【すごい】Face timeと友人の機転が救った女性の命

人間は、いつどこで命の危機に直面するかわかりません。病の前兆を見落としていると、突然倒れてしまうこともあります。

最近は電話だけでなく映像で相手と連絡を取り合っている人も多いですが、もし相手とビデオ通話を楽しんでいる時、相手が命の危機に瀕していたとしたら、あなたはどんな行動を取りますか?

Face Timeが命を救う?

事件概要

オーストラリアに住むシングルマザーのウィルキンスさんは、朝起きると激しい偏頭痛に襲われていました。そのうち治るだろうと放置をしていたところに友人のシンプソンズさんからFace Time経由で着信がありました。

この時あまりに頭が痛かったので電話をとることを一度躊躇していたのですが、6年も疎遠になっている友達との電話に出なければと思い電話に出ることに。この行動が結果としてウィルキンスさんの命を助けることにつながります。

1時間ほどFaceTimeで話をしていると、ウィルキンスさんの言動が不明瞭になり意味不明なことを発言するようになりました。その会話を聞いていたシンプソンズさんは「脳卒中の疑いがある」と感じすぐに通報。病院に運ばれました。この緊急通報の結果、ウィルキンスさんは無事治療をすることができ、今では定期的に連絡を取り合っているようです。

参考文献: http://japan.techinsight.jp/2018/05/ellis05390509.html

事件のポイント

  • 相手が脳卒中の症状を知っていた
  • 発見が遅れていたら死んでいた可能性があった
  • Face Timeにより相手の表情を知ることができた

今回の事件では、Face Timeというツールを使っていたことで相手の異変に早く気づくことができました。さらに奇跡的な展開は通報したシンプソンズさんが脳卒中を患った知り合いがいたことで、兆候を察知することができたことも大きいと言えるでしょう。

対策ポイント1 日頃の経験が役に立つ時がある

街中で具合が悪い人を見かけたら、冷静に救急車を呼ぶようにしましょう。この時、あなた自身が経験したことが役立つかもしれません。相手に話を聞いてどこが痛いのか、どのように気分が悪いかなどを聞いて、役立てることはないか確認してみましょう。

対策ポイント2 異変を感じたら病院へ

今回は激しい頭痛がするという脳卒中への兆候が見られていました。体に明らかな異変を感じた場合は、無理せず病院に行くことをお勧めします。場合によっては放置したことがきっかけで容態が悪化し、最悪死へと繋がってしまうケースもあります。明らかに何かがおかしいと感じたら迷わず病院へ行くようにしてください。
また話している相手の表情が明らかにおかしい場合、無理をしてその場にいる可能性があります。客観的な視点から病院に行くことを勧めてみるのも良いかもしれません。

対策ポイント3 ビデオ通話のその他の活用方法

今回のようにビデオ通話が役立つケースは命を救うだけではありません。例えば災害に遭遇した際は、Face Timeを使って外部に被害状況を伝えることができる可能性もあります。百聞は一見に如かずというように、声で聞くより目で見て理解する方が的確に状況を伝えることができます。

まとめ

ビデオ通話は時に人の命を助けることができる便利なツールになることもあります。また日常生活の中には、普段何気なく使っているツールで命を救われることもあるので、緊急事態に遭遇した場合は周りを見渡して使えそうなツールがないか探してみましょう。

【スマート防犯】スマホで防犯対策できるって本当?手軽にスマートに犯罪を防ぐ方法とは

Moly.jp編集部

関連記事

  1. スマホの露出狂、AirDrop痴漢を防ぐ防犯対策

    まるでスマホ上の露出狂! iPhoneの「AirDrop痴漢」対策方法

  2. 【3月4日過去のこの日】「ミシンの日」に起こった事件から防犯を考える

  3. 【侵入対策】泥棒を遠ざけるのは「ヒカリ」?どんな明かりが侵入者を撃退するの?

  4. 【防犯対策】犯罪抑止効果を発揮する宅配ボックスの選び方

  5. 生活の安全を守るために役立つ!防犯対策動画5選

  6. 振り込め詐欺グループはなぜターゲットの電話番号を知っているのか?

  7. 【卑劣な犯行に遭わないために】夏休み中に再確認したい子どもの防犯とは

  8. 【仰天】こんな場所やあんな場所でもスリに遭う!?スリの手口大公開!!

  9. 交通機関にある防犯カメラの効果は?〜設置状況を詳しく調べてみた〜

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP