【セクハラ】目隠しゲームの先で発生した学校でのセクハラ事件

小学校では先生が生徒を楽しませるために先生自らが独創的なゲームを考案して遊ぶこともあります。考えたゲームの中には生徒が没頭するような面白いゲームを考えつくこともあります。しかし、中にはその関係性を悪用してセクハラに走ってしまうことも。

今回紹介する事件は、定期的に登場する変態アイディア先生です。一体どんなアイディアで生徒をセクハラしようとしたのでしょうか。

目隠しセクハラゲームを思いついたおじさん

事件概要

埼玉教育委員会は女子生徒の前で下半身露出をした教員を懲戒解雇した。男性教諭は国語の個別指導を行なっていた生徒に、目隠しをするように指示。ハンドタオルで目隠しをしたところ下半身を露出。生徒に触らせた。

男性教師は、「プライベートで親しかった女性と疎遠になるなどうまくいかず、ストレスが溜まって犯行に及んだ」と供述。目隠しゲームで下半身を触らせるとは、恥ずかしいばかりです。
(参考文献:讀賣新聞

事件のポイント

  • ストレス発散をするために変態行為に及んだ
  • 個別指導という生徒と教師1対1の場面で事件は発生した

今回の事件は、女子生徒を狙った犯行というよりはストレス発散する機会を伺っていた教師がここ!というタイミングで犯行に至ったという事件です。ストレスが溜まっている人の中には、理解できないような奇行に走ってしまう人もいます。

対策ポイント1:1対1の個別指導では警戒をする

個別指導はどのような場合でも1対1の状況になってしまうため、セクハラを受ける危険性は高くなります。一般には、男性教師が女子生徒に好意を持っている場合に、個別指導のタイミングでセクハラを仕掛けてくるケースが多いです。しかし、こちらの共同通信の記事のように、女性教師が男子生徒に対してセクハラをするケースも少なからず存在しています。

普段から異常に自分に優しい教師がいる場合は警戒するようにしましょう。特に二人きりになることは極力避けるようにすると、セクハラ行為を防ぐことに繋がります。

対策ポイント2:相談窓口に相談する

万が一、お子さんが被害にあった場合はまず相談窓口でセクハラ被害を報告しましょう。最近では教師と生徒の間でのセクハラ事件が頻発しています。そのため、このような相談窓口を開設している自治体も少なくありません。相談窓口で相談をすることで、正しい知識を持った相談員に話を聞くことができるので、お子さんが受けた傷を軽減させることができます。

また、このような窓口は学校とも連携しているので直接的な被害を学校側に言わなくても対処してもらえるため、安心して被害について話すことができます。

例えば神奈川県では、県教育委員会に「スクール・セクハラ相談窓口」が設置されています。他の自治体にもこうした窓口が設置されていることが多いので、ぜひ確認してみてください。

対策ポイント3 距離感の近い教師に注意する

セクハラを行う教師に共通しているものがあります。それは、生徒との距離感が限りなく近いということです。距離感が近いことで、生徒が悩みを打ち明けやすいという状況を作ることができる一方で、教師と生徒の立場の違いがセクハラ行為に繋がる可能性も無いとは言い切れません。

特に、男性教師が女子生徒だけ仲が良い場合はセクハラ目的で距離を縮めてくる可能性があるので警戒をしましょう。また、不快な発言を連発するような教師はセクハラ行為を起こす可能性があるので、すぐに他の教師に報告するようにしてください。

まとめ

教師といえど人間ですから、中にはセクハラ行為をしてしまう人もいます。このような事件で被害にあって辛い思いをするのは生徒の皆さんです。距離感がおかしい教師には警戒するとともに、明らかにおかしな行動をした場合は、すぐに他の大人や相談窓口に報告して、対策をするようにしましょう。

【注目ワード】就活セクハラの被害者は女性だけじゃない!?「就活セクハラ」の実態とは

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【夏休み】子どもが犯罪に巻き込まれないための防犯対策

  2. パワハラ・セクハラ集中相談 福岡県内4ヵ所で実施

  3. 【8月8日の事件】鬼畜すら霞んで見える卑劣な犯行。異例尽くしの仙台女児連続暴行事件

  4. 身を守るために知っておきたい!防犯パトロールで最低限押さえておきたい場所について

  5. 【今日の事件簿】性犯罪再発防止プログラム導入に繋がった、奈良小1女児殺害事件とは

  6. 【知ってた?】防犯ブザーは「投げる」もの!被害を最小限に食い止めるコツはこれ!

  7. 【知っ得】「子ども110番の家」になる条件は?実は子ども110番の家によるトラブルも増えている?

  8. 【ママ必見】こんな公園は犯罪が起こりやすい!近所の公園をチェックしてみて!

  9. 【注目ワード】ハリウッド女優も参加!世界に広まる「#MeToo」とは?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP