【児童虐待?】少年からの911通報。驚きの内容と警察官のとった行動とは?

日本でもここ最近虐待事件が取り上げられています。海外では日本以上に虐待に敏感で、虐待を防ごうとする姿勢が社会に浸透しています。そんな社会だからこそ実際に起きた心温まるお話です。

お腹が空きすぎた少年、警察にピザの宅配電話をする

エピソード概要
アメリカフロリダ州に住むマニュエル君は空腹でした。

どうしてもピザを食べたい。

そんなことを思ったマニュエルくんはとりあえず頼み方を調べるために、911番へ。お腹が空いてピザが食べたいという通報。一見すると、いたずら電話にも思えますが虐待の可能性があります。

もし、本当に空腹だったら?親に食事をろくに与えられていなかったらそう思った警察官はマニュエルくんの家めがけて出動しました。緊迫した状況の中で調査をすると、どうやら虐待の事件でないことがわかりました。マニュエル君のお腹が減って取った行動だったのです。

警察官は事件ではないことに安堵すると、マニュエル君に911番の正しい使い方を教え、Lサイズのピザをプレゼントしました。

参考文献:excite.ニュース

このニュースのポイント

・海外では日本以上に虐待に敏感である
・事件は虐待ではなくいたずら電話だった

今回の事件で対策ポイントはありませんが、海外の児童虐待に対する意識が日本人以上に強いことが伝わってくるのではないでしょうか。日本でも虐待事件が繰り返し発生しています。近所で虐待事件が起きないようにするために、海外の人たちのような意識を持つ必要があるかもしれません。

ポイント1 虐待と感じたら通報する

あなたの住んでいる家の近くで、毎日のように子供の泣き声がしたり、大人の暴言が聞こえる場合は高い確率で児童虐待が行われている可能性があります。本人に注意をしても、【教育指導】と言って片付けることがあるので、虐待と感じたら児童相談所に報告をしましょう。

調査結果で虐待していることがわかったら、その家庭を児童相談所の人に任せるのではなく、本当に虐待が行われていないか確かめましょう。明らかにおかしい場合は迷わず警察に通報をすることです。地域でお子さんの安全を守るようにしてください。

ポイント2 正しい緊急通報の仕方を教える

年間173万件の110番通報があるもののそのうちの3割がいたずら電話や緊急性のない電話です。今回のように1人で留守番をしているお子さんが遊び半分で110番通報をしてしまうことも考えられないケースではありません。

お子さんが間違った通報を行わないように、110番はどのような時に使用する電話なのかをしっかり教えましょう。

まとめ

今回紹介した事件は誰も被害に遭うこともない心温まる事件でした。しかし、実際に児童虐待で誰にも助けられず1人で悩んでいるお子さんも確かに存在します。もし、あなたの近所で明らかにおかしい状況が起きているのであれば、児童虐待の可能性があるので警察や児童相談所に迷わず通報するようにしてください。

【大人なら知っておきたい】意外と知らない「#9110」の活用ルールをおさらい!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【ワースト5】海外旅行で足を踏み入れてはいけない都市とは・・・?

  2. 世界一治安の良いディズニーランドはどこ? 夢の国の防犯対策

  3. 【8月14日の事件】許されざるゲーム感覚の誘拐。黒磯小2女児誘拐事件とは

  4. 犯罪率が高い公園ってどんな公園? みんなでできる防犯対策

  5. 【犯罪だけじゃない】海外旅行では狂犬病にも要注意!適切な対処を知っていますか?

  6. 【コロラド】下着まみれの部屋で暮らす60代の変態ブラザーズが起こした性犯罪

  7. パパと一緒にお風呂に入るのは避けるべし?公衆浴場で女児を盗撮!

  8. イタリアの大都市ナポリの最新治安情報!本当に治安が悪いの?

  9. 声かけ被害に遭いやすい大人の女性こそ、「いかのおすし」を確認しよう!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP