【今日の事件簿】犯人は42年経った現在も逃亡中!ダッカ日航機ハイジャック事件とは

今から42年前の9月28日、ダッカ日航機ハイジャック事件が起きました。この事件では42年経っても未だ逮捕されていない容疑者がいます。今回はこのダッカ日航機ハイジャック事件を詳しく紹介していきます。

ダッカ日航機ハイジャック事件の概要

1977年9月28日に、フランスのパリ発東京国際空港行きの日本航空472便がハイジャックされます。この飛行機はギリシャ、エジプト、パキスタン、インド、タイ、香港を経由する予定でした。犯人グループは日本赤軍の5人組。経由地のインドのムンバイ空港を離陸直後に拳銃や手りゅう弾で脅しハイジャックしました。犯人グループの他に乗員乗客合わせて150人ほど乗っていました。一度はカルカッタ方面に向かいましたが、進路を変更してバングラディシュの首都であるダッカの空港に強行着陸します。

ここで犯人グループは人質の身代金として当時換算で約16億円と日本で服役および拘留中である9名の釈放と日本赤軍への参加を要求します。これに応じない場合や回答がない場合は人質を順番に殺害すると警告。さらにはアメリカ人の人質から殺害するという条件も付けられました。犯人グループはこの飛行機に当時のアメリカの大統領の友人が乗っていたこと知り、日本政府へ圧力をかける意味もあったそうです。

これに対して日本政府はこれ以上の交渉や武力での解決をよしとせず、10月1日に当時の総理大臣が「超法規的措置」を施行し、身代金および収監メンバーの引き渡しを決定。しかし、釈放を要求された9人のうち2人は日本赤軍とは政治的な思想やイデオロギーが異なるとして、釈放と日本赤軍への参加を拒否しました。日本政府は当時の運輸政務次官を派遣団長として日本航空特別機に6トンの食料と身代金、そして釈放に応じたメンバーを乗せてダッカへ出発させます。その後、この総理大臣は「超法規的措置」の施行に対して強く反発され、引責辞任しました。

一方バングラディシュでは10月2日早朝に、軍や首脳がこの事件の対応に追われている隙間を縫って、軍事クーデターが起きます。クーデター軍はこの事件の身代金の強奪も企てていたそうです。その後、政府軍が対応しクーデター軍を鎮圧したものの、政府軍の士官が11人死亡しました。この時、ハイジャック犯は異変に気付き通信で何が起きたか聞きましたが、バングラディシュ側は「ちょっとした緊急事態だ。兵士が近づいたら撃っていい。自分の身は自分で守れ」と返答したそうです。

ハイジャック犯との交渉は犯人側が日本政府とは交渉しないと伝えていたことから、バングラディシュ空軍の司令官によっておこなわれていました。交渉では身代金や釈放犯を乗せた特別機が到着したときにその場で人質の一部を開放し、残りは移送先で開放することが決まっていました。そして、特別機がハイジャック機の停まっている滑走路の反対側に到着し、そこで一部の人質との交換がおこなわれてアルジェリアへと向いました。経由地のクウェートで7人、シリアで10人の人質を解放。アルジェリアの空港に到着すると、ここでハイジャック犯と釈放犯はアルジェリアの当局に投降し、最後の人質を解放しました。

犯人たちがアルジェリアを選んだのは、アルジェリアがハイジャック防止条約を結んでいなかったからです。アルジェリア当局へ投降することで犯人たちは行方をくらますことができたのです。

犯人たちとその後

このハイジャック事件を起こした実行犯5人のうち1人は事件から10年後の1987年に東京で逮捕され、1人は事件発生から20年後の1997年にレバノンで逮捕。そして、もう1人も1997年にボリビアで逮捕されています。しかし、残りの2人は未だに国際指名手配されていて逮捕されていません。また、釈放要求されたメンバーも、うち1人は1986年にフィリピンで拘束され、1人が1995年ルーマニア、1人が1996年にネパールで拘束されていますが、その他の3人は未だ国外逃亡中です。

参考URL:Wikipediaより

まとめ

今回紹介した事件では、半世紀近くたっても未だ逮捕されていない人がいます。飛行機のハイジャック事件はなかなか起きるものではなく、巻き込まれる可能性は低いかもしれません。しかし、飛行機での窃盗や痴漢などの犯罪は頻繁に起きていますので、飛行機に乗る際は十分な防犯対策をしていきましょう。

海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【4月7日過去のこの日】「長野のホテル大量盗難事件」の犯人が逮捕された日に学ぶ防犯術

  2. 【3月30日の事件】「国松警察庁長官襲撃事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  3. 【今日の事件簿】頭を打ったら急に無罪を主張し始めた?いまだに謎多き日産サニー事件

  4. 【今日の事件簿】7年かけて特定した犯人は、事件の2日後に死んでいた?島根女子大生死体遺棄事件

  5. 【5月17日の事件】拳銃立てこもり男の目的は妻の奪還…?

  6. 【今日の事件簿】オールスター選手が無期懲役へ。元プロ野球投手強盗殺人事件とは

  7. 【今日の事件簿】アパートの1室から9人の遺体。動機はいまだにはっきりせず。座間9遺体事件とは

  8. 【7月29日の事件】何故自分の母親を?山口母親殺害事件の謎

  9. 【7月30日の事件】24年間未解決。八王子スーパー強盗殺人事件は迷宮入りなのか?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP