【どっち】SNSに車の写真を投稿するとき、ナンバープレートにモザイクをかける必要はある?

テレビで車が映る時、ナンバープレートにモザイクが入っているイメージをお持ちの方も多いと思います。また、自分たちで撮影した写真にナンバープレートが写り込んだ時もスタンプなどで隠すのが一般的かと思います。おそらく多くの方は、「ナンバープレートで所有者の個人情報がバレてしまう」と思っているのではないでしょうか?

しかし、実際にはナンバープレートだけでは所有者の情報がバレることはありません。

今回は、ナンバープレートだけで個人情報がバレることはない理由と、それでも隠しておいた方がいい理由をご紹介します。

ナンバープレートだけで所有者情報は分からない

例えば、テレビやSNSで見かけたナンバープレートを元に所有者情報を割り出そうとしても、せいぜい「どこに住んでいそうか」くらいまでしか見当がつきません。

2007年まではナンバープレートの情報があれば比較的簡単に「登録事項等証明書」を請求することができましたが、2007年11月に請求方法が変更され、本人確認のチェックが厳しくなりました。これは、個人情報保護の観点やストーカー対策を目的とした変更です。また、登録事項等証明書が自動車窃盗に悪用されるケースがあったことも本人確認が徹底されるようになった理由になっています。

では、現在は所有者情報を確認するためにどのような情報が必要になったのかというと、以下の情報が必要になりました。

登録事項等証明書請求に必要な書類

  • 自動車登録番号(ナンバープレートの情報)
  • 車台番号(下7桁)
  • 請求者の住所氏名
  • 請求者の本人確認書類
  • 正当な請求事由
  • 手数料印紙

現在では上記のような書類を持っていき、請求者本人かどうかをかなり厳密に確認されます。

車台番号は車検証もしくはエンジンルーム内を確認しないといけないため、基本的には所有者本人しか確認できないようになっています。

また、正当な請求事由というのは、例えば自動車保険の加入に際して必要になったですとか、中古車の所有者移転手続きをするためですとか、そういった理由が必要ということです。ただ確認したいからという理由では取得はできなくなっています

報道機関がナンバープレートを隠すケース

ここまで説明してきて、ナンバープレートだけでは所有者情報を取得することはできないと分かりました。ですが、報道機関では以下の場合はナンバープレートにモザイク処理等を施すようにしています。

盗難車両であることが明らかな場合

よく警察の捜査に密着した番組が特番で放送されますが、そういった番組で扱われる盗難車両のナンバープレートは隠されます。これは、盗難車の本来の持ち主に被害が及ばないようにするための配慮となっています。

有名人の所有する車の場合

有名人の所有する車の場合も、モザイク処理などでナンバープレートを隠します。これはプライバシー保護や犯罪防止のためです。例えば政治家の所有する車のナンバープレートが周知されてしまえば、車に細工をして危害を加えることを企む人が出てくるかもしれません。芸能人であれば自宅の特定や盗聴の恐れがあります。一般人に比べてプライバシーに関心を持つ人が多く、犯罪被害に巻き込まれる可能性が高いため、ナンバープレートを隠すことでトラブルを防止しています。

それでもナンバープレートを隠した方がいい理由

ナンバープレートだけでは個人情報を知られることはないし、有名人でもないから別に隠さなくてもいいか!と思う方もいるかもしれません。しかし、防犯上は絶対に隠すことをおすすめします。

ストーカーには有力な情報になりうる

ナンバープレートだけでは何も分からないかもしれませんが、あなたが普段何気なくSNSに投稿している内容と組み合わせれば、ナンバープレートは重要なヒントになってしまいます。

例えば、「子供と遊ぶ近所の公園」「自宅が一軒家」という情報と、「ナンバープレートを隠していない車」の情報を組み合わせれば、住所を特定するのはさほど難しくありません。

こうした手法はモザイクアプローチと呼ばれますが、誰もがSNSの過去の投稿を遡って見ることができたり、グーグルマップのストリートビュー機能で「実地調査」が可能な環境では、知らないうちに個人情報が筒抜けになってしまう可能性があるのです。

「そんな面倒なこと、する人いないでしょ」と思う方もいるでしょう。しかし、実際にこうした手法を用いたストーカーの例は数多く報告されています。さらに、窃盗犯の中にはターゲットを絞るためにハッシュタグ検索を利用して高級車を持っているかどうかを調べている人もいます。

自分の車であれば自己責任で割り切れるかもしれませんが、友人の車のナンバープレートを隠さずに投稿してストーカーや盗難の被害に遭ってしまった場合、取り返しのつかないことになりかねません。このことからも、車のナンバープレートは誰ものであれ、しっかりと隠すようにしましょう。

まとめ

幸いなことに、多くのSNSにはスタンプ機能が備わっています。1タップで可愛く情報を隠せるのですから、使わない手はありません。ナンバープレートもストーカーにとっては喉から手が出るほど欲しい情報だということを忘れずに、しっかりと隠すようにしてくださいね。

ナンバープレートを盗まれたら自分も罰則を受ける?車上荒らしの防犯対策!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 窃盗の手口を知って所持品を泥棒から守ろう

  2. 性犯罪のなかで冤罪が多い「痴漢」。痴漢されたと疑われたときの対処法と防止策

  3. 【番外編】子どもの日にちなんで子供の防犯対策!今すぐお子さんと再確認したい防犯のコト。

    【番外編】子どもの日にちなんで子供の防犯対策!今すぐお子さんと再確認したい防犯のコト。

  4. イギリス女子の悩み…制服が性的嫌がらせの対象になっている?

  5. 【防犯】強力な防犯対策は”防犯カメラ”×”カギ”の組…

  6. 犯罪者は録画されることを嫌う! 防犯対策の要はカメラの設置

  7. ある日ストーカー扱いされてしまったら

    ある日突然ストーカー扱いされてしまったら…、一連の流れと対策について検証

  8. 【大活躍グッズ】日常生活にも防犯対策にも便利な宅配ボックスを上手に利用する方法は?

  9. 1月13日は「お父さんの日」!お父さんに起こった悲劇から防犯を学ぼう

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP