【今日の事件簿】警察のでっち上げで27年の獄中生活を強いられた「松山事件」とは?

今から64年前の10月18日、松山事件が起きました。この事件は宮城県志田郡松山町で起きた放火殺人事件で四大死刑冤罪事件のひとつと言われています。今回はこの事件を詳しく紹介していきます。

松山事件の概要

1955(昭和30)年10月18日、午前3時50分ごろ宮城県志田郡松山町で農家が燃えているのを、野菜を出荷するトラックの助手席に乗っていた人が発見しました。連絡を受けた近隣住民が消火活動をおこないましたが全焼し、焼け跡からこの家の主人(当時53歳)の男性と妻(当時42歳)四女(当時9歳)長男(当時6歳)の遺体が発見されました。

解剖の結果、長男以外の遺体には頭部に鉈のような刃物で切りつけられた痕が見つかり、殺人および放火事件として捜査本部が設置されました。殺害手段が残酷なことや、この家の主人が零細農家をしながら日雇い労働で暮らし、妻には異性関係のうわさもあったことから痴情や怨恨の線が有力視されました。しかし、被害者宅が家の増築工事に着手していて金を貯めているとのうわさもあり、捜査本部は物盗りの可能性も捨てきれませんでした。

事件発生から1カ月が経ったころ、犯行当日以降に地元を去った人間を調査したところ1人の男性が容疑者としてあがります。そして、12月8日にその男性を強盗殺人および放火の疑いで逮捕し12月30日に起訴しました。1957年10月に仙台地方裁判所で死刑判決が出て1959年5月に仙台高等裁判所で控訴が棄却。1960年11月最高裁判所が上告を棄却して死刑が確定しました。

証拠の捏造と冤罪

実は事件が発生して1カ月経ったころ捜査は暗礁に乗り上げていました。そして、警察は犯行当日仙台を去り東京で働いていたこの男性に目をつけます。男性に示談成立している傷害事件があることを知ってこの事件を別件容疑とし、しかも東京に勤務している事実を家出と偽って逮捕状を請求して逮捕したのです。その後、厳しい取り調べにより男性に自白させ起訴に持ち込みます。

また、自白させるために留置所に前科5犯のスパイを送りこんで、男性に「警察の取り調べで罪を認めても裁判で否定すれば良い」などと言わせていたそうです。さらに、男性は犯行後に返り血を浴びたまま自宅へ戻り布団で寝たとされ、男性の布団に約80カ所血痕が付いていて、それが証拠となっていました。しかし、実際には血痕は1つ程度しかないことがわかり、警察が付着させたのではないかと疑われたのです。

男性は死刑判決を受けたあと無罪を訴えて再審請求を開始します。そして、死刑判決から19年がたった1979年に再審が認められ、判決から24年経った1984年の7月に無罪を勝ち取ります。男性の獄中生活は28年7カ月にも及びました。

容疑者にされた男性のその後

無罪となった男性には約7500万円の刑事補償金が支払われましたが、そのお金は裁判費用の借金返済に消えたそうです。その後男性は故郷の仙台に戻り弁護士事務所や清掃員などをして母と暮らしながら講演活動もしていました。しかし、長期間死刑囚として過ごした間の年金は支給されず、晩年は生活保護を受けていたそうです。そして、2006年7月に多臓器不全のため75歳で亡くなりました。

まとめ

今回紹介した事件は日本の四大死刑冤罪事件のひとつと言われていますが、最近でも愛媛で女子大生が冤罪被害にあったように、現在も冤罪は起こっています。冤罪は誰にでも降りかかる可能性があり、防ぎようがないかもしれません。しかし、日ごろから強い意志を持つことはできます。

コチラ【誤認逮捕は年間でどのくらい発生しているのか?防犯カメラの進歩と扱う側の課題について】も合わせてチェックして下さい。

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

冤罪に巻き込まれたら、やっていないものは断固としてやっていないと言える勇気を持ちましょう。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 【今日の事件簿】犯人の少女の発言に衝撃!名古屋大学女子学生殺人事件とは

  2. 【今日の事件簿】生きたまま焼殺?三島女子短大生焼殺事件とは

  3. 【3月28日過去のこの日】「大関武蔵丸が4度目の優勝をした日」に学ぶ防犯術

  4. 【今日の事件簿】14年経った今も刑が確定していない「栃木小1女児殺害事件」とは?

  5. 【今日の事件簿】女の周辺で10人の男が死亡。関西青酸連続死事件とは

  6. 【今日の事件簿】遺族の思い届かず減刑。神戸長田区小1女児殺害事件とは

  7. 【3月30日の事件】「国松警察庁長官襲撃事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  8. 【今日の事件簿】アパートの1室から9人の遺体。動機はいまだにはっきりせず。座間9遺体事件とは

  9. 【今日の事件簿】大人気芸人の怒り爆発!フライデー襲撃事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP