に稼げるようで、作業量がものを言う世界です。誰よりも早く記事を書くという精神的な負担や虚偽の情報を流して訴訟を起こされるリスクの高さを総合すれば、別の方法を検討した方がいいのではないでしょうか。

また、こういった不確かな情報を集めたサイトを信じ込み、SNSで投稿してしまわないように注意してください。見るだけならまだしも、間違った情報を投稿したらあなたは加害者側の人間になります。

流れてきた情報がデマならあなたが止めればいいのです。

ぜひ、ネットリテラシーを高めて不確かな情報に踊らされないようにしましょう。

関連記事

  1. ショッピング中も危険がいっぱい?安全性の高い「お店」の見分け方とは?

  2. 網棚は危険? 安心して荷物を置ける場所とは

    電車の網棚に乗せたカバンが堂々と置き引きに!徹底置き引き対策!!

  3. GW対策イメージ

    GWの防犯対策! 気をつけたい5つのコト!

  4. カメラに映るスーツ姿にご注意を!空き巣の見だしなみ

  5. 事故と防犯対策の一石二鳥!?移動式オービスが大活躍中!

  6. ストーカー被害を受けたらどこに相談すればよい?

  7. 【要必見!】露出狂と出会ってしまった時に取るべき3つの選択肢

  8. 市区町村が協力する防犯パトロールとは?

  9. 不審者情報をリアルタイムで!マップで確認できるおすすめ防犯アプリ4選!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP