詐欺用のアジト契約は不動産屋もグル!? 元詐欺師が語る足をつけない契約方法とは

私はおよそ3年半に渡り詐欺に加担していました。
私個人としては名前や顔などを公表すべきだと思うのですが、現状家族を説得出来ておりませんので、かなりの部分を伏せさせて頂きます。ご理解賜りたく存じます。

いくつか内容の異なる詐欺に加担した身として、誰でも詐欺に遭う可能性はあると断言します。たとえ今でないにせよ、常に身の回りに潜んでいると考えて下さい。私の話がどれだけ詐欺被害を防ぐ事に繋がるか分かりませんが、防犯意識の向上や騙される人がいなくなる事に少しでも寄与できればと思いペンを取りました。おもしろおかしく話すつもりはありません。また犯罪を助長するつもりも一切ありません。

第6回目はコチラからご覧ください。

第7回は、詐欺師集団がアジトとなる物件や郵送物等の受け渡しに利用する私設私書箱の契約についてお話しします。

こんにちは。
前回、足がつかないように携帯電話やwifi回線の契約についてお話ししましたが、アジトに使用する物件や私設私書箱も足がついてはいけないので、今回は物件や私設私書箱の契約を行う際の配慮についてお話します。

1.アジトとなる物件契約

まず、「不動産(仲介)会社がグルである」ことが大前提です。
不動産仲介会社の中には暴力団や半グレなどと繋がっているところも存在します(これは不動産関連に限ったことではありませんが…)

このグルになっている不動産会社に協力してもらい物件を手配します。物件も条件を伝えると先方が普通の賃貸契約のようにいくつか候補を挙げてくれます。また、気になった物件は内見も出来ます。

犯罪グループによっては、内見や交渉窓口になった者は(逮捕されないように)実行部隊と一切接触しないグループもあります。物件の契約名義は「作り上げた架空の人物」か「弱みを握っている人物」であることがほとんどのようです。これを可能にするため、不動産会社がグルになっている必要があります。

手間や余計な費用がかかりますが、逮捕されては元も子もないので、アジトなどのインフラ周りの契約については犯罪者集団が最も細心の注意を払う点の一つです。

唯一の例外は刑法上の詐欺と認定しづらい(=グレーな商法)詐欺・悪徳商法を行なっている場合、メンバーの名義で契約する事もあります。名義をしっかり出して契約する利点は、「費用を抑えられる」「手続きが楽である」ことです。私が逮捕された時に行なっていた霊感商法はメンバー名義でアジトの物件を契約していました。

霊感商法の前に行なっていた投資詐欺で逮捕状・捜索令状が出ていたため、アジトの物件も調べられましたが、取り調べの警察官から「もし投資詐欺を行わずに霊感商法だけを行なっていたら、(グレーで立件が難しいため)逮捕は難しかったと思う」と言われました。

余談ですが、詐欺グループは防犯カメラ付きの物件を非常に嫌がります。中にはカメラがついているだけで詐欺グループから抜ける者もいます。私も拘留時の取り調べで分かりましたが、防犯カメラによって撮られた「アジト物件への出入り画像」が立件に欠かせない要素の一つです。

このことから防犯カメラの設置を法律で義務付けるべきではないかな?と思っています。

2.私設私書箱の契約

私が加担していた投資詐欺では金品を送らせたり、相手(=被害者)との偽書類のやり取り等のため私設私書箱の契約が不可欠でした。この契約はアジト物件と異なり非常に簡単でした。具体的には前回お話しした携帯電話の契約のように偽の免許証などを用いて契約します。

尚、この私設私書箱に送らせた金品などはバイク便などを使い、直接出向く事なく受け渡しを行なっていました。

まとめ

今回は物件契約についてお話ししました。アジト物件の契約は少々難儀ですが、1~3人程度で行う詐欺の場合は物件契約が不要である事も少なくありません。いつどこででも詐欺が出来ると言っても過言ではありませんので、警察やメディアに頼るのではなく自衛の意識を持って頂きたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。
弊社では以前、上記の元詐欺師の方からご連絡をいただき、インタビューをさせていただきました。その中で、元詐欺師だからこそわかる事、伝えられることがあると感じ、今回のコラムを出すことを決めました。

被害に遭わないためには、対策だけではなく、被害の実態と手口を知ることも大事です。このコラムで一人でも多く被害に遭われる方が減ることを願っています。

こちらのコラムは、毎週水曜日に更新します。第8回もぜひご覧ください。第6回はコチラからご覧いただけます。

Moly.jp編集部

>>Moly.jpの独自記事はこちらから<<
>他では聞けないインタビューをここで<

関連記事

  1. 身分証明書の写真は赤の他人。詐欺に使用される無数の携帯電話の契約方法とは?…元詐欺師が語…

  2. 振り込め詐欺や特殊詐欺、英語では何と言うの?

  3. インターネット上でのトラブルを犯罪に発展させないための防犯対策

  4. 便利なはずのコンビニや深夜営業をするお店に潜む危険な犯罪とは!?

  5. 詐欺メンバーは誰が集め、どう犯行に及ぶのか。元詐欺師が語るメンバーの集め方とは

  6. 110番はいたずらと緊急じゃない通報が多い!不安なことは#9110に相談しよう!

  7. 【独自】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、犯行時の心境と罪悪感

  8. 私が振り込め詐欺師になって逮捕されるまで〜元詐欺師が伝える誰でも被害に遭う手口とは〜

  9. 【独自】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、出所した今、思うこと。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP