【今日の事件簿】”死の使徒”と呼ばれた兄を持つペルー人の男が起こした熊谷連続殺人事件

今から4年前の9月14日を皮切りに、熊谷連続殺人事件が起きました。この事件の犯人はペルー人の男で、この男の実兄はペルーで25人を殺害したとされるペルー史上最悪の連続殺人犯でした。また、この事件が起きる前日に男は別件で警察署に任意同行されていましたが逃走。さまざまな声があがりました。今回はこの事件を紹介していきます。

熊谷連続殺人事件の概要

2015(平成27)年9月14日埼玉県熊谷市の住宅で男女2人が殺害されました。この2人は夫婦で、18時頃に妻の散歩仲間が女性を訪ねたときに発見されました。夫妻の部屋の壁には血でアルファベッドのような文字が書かれていたそうです。そして、2日後の9月16日同じ熊谷市の住宅で、独身女性が殺害されました。

警察はこの事件の聞き込みをしようと現場から80メートル離れた別の住宅に聞き込みに行った際、照明が付いているにもかかわらず応答がないことを不思議に思います。そして、この自宅の周辺を調べていると、この家の2階の窓から両手に包丁を持った男が顔を出しました。

男は警察の説得を無視し両腕を自ら包丁で切り、窓から飛び降ります。男は頭部を強打し意識不明となったところで警察に身柄を確保され、病院に運ばれました。その後、警察がこの家を調べたところ、この家に住む母親と、その娘2人が殺害されているのが発見されました。

事件の前日の出来事

事件の前日の9月13日12時半過ぎに群馬県伊勢崎市の工場に勤めていた派遣社員のペルー人男性が熊谷市内の民家の庭に侵入しました。住民が声をかけると片言の日本語で「警察」やら「金」という言葉を連呼したので住民はまずは消防署に連絡。この消防署の署員が警察に連絡して、警察が駆け付け任意同行しました。

警察署内での取り調べに男は、国に帰りたいという趣旨の言葉や、親族に電話したいなどと言い出したり泣き出したり情緒が不安定でした。そして、喫煙休憩を求めて署員1名が付き添い玄関外の喫煙所で一服し署内へ戻ることを促されると署員を振り切って逃走。署内には携帯やパスポート、現金が入った荷物は置きっぱなしだったそうです。

警察は男が残した携帯などをもとに必死の捜査をおこないましたが、結局16日に男が自殺を図るまで身柄を確保できませんでした。

捜査と裁判の途中経過

自殺を図ったペルー人の犯人の男はしばらく意識が戻りませんでしたが、9月24日に意識が回復し10月8日に退院。そして、この日に1つ目の殺人事件の被疑者として逮捕され10月8日に2つ目の事件、11月25日に3つ目の被疑者として逮捕されました。その後の調べで、それぞれ3つの住宅で第三者が飲食をした形跡が見つかり、2つ目の独身女性の自宅では犯人の男が一夜を過ごした形跡が見つかりました。殺人事件の現場となった3つの住宅では、いずれも鍵を壊された形跡が見つからず、男が無施錠の家を狙ったことがわかりました。

裁判では被告人が終始意味不明な言動を繰り返すことから、刑事責任能力の有無が主な焦点となっています。そして、一審では死刑判決がなされましたが、被告側は判決を不服として東京高等裁判所に控訴。2019(令和元年)6月に東京高等裁判所で控訴審が開始されました。その後、8月に控訴審の第2回公判が開かれましたが、そこで男は被害者遺族の代理人弁護士から被害者への謝罪の意思を問われると「なぜだ。日本が私に謝るべきだ」と発言したそうです。

最後に、この事件の被告人はペルーで起きたペルー史上最悪の連続殺人犯の実弟でした。姉は子どもの頃に兄の殺人現場を目撃して精神的なショックを受けたのではないかと語っていたそうです。

まとめ

この事件は1人の男が6人もの人を殺害し、しかも事件前日に警察署から逃走。さらには、ペルー史上最悪の連続殺人犯の実弟ということから数多くの意見や、さまざまな声があがりました。しかし、どんな理由であれ6人もの命を奪うことは許されるものではありません。また、この事件の犯人は無施錠の家を選んで犯行に及びました。

このような侵入事件には誰もが巻き込まれる可能性はあります。家に居るときにも必ずドアの施錠をして、日頃から何が起こるかわからないということを意識しながら出来る限りの防犯対策をしましょう。

4割以上が無施錠!? 高層階だから「安心」ではなく「用心深く」!!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【7月22日の事件】ショッピングセンターで起きた通り魔。男の身勝手な犯行動機とは

  2. 【7月23日の事件】身勝手な動機で機長が犠牲になった全日空61便ハイジャック事件

  3. 【今日の事件簿】死刑判決後に獄中結婚!首都圏連続不審死事件とは

  4. 【5月11日】バリュージェット航空592便墜落事故と防犯対策を学ぶ

  5. 【今日の事件簿】92世帯分の電話線を切ってから犯行?千葉県収用委員会会長襲撃事件

  6. 【8月10日の事件】名前が覚えやすかったから狙われた?甲府信金OL誘拐殺人事件の真相

  7. 【今日の事件簿】犯人は42年経った現在も逃亡中!ダッカ日航機ハイジャック事件とは

  8. 【7月25日の事件】被害者は合計67人。和歌山カレー事件とお祭りでの防犯対策

  9. 【8月23日の事件】船の上で強盗放火殺人?優しさが仇となった金比羅丸事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP