【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!-No.1防犯メディアMoly.jp-

昨今、「あおり運転」のニュースが連日のように報道されるなかで多くの人が注目しているのが、ドライブレコーダーではないでしょうか?

色々な事件が起きているなかで、我が車にもドライブレコーダーを導入するべきか考えている方が多くいると思います。そこで、Moly.jpではドライブレコーダーの導入をお考えの方に、おすすめのドライブレコーダーをご紹介します。

また、車だけでなくバイクにも搭載できるドライブレコーダーもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ドライブレコーダーの役割とは

まず、簡単にドライブレコーダーがどのようなものなのか説明します。

ドライブレコーダーは、車載型の映像記録装置です。ドライブレコーダーを付ける事によって、事件や事故の発生状況を映像として残しておくことができ、その映像は証拠として取り扱われるので、トラブルをスムーズに解決してくれる役割があります。

また、ドライブレコーダーの種類によっては、映像の録画だけでなく、GPS機能や加速度、音声を記録できるものもあるので、必要性に応じて商品を選ぶとよいかもしれません。

なぜドライブレコーダーが普及してきたのか

以前、日本でドライブレコーダーを搭載している車は、タクシーや運送業がメインでした。タクシー内でのお客様とのトラブルや、大型車での事故の際などにドライブレコーダーが証拠として利用されていました。

その後、バスや事業用自動車などにも搭載され始め、今では自家用車でも多くの人がドライブレコーダーを搭載しています。

自家用車のドライブレコーダーの普及の背景には、「あおり運転」という問題が散見されているからと考えられます。近年では、「あおり運転」の被害によって亡くなられた方もいます。このような犯罪行為に遭った際には、トラブルになった相手の映像を残すことがとても大切であると同時に、自分の身を守る道具にもなります。

自分の車は大丈夫と思っていても、いつどこで何が起きるかわからないので、車を所有している方には、ぜひドライブレコーダーの搭載をおすすめします。

あおり運転とは?対策はあるの?

上記で、ドライブレコーダーは「あおり運転」の被害に遭った際に、大切な証拠となると述べましたが、まず「あおり運転」とはどこからが「あおり運転」になるのかのボーダーラインが難しいので、以下を参考にしてみてください。

・明らかに後ろの車を妨害するように、速度を落とす
・前を走る車に、接触するギリギリまで車間距離を詰める
・前の車を意識的に追い回す
・不必要なハイビームやパッシング、クラクションで威嚇する
・無理な幅寄せをして並走する

これがあおり運転だ!という明確な基準が設けられてはいませんが、上記のような行為をされた場合は、罰則の対象になる可能性があるのでぜひ確認をしておきましょう。

では、上記のような「あおり運転」を実際にされてしまった場合は、どのように対処をすればいいのでしょうか?

【対処法】
・ドライブレコーダーを搭載して記録を残す
・「ドライブレコーダー作動中」といったステッカーを貼る
・無理な車線変更や追い越しをしない
・十分な車間距離を保って走行する
・悪質なドライバーに遭遇しても車外に出ず、窓や鍵もしっかり閉める
・危険を感じたら安全な場所に車を移動し、すみやかに警察に通報する

いざ自分が被害に遭ってしまったら、気が動転してしまうかもしれません。万が一、被害に遭ってしまった場合は、上記の対処法を思い出し、自分の身を守ることを最優先して、できるだけ冷静に行動しましょう。

ドライブレコーダーは走行中以外でも役に立つ!

ドライブレコーダーと聞くと、走行中の映像記録をメインの用途として考える方もいるかと思いますが、ドライブレコーダーは走行中だけ役に立つわけではありません。停車中でも大活躍します。では、どんな時に活躍してくれるのでしょうか。

それはズバリ「車上狙い」対策です。
車上狙いとは、車両内に置いてある品物や現金を盗む行為のことですが、ドライブレコーダーの搭載の有無によって、狙われる確率が変わってきます。

また、車上狙いだけでなく最近はナンバープレートの窃盗事案も多くなっています。フロントガラスやリアガラスにドライブレコーダーが搭載されていれば犯行しにくくなるため、被害を防げる可能性が高くなります。

走行中だけではなく駐車中の防犯対策にもなるので、車上狙いが心配な方はドライブレコーダーを付けるのも1つの手段として検討してみてはいかかがでしょうか。ただし、ドライブレコーダーの中には、エンジンを付けるとドライブレコーダーが作動し、エンジンを切るとドライブレコーダーも作動が切れてしまうものもあるので、駐車監視機能付きの製品を選ぶようにしましょう。

ドライブレコーダーを選ぶときのポイントは?

ドライブレコーダーの役割がわかったところで、次にドライブレコーダーを購入する際にチェックしておきたい重要なポイントをご紹介します。

万が一、事件や事故に遭遇し、ドライブレコーダーを証拠として提出しなければいけない状況で、提出した映像の画像が粗く鮮明でない場合は証拠として不十分になってしまう可能性があります。ですので、証拠としてしっかりと残せるような製品を選ぶようにしましょう。

①レンズの画角と範囲は広いか

ドライブレコーダーは、正面が撮れていればいいというわけではありません。事故は必ずしも正面から起きるわけではなく、横から衝突や、斜め前からの割り込みなども考えられます。その時に、正面しか映像が残せないレンズの画角だと撮れている範囲が狭まってしまうため、証拠としては不十分になってしまいます。

そのためドライブレコーダーを選ぶ際は、水平画角(横の撮影範囲)が100度以上で、垂直画角(縦の撮影範囲)が60度以上の製品を選ぶようにしましょう。最近では、360度撮影が可能はドライブレコーダーもあるので、ぜひチェックしてみください。

②画質はフルハイビジョン以上で、画素数は200万画素以上か

ドライブレコーダーの目的は、事件や事故が起きた時に証拠を残すことです。もしも、あおり運転をされて、その後相手が逃げてしまったら、何が証拠に残るでしょうか?もちろん、車種や色を知ることは大事ですが、ナンバープレートが見えないことには、相手を特定するのは難しくなります。

そのため、ドライブレコーダーを選ぶときは“ナンバープレートがしっかり読み取れる映像か”が重要になります。鮮明に映像が残すためには、必ず画質がフルハイビジョン以上で、なおかつ画素数が200万画素以上の製品を選ぶようにしましょう。

③夜間や逆光のときでも記録できるか

事件や事故は明るい時間に起きるとは限りません。むしろ、夜の視界が悪くなってから起きてしまう可能性の方が高いかもしれません。そんな暗い中で事件や事故が起きた場合に、映像が暗くて何が映っているかわからないのでは意味がありません。

そのため、夜間走行時や逆光時であっても「白とび」や「黒つぶれ」が抑えた映像が撮れるWDRやHDRに対応している製品を選ぶようにしましょう。

④信号機の色を明確に識別できるか

交差点での事故の際に、重要なのは互いの信号機の色です。どちらが赤で、どちらが青かがとても重要になります。しかし、もし信号機の色が明確に識別できないドライブレコーダーだったらどうでしょうか。証拠としては不十分になってしまいます。

また、最近では各地で信号機がLED信号機に変わっていっています。LED信号機の色を識別しづらいドライブレコーダーがあるので、LED信号対策のある製品を選ぶようにしましょう。

⑤後方の映像を撮れるか

先ほど①では、事故や事件は必ずしも正面から起きるわけではないと述べましたが、横や斜め前だけでもありません。後方からの衝突や、後方から執拗に車間距離を詰められる場合もあります。

そのため、できる限り前方だけではなく後方も撮影できる製品を選ぶようにしましょう。

取り付けの際の注意

ドライブレコーダーはどの位置に付けても言い訳ではありません。設置位置によっては、違法になってしまう場合があるので、必ず位置は確認しておきましょう。

ドライブレコーダーの設置位置は「フロントガラス上部より20%以内」に取り付けるようにしましょう。運転席から見て視界を妨げない位置に取り付けましょう。ルームミラーの裏に取り付けることは可能ですが、車検証に被って取り付けるのはアウトですので、注意をしましょう。

おすすめドライブレコーダー15選

No.1
YUPITERU
GPS機能 ドライブレコーダー WD310 200万画素 事故時非常用電源搭載
WD310

 

No.2
COMTEC
前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応
ZDR-015

 

No.3
YOKOO
ドライブレコーダー 前後カメラ 1080PフルHD 車内外同時記録 wifi搭載 内蔵GPS sonyセンサー 1200万画素 170度広角

 

No.4
YAZACO
ドライブレコーダー ドラレコ 1080P フルHD 2.0インチ 170°高画質広視野角 1200万画素 前後カメラ同時記録 回転レンズ CMOSセンサー搭載

 

No.5
Joyhouse JP
デュアルドライブレコーダー 1800万画素 170°広視野角 G-sensor 4.0インチモニター ループ録画 リアカメラ付き Joyhouse (トープ)

 

No.6

PORMIDO

PORMIDO ドライブレコーダー 前後カメラ 2880×2160Pixel 超高画質

 

No.7

 

No.8
AZDOME
AZDOME デュアルレンズ ドラレコ

 

No.9
KENWOOD
KENWOOD(ケンウッド) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740
DRV-MR740

 

No.10
CELLSTAR
セルスタードライブレコーダー CSD-600FHR

 

No.11
MEKNIC
MEKNIC A3ドライブレコーダー
A3

 

No.12

VAVA

VAVAドライブレコーダー(VA-VD006)
VA-VD006

 

No.13
HQBKING
HQBKiNG 小型車載カメラ Q1
Q1-WITH SD

 

No.14
ThiEYE
ThiEYE ドライブレコーダー 1080P

 

No.15
DuDuBell
DuDuBell ドライブレコーダー MC100
MC100

 

バイクにもおすすめのドライブレコーダー5選

No.1

 

No.2
MEKNIC
MEKNIC A7B オートバイ用ドライブレコーダー
A7B

 

No.3
Blueskysea
バイク用 前後2カメラ ドライブレコーダー 2.35インチ 200万画素 1080P 防水 常時録画 ループ録画 Gセンサー 130°広角 128GB SDカード対応
DV688

 

No.4
Daytona
DAYTONA(デイトナ) バイク専用 防水 ・ コンパクト ドライブレコーダー
DDR-S100A

 

No.5
出典:Amazon.co.jp
Asahirisachi
Driveman(ドライブマン) バイク用ヘルメット装着型ドライブレコーダー ブラック
BS-8a-B

 

まとめ

いかがでしたか?
一言でドライブレコーダーといっても、さまざまな機能があります。今回ご紹介した製品から、みなさんの「コレだ!」といった製品が見つかれば幸いです。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 正義の味方みたいでカッコいい!「地域防犯型自動販売機」ってなに?

  2. 空き巣は窓から侵入する!知っておきたい手口と対策!

  3. その会話、丸聞こえ。盗聴は意外と身近で起きている!狙われやすい環境とは?

  4. 誤認逮捕は年間でどのくらい発生しているのか?防犯カメラの進歩と扱う側の課題について

  5. 鳥の糞で盗難対策!? すごいアイディア防犯グッズ!

  6. うっかりカギのかけ忘れ!リスクと防止グッズのご紹介!!

  7. 【大掃除】新年を迎える前にCheckしたい家の防犯!!

  8. 女性のための完全防犯マニュアル

    【完全版】Moly女性のための完全防犯マニュアル

  9. wifi接続できる防犯カメラなら設置が簡単

    自宅のwifiを利用した防犯カメラの設置方法と注意すべきポイント!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP