【愉快犯】正体はYouTuber? アメリカに謎のテレビ男現る!

海外では、さまざまな珍事件が発生します。今回紹介する事件は、一体何が目的なのか意図が全くわからない「いたずら事件」です。

日本国内でも犯罪の中には迷惑行為を行うケースがあります。もしあなたが今回のように迷惑行為に遭遇したらどのような対応をすれば良いか対策方法をみてみましょう。

テレビ男の奇行

事件概要
ヴァージニア州リッチモンド郊外の住宅地で謎の行動を起こすテレビ男が出現した。この男は、テレビのような被りものをし、玄関先にブラウン管テレビを置いて立ち去るという謎の行動。これまでに50件もの被害が確認された。調べによるとテレビ男は服装の違いから2人いると予想され、一体何が目的でそのようなことをしているかが不明。
ただブラウン管テレビを玄関先に置いていくという行為であるが、置かれた家からすればたまったものではない。悪ふざけのYouTuber?それとも一体何が目的で?テレビ男に真相を聞かなければ真実はわからない‥‥。
参考文献:engadget japan

事件のポイント

・防犯カメラが設置されている家にもテレビを置いていく
・同様の犯行を何度も繰り返す
・いたずらか、確信犯なのか目的はわからない

人の家に家電や粗大ゴミを放置する行為は日本で行えば立派な犯罪行為(廃棄物処理法違反)です。実際に日本でも空き地に家電や粗大ゴミを放置していくケースは少なくはありません。このような事件に遭遇しないためには、どのような対策をする必要があるのでしょうか。

対策ポイント1

玄関の防犯対策をしっかりしておく
今回のような人の家に侵入する犯罪を防ぐためには、「入りにくい家づくり」をする必要があります。今回の場合、勝手に人の家に侵入しているので入り口に人が入れないようなシャッターをするか、センサーライトや防犯カメラを設置することで、侵入を防ぐ効果が期待できます。
センサーライトと防犯カメラを一緒に設置しておけば、不法侵入が行われても犯人の画像を鮮明に撮影することができるので、ぜひ取り入れるようにしましょう。

対策ポイント2

不審者情報の確認
自治体や警察が発信する不審者情報を随時確認するようにしましょう。窃盗犯の中には同じエリアで同様の犯行を繰り返しているケースがあります。このような犯罪は事前に知っておくだけで防犯対策に繋げることができるので、住んでいるエリアの犯罪情報がわかるメルマガやアプリをダウンロードし、日頃から犯罪の情報収集を行うようにすると良いでしょう。

対策ポイント3

不審物が置かれたら警察に報告を
もし玄関先に見覚えのない不審なものが置かれている場合はすぐに警察を呼ぶようにしましょう。不審な荷物に触れただけで、体が傷ついてしまうケースもあります。
物によってはテロ等の実害も考えられるので、このようなトラブルを避けるためにも、不審なものがあればすぐに警察に連絡し対処してもらうようにしてください。おかしいと感じたことがあればすぐに110番をするか、相談電話に連絡するようにしましょう。

まとめ

一軒家の場合、不審な人がフラッと家の中に入って犯罪行為をする場合があります。このような犯罪を防ぐためにも玄関周りの防犯対策をしっかりしておくことをおすすめします。不審者が立ち入れないような対策を万全にしておけば、被害に遭う可能性を減らすことができます。玄関先の防犯対策をしっかり行うようにして、さらに安心して暮らせるようにしましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【オススメ】一人旅でも安心!治安から見る東南アジアのオススメ国と必要な対策とは

  2. 【注目ランキング】同意のない性行為は重大な犯罪!性犯罪の処罰が重い国1位はどこ?

  3. 【再会場所は法廷】アメリカで起きた悲しすぎる同級生との再会とは

  4. 【世界の未解決事件】女性しか狙われない事件、デイトナビーチ連続殺人事件とは?

  5. 卒業旅行を安全に楽しむ為の海外旅行で役立つ防犯グッズ

  6. 【必見】憧れのヨーロッパ旅行はどこへ行く?名所×治安×防犯で選ぶ観光スポット!

  7. 【海外旅行先の王道5選】アジアのおすすめビーチリゾートと気をつけたいコト

  8. スイス観光で注意したい防犯ポイントは?自然や文化遺産を安全に楽しもう!

  9. 【インスタ映え】タイの首都バンコクのオススメ観光スポット7選+トランプ詐欺対策とは?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP