【未だ捕まらず】水泳の授業中に高校生の下着が一網打尽で盗まれる

夏の体育の授業で欠かせないのがプールの授業ですね。暑い時期に入るプールは学生にとって何よりのイベントであると言えるでしょう。しかし、そんなイベントも女子高生にとっては危険と隣り合わせのイベントでもあります。今回は、そんなプールの時間に災難に遭遇してしまった事件のお話です。

栃木県でプールの授業中に下着が盗まれる

事件概要

2019年7月18日、栃木県さくら市の県立高校で、プールの授業を終えた高校生が更衣室に戻ると、自分のしまっていたはずの下着がごっそり盗まれていた。高校生が更衣室を出て更衣室までに戻る時間は30分。このわずかの時間の間に16人の下着や肌着39点が盗まれた。

なぜ、犯人は一気に盗むことができたのか。事件は今のところ解決していないが、おそらくこの手際のよさ、内情を知っていた犯人による犯行だったのだろう(2019年9月22日現在)
参考文献:excite.ニュース

事件のポイント

・学校で体操服などの衣類が盗まれることはある
・更衣室には鍵がかかっていなかった
・鍵をかけていないことを知っていた犯人による計画的な犯行か
女子高生の下着や肌着が盗まれてしまったこちらの事件、なぜこのようなことが起きてしまったのか犯人が捕まるまではわかりません。しかし、手際の良さがあるので犯人は相当前から犯行を計画していたか、この学校の授業などに詳しい人物であることが考えられます。

また、更衣室に鍵がかかっていなかったという点も学校側の責任であると考えられるでしょう。性犯罪の被害に遭遇してしまった子は心に傷を負ってしまうので、カウンセラーによる心のケアが必要になってくることもあります。

対策ポイント1 更衣室の施錠を確認する

今回のように何かのきっかけで自分の大切にしていた下着や制服が盗まれてしまうケースもあります。

プールの授業等で下着を外す機会があれば、必ず更衣室がしっかり施錠されているか確認するようにしてください。もし、施錠対策がしっかりされていないのであれば、学校側に施錠対策を行ってもらうようにしましょう。学校側が対策しない場合は、親御さんと協力して訴えかけるようにしてください。

また、施錠に不安のある更衣室で学校側の対応が遅い場合、盗まれてもあまりダメージのないものを着用しておくというのも精神的な負担を軽減することに繋がります。もちろん盗まれて気分のいいものはありませんが、自分が大切にしていた下着が盗まれると精神的なダメージが大きいので、体育などの着替える授業で下着を外す機会があるのであれば、大切にしているものはなるべくつけないようにしましょう。

対策ポイント2 学校周辺で不審者情報がないかの確認

今回の犯罪のように計画的な犯行を匂わせる事件は近隣に不審者が出現している可能性があります。不審者情報を知っているだけで問題に対処できた可能性があるので、学校側が不審者情報を集め生徒が被害にあわないように注意喚起を行うようにしましょう。

対策ポイント3 盗まれやすい場所におかない

下着泥棒の多くは、現場を物色し盗みやすいと感じた場所で犯行を実行します。今回は学校なので特殊ですが、もしこれが1人暮らしの部屋で犯行が行われたら、恐怖を感じるでしょう。

特に低層階に住んでいる女性は下着泥棒の被害に遭遇する可能性があるので、必ず低層階に住んでいる女性は下着を外に干さないように心がけましょう。また女性のいる部屋とわかると不審人物が中に入ってくる可能性もあるので、防犯砂利を設置する、ベランダに補助鍵を取り付けておくなどして対策をしましょう。

まとめ

残念ながら今回盗まれた下着泥棒の犯人は捕まっていません。このような事件はフィットネスジムなどでも考えられます。自分の身に着けているものを一度外す場合は、盗まれても問題のない服装で行くように心がけましょう。

女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

【センサーライトおすすめ20選】これでセンサーライトのすべてが丸わかり!-No.1防犯メディアMoly-

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【クリスマス間近】イルミネーションを見る時に気をつけたい防犯対策4選!

  2. 【お盆】女性のお墓を狙う罰当たりな「墓泥棒」は何を盗んでいくのか?

  3. 「〇〇の出身地は?学歴は?実家は××区?」という中身のない記事が量産されるワケ

  4. 覗き行為の原因となる病気、窃視症とは

    窃視症は病気なの?症状や原因・検査や治療法についてご紹介

  5. 防犯川柳に応募してみよう!作り方や投稿先をご紹介

  6. 【梅雨目前】梅雨入り前に確認したい、雨の日に特に注意すべき防犯ポイントとは

  7. 【夏祭り防犯】痴漢、盗撮、スリ。浴衣美人が狙われやすい被害をまとめて解説!

  8. 一人暮らし女性の不安を解消する相談相手は?

  9. 【原点回帰】改めて『防犯』の意味を再確認しよう!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP