【今日の事件簿】犯人はどこへ。動機は?何も盗られていない愛知豊明母子4人殺人放火事件とは

今から15年前の9月9日、愛知豊明母子4人殺人放火事件が起きました。この事件は家の主人が残業している間に母子4人が殺害され、その後家を放火されるという残忍な事件でした。今回はこの事件を詳しく紹介していきます。

愛知豊明母子4人殺人放火事件の概要

2004(平成16)年9月9日未明に、愛知県豊明市の民家から火が出ます。消防隊などが駆け付け火を消し止めましたが、焼け跡からこの家に住む当時38歳の母親と15歳の長男、13歳の長女に9歳の次男の遺体が発見されました。この家の45歳の主人は仕事のため不在で、被害には遭いませんでした。

その後の調べで4人の遺体には損傷の痕跡が見つかり、これはただの火災ではなく母子は殺害されたのちに室内に灯油が撒かれ、火をつけられたことが判明。愛知県警はすぐに殺人放火事件に切り替えて、特別捜査本部を設置しました。警察は必死の捜査をおこなっていますが、火が放たれたことにより犯人の侵入経路などがわからず、捜査は難航。被疑者は未だ逮捕されていません。

当時の現場の状況

被害に遭った母子は男女の性別によって殺害方法が異なっていました。母親と長女の女性はともに刃物で刺されていて、母親は背中を中心に顔や頬など十数カ所、長女はろっ骨が折れるほど上半身を何度も刺されていました。いずれも執拗に刺されたことによる出血性及び外傷性ショック死とみられています。長男と次男の男性には刺し傷はなく、鈍器で撲殺された形跡がありました。バールのようなので一撃され、いずれも頭部の損傷が確認されていて、急性クモ膜下出血や脳挫傷が死因となっています。

4人の被害者の遺体には、すべて抵抗した痕跡がなく、寝ている間に襲われた可能性がありました。それぞれの遺体の肺からは微量のすすが検出されていて、これは放火された後も4人に息があったことを示しています。おそらく犯人は一家4人を襲った後、すぐに大量の灯油を撒き、火をつけたと考えられています。

事件当時、玄関や勝手口のほか、1階のすべての窓は施錠されていて、唯一2階の長男の部屋の窓が網戸であったため、そこからの侵入が疑われました。しかし、2階にのぼるための梯子をかけた跡など犯人が侵入した形跡が何も見つかりませんでした。この家では父親が頻繁に仕事で帰宅が遅くなるため、車庫内の指定の場所に勝手口のカギを置いておく習慣があり、この日もこの場所にカギが置いてあったそうです。

被害者宅では番犬として犬を飼っていて、普段はよく吠えますが事件発生時には犬が吠える声を近隣の人を始め、誰も聞いていません。火災時は首輪が外されていて、被害者宅の車の下に隠れていて無事だったそうです。現場周辺は、住宅街でしたが街灯は少なく夜は比較的暗い場所となっています。この家にあった貴金属や通帳、カード類などは残されていました。

灯油が撒かれた箇所は遺体周辺ほか広範囲に及びましたが、この家ではもともと灯油が無かったため犯人が持ち込んだと考えられました。また、被害者宅周辺からは犯人の血液反応が出ておらず、殺害時に返り血を浴びた犯人が来ていた服も一緒に焼却した可能性があります。

事件のおよそ1年前には、何者かがこの家の玄関のドアを無理やり開けようする出来事があり、事件の数カ月前には母親が自宅の様子をうかがう不審者の存在を、近隣の人に打ち明けていたそうです。そんなことから母親は用心深くなり、ドアや窓の施錠など一家の防犯意識は高かったそうです。

まとめ

今回紹介した事件は、15年経った今も犯人逮捕に至ってはいません。この事件は夜中に侵入され殺害されて放火されるという残虐極まりない事件でした。殺されて放火されるという事件は稀かもしれませんが、この事件はもともと侵入犯罪です。侵入犯罪は窃盗を含め数多く起きています。今回の事件もそうですが、十分な防犯意識や対策を講じていても被害にあってしまう可能性はあるのです。だからといって何も対策を講じないのは被害にあう可能性を高めるだけですので、出来る限りに防犯対策はしておきましょう。

空き巣被害を受けないために!空き巣の前兆を見逃すな!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【8月8日の事件】鬼畜すら霞んで見える卑劣な犯行。異例尽くしの仙台女児連続暴行事件

  2. 台風の被災地で侵入盗被害が発生中。空き巣を理解して犯行を阻止しよう!

  3. 自分の持ち物を貸している友人や彼氏から、無断で持っていくと罪に問われるかも!?窃盗罪が成立する条件と…

  4. 【5月17日の事件】拳銃立てこもり男の目的は妻の奪還…?

  5. 防犯カメラの設置には注意が必要!?正しく設置する4つのポイント

  6. 【5月12日の事件】6億円強奪事件とは?

  7. 誤認逮捕は年間でどのくらい発生しているのか?防犯カメラの進歩と扱う側の課題について

  8. 【6月8日の事件】附属池田小事件から18年。学校への侵入阻止と子どもを守る方法とは

  9. 3月16日は万国赤十字加盟記念日! 暴行傷害から身を守ろう

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP