【再会場所は法廷】アメリカで起きた悲しすぎる同級生との再会とは

人間生きているとどんなところで、思いもよらぬ人に再会するかわかりません。劇的な感動の再会もあれば、悲しすぎる形での再会もあります。今回ご紹介するお話は、海外で実際に起きた悲しすぎる奇跡の再会です。

再会場所は法廷で。同級生との奇跡的な再会

エピソード概要
マイアミの裁判所で裁判官をしていたミンディは、アーサー被告に強盗と公務執行妨害の罪で判決を言い渡そうとしておりました。ミンディ裁判官はアーサー被告に対し、判決をいう前にあることを問いかけます。

通常であれば、被害者にたいして考えていることや、今の気持ちを被告に対して言わせるというケースは多く見られるのですが、この時は違っていました。ミンディは、「アーサーさんはノーチラス中学校に通っていませんでしたか?」と問いかけにこりと笑う。アーサー被告は、ミンディさんと自分が同級生であることに気づき、その場で泣き崩れてしまいました。

ミンディさんが「あなたはとても優しい少年でした。今の罪を悔い改めてください。あなたの幸運を祈っています」と告げて裁判を終わらせました。

同級生に裁かれる同級生。なんとも悲しい再会です。この事態に悲しく思ったアーサー被告は罪を償いきっと前へ向いて歩いていることでしょう。

参考文献:HUFFPOST

このニュースのポイント

・同級生が裁判官であった
・犯罪者の子どもの頃を裁判官は知っていた
・再会するには悲しすぎるシチュエーションである

今回の事件は、犯罪者と裁判官が裁判所で再会をしてしまうという奇跡のお話です。日本でも報道されていないだけで、このような悲しい悲劇が起きてもおかしくないと言えます。今回の事件に関係する対策するポイントは全くありませんが、”同級生”が“犯罪者”に変わってしまったということは決して考えられないケースではありません。

特に同窓会などで今まで会っていなかった友人と再会しトラブルに巻き込まれてしまうということも考えられるので、“同級生”という視点から、同窓会などで気をつけるべきポイントを紹介していきましょう。

気をつけるポイント1 同窓会で個人情報を教えないようにする

同窓会では同級生という立場を利用して、個人情報を聞き出す人も少なくありません。
もともと仲が良ければ連絡先を交換しても構いませんが、全く関係のない人と連絡先を交換すると痛い目に遭う可能性もあります。特に、同窓会で不特定多数に個人情報を聞き出そうとしている同級生には気をつけるようにしましょう。

対策ポイント2 深く関わらない

同窓会をきっかけに、自分のビジネスに勧誘をしようとする同級生もいます。怪しいビジネスの勧誘の場所として同窓会を利用しているケースもあるので、親しくない同級生が同窓会の場でビジネスに関する勧誘をした場合は避けるように心がけましょう。

まとめ

久しくあっていない同級生が、犯罪者として再会してしまうというケースに遭遇してしまうことがあります。いくら学生時代におとなしい人でもなんらかのきっかけで犯罪に手を染めてしまうことは全くないとは言えません。そのような犯罪者ほど同級生を巻き込んでしまう可能性があるので、久しぶりに再会する同級生にはあまり深く関わらないようにしましょう。今回のミンディとアーサーのような悲しい奇跡が起きることのない人生を送りたいものですね。

フォトハラ!?友達の写真を勝手にSNSに公開すると訴えられる可能性!?

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【アジア旅行好きの人必見】シンガポールは治安が良い!必ず見ておきたい観光スポット8選!!

  2. 【アジアならココ】マレーシアの首都クアラルンプールとは?おすすめ観光スポット+スリ対策!

  3. 【コロラド】下着まみれの部屋で暮らす60代の変態ブラザーズが起こした性犯罪

  4. 「AirDrop痴漢」だけじゃない!? AirDropを使用したナンパ被害も!!

  5. 【絶景】世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのおすすめスポットと気になる治安は?

  6. 【社会問題】月120ドルで7人を養う極貧生活での涙の万引きが生んだ支援の輪

  7. 【リュックは大丈夫?】必ずしなければならないスリ対策!!

  8. 【スキミング注意】海外旅行には複数枚のクレジットカードを持っていくべき理由とは?

  9. 【どっち】SNSに車の写真を投稿するとき、ナンバープレートにモザイクをかける必要はある?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP