【大型台風接近中】災害時の対策をまとめてチェック

みなさん、接近してくる台風への対策はお済みですか?
現在、大型台風19号が強い勢力を保ったまま、明日10月12日に関東に接近する可能性がでています。

明日は大変な用事がない限り、外出は控えるようにしましょう。また、今後の災害状況が予想ができないため、今日中に準備できることや、万が一被害に遭ってしまったときの対策を確認しておきましょう。

準備しておきたいモノ

災害時には、さまざまなライフラインが停止してしまう可能性があります。そのため、事前に防災に関するものを備えておく必要があります。必要なものは沢山ありますが、今回はこれだけはできるだけ用意していただきたいものをご紹介します。

まずは大前提として「防災バッグ」を用意してあるとある程度安心です。防災バッグには非常時に必要なもの(食料品や応急処置セットなど)がまとまって1つのバッグに入っているので、まだ家にないという方は今後のためにもぜひ用意をしておきましょう。

以下では、防災バッグがない方への必要最低限のものをご紹介します。

①数日分の飲料水

食料品もできるならば準備をしていただきたいですが、もし難しいようであれば、まずは飲料水を確保するようにしましょう。

②懐中電灯

災害時は、大規模な停電が予想されます。周囲が暗いと、周りの状況が確認できない上に、2次災害に巻き込まれてします可能性もあります。明かりになるものを用意しておきましょう。また、いつまで停電が続くかもわからないので、予備の電池の準備やソーラー式のモバイルバッテリーなども用意しておきましょう。

③非常時(携帯)用トイレ

ライフラインが止まってしまった場合、トイレが逆流してしまったり、水が流れないといった被害に遭う可能性があります。しかし、トイレはずっと我慢できることではないですし、我慢は身体にも良くないです。大変なときだからこそ、身体の調子を保つためにも、非常時用トイレは用意をしておきましょう。

④厚手の衣類

毛布や防災頭巾など災害時には身を守るための厚手の布製品必要です。もし毛布などがかさばってしまって、行動しづらいといった場合は、まず近くに厚手の衣類を置いておく又は羽織っておきましょう。いざという時に、防災頭巾の代わりにもなりますし、防寒にもなります。

⑤貴重品をまとめておく

災害時は身を守るものを用意しておく事が非常に大事ですが、自分の身分を示せる物や財産もしっかりと守らなくてはなりません。万が一被害に遭い、家を離れなければいけなくなったときに、貴重品を自宅に残しておくと、火事場泥棒に遭ってしまう可能性があります。印鑑・現金・通帳などはまとめて、肌身離さず持っておくようにしましょう。

上記で述べたモノは、あくまでも必要最低限のものですので、用意できるものから備蓄していきましょう。

秋の防災対策は何をすればいい?被害を最小限にするための対策をチェック!

家にいる際にやっておきたいコト

台風の場合、大雨と暴風が予想されます。また、倒木などの危険性もありますので十分に警戒しましょう。
台風で怖いのが、浸水と暴風によってものが飛び、窓が割れることです。以下では、家の周辺でやっておくべき対策をご紹介します。

網戸・窓・雨戸は全部閉めておく
強風で何が飛んでくるかわかりません。住宅によって雨戸や網戸がない家もあるかもしれませんが、閉めれるものは全部閉めておきましょう。また、強度を増すためにも必ず鍵は閉めておきましょう。

植木鉢や物干竿は下ろしておく
①と同じになりますが、強風に煽られてどんなものが飛んでくるかわかりません。家の周辺にある取り込めるものはできるだけ取り込むか、風が当たらない地面や土の上に置いておくようにしましょう。

屋内の倒れそうな物置はテープでとめる
地震のときは、屋内のものが倒れるから気をつけないといけないと思いがちですが、台風でも家は揺れます。最悪の場合、屋根や飛んでしまうこともあります。そのため、高さがある物置や食器棚などはあらかじめ突っ張り棒などで補強したり、戸が開かないようにテープで貼るなどして対策をしましょう。

【一石二鳥】窓ガラスの強化は“防災”と“防犯”の強い味方!!

まとめ

3連休ということで、様々なイベントが各地で催される予定でしたが、台風接近に伴い相次ぐ中止が報告されています。また鉄道会社や飛行機なども計画運休や運航が発表されています。非常事態以外は、外出を控え、ご自身の安全を第一優先にぜひ行動してください。

いつ停電が起きるかもわからないので、今のうちに充電できるものは全部充電し、万が一の時に備えておきましょう。

以下では災害後の防犯対策などを述べているので、ぜひ合わせてチェックしてください。
▶︎台風の被災地で侵入盗被害が発生中。空き巣を理解して犯行を阻止しよう!
▶︎【災害時対策】突然の自然災害で必ずやっておくべき災害&防犯対策
▶︎災害時に起こる犯罪被害から身を守る防犯対策

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【疑問】日本はスリを心配しなくていい国なの? それでも考えたいスリの手口と対策

  2. 【目的は何!?】高速バスで下半身を露出して逮捕された男

  3. 旅行ではバッグも防犯に注意して選びましょう

    盗難やスリ被害から身を守るために備えておきたい防犯バッグ

  4. 一人暮らしでも防犯カメラは必要!女性でも簡単に取り付けられる防犯カメラ5選!

  5. 防犯カメラがプライバシー侵害に!?設置・運用4つのポイント

  6. 声かけ被害に遭いやすい大人の女性こそ、「いかのおすし」を確認しよう!

  7. 【どっち】SNSに車の写真を投稿するとき、ナンバープレートにモザイクをかける必要はある?

  8. ドアを防犯仕様に。

    ドアを防犯仕様にして犯罪被害を未然に防ぐ!

  9. 【女性必見】護身術。何かあった時では遅い、今日から実践できる護身術&護身グッズ。

    【女性必見】護身術!何かあったときでは遅い、今日から実践できる護身術&護身グッズ

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP