【今日の事件簿】赤軍派クーデターの模倣犯?日本初のバスジャックである長崎ジャック事件とは

今から42年前の10月15日に、長崎バスジャック事件が起きました。この事件は日本で初めて起きたバスジャック事件だと言われています。今回はこの長崎バスジャック事件を紹介していきます。

長崎バスジャック事件の概要

1977(昭和52)年の10月15日の午前、この事件は起きました。長崎県平戸発の長崎駅前行きの路線バスが途中の大村市内を走行中に、改造銃や手製の爆弾をもった2人組の男に乗っ取られました。その後、バスの燃料がなくなりガソリンスタンドに立ち寄ります。そこで給油中に運転手がスタンドの店員にバスが乗っ取られていることを告げ、スタンドの店員が警察に通報。

駆けつけた警察がすぐにバスの後部にあるエンジンルームを開け、エンジンコードを切断しバスを走行不能にしました。そして、事件から18時間後の10月16日の午前4時25分、警察は人質の体力が限界だとみて強行突入し、主犯の男を射殺。もう1人の男も重傷を負いましたが、一命を取り留め逮捕されました。

犯人と強行策による事件解決まで

犯人は警察にバスを走行不能にされたのち、阿蘇連合赤軍と名乗り交渉を開始しました。そして、人質5人の解放と引きかえに食料(寿司30人前)や水(コーラ30人前)毛布50枚を要求し、警察はこれに応じます。しかし、残り十数人の人質の解放については、犯人たちは強く拒否したそうです。また、犯人たちは当時の法務大臣など政治家3人を連れてこなければ交渉には応じないと、さも赤軍らしい要求をします。

しかし、当時右翼的な諭評をする保守派の評論家を先生と呼ぶなど思想的な見地からは矛盾していました。これにより警察は早い段階から犯人たちは赤軍派とは関係ない人物だと判断していたそうです。実際に犯人たちは赤軍派を名乗っていましたが、政治思想とは何も関係のない、ただの身代金を狙った場当たり的な犯行でした。

さらに、犯人は人質の女性の首に爆発物のようなものを巻き付けてバス内の窓に針金のようなものを張り巡らし、窓1枚でも割れたら爆発するなどと脅迫していました。しかし、警察官が差し入れに行った際に針金の一部が外れても爆発しなかったことから、女性の首に巻かれた爆発物は偽物だと警察にはわかっていたそうです。

そして、警察は犯人たちを説得し続けますが、人質の体力が限界に達してきたと判断。事件発生から18時間たった翌日の午前4時25分に1人の警察官が説得しながら、最終的に「撃つなら俺を撃て」などと犯人を挑発します。すると、主犯の男が手製の爆発物を投擲。それが爆発した瞬間に突入隊が一斉にバスに侵入して犯人たちを制圧しました。

警察がこのような強行策にでたのは、人質の体力が限界に達したこともありましたが、もう1つ理由がありました。それは、この事件の17日前に起きたダッカ日航機ハイジャック事件の影響です。ダッカ事件では政府は人質の解放と引き換えに身代金16億円と釈放犯6人の解放を実施して国内だけでなく世界中の非難を浴びたばかりでした。これ以上犯人の要求を聞き入れるわけにはいかないと強行策を決定したのです。

ちなみに重傷を負い生き残った犯人には、裁判の結果懲役6年の刑が言い渡されました。

まとめ

今回紹介した事件は日本で初めて起きたバスジャック事件とされ、この事件を皮切りに、これまで10件のバスジャック事件が日本で起きています。いついかなる時も何が起こるかわからないという防犯意識を持つことが大切となります。

▶︎【防犯】川崎市殺傷事件にみる、スクールバスの必要性と危険性

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

普通に生活している人にとってはバスジャック事件に巻き込まれることはほとんどないかもしれませんが、可能性はゼロではありません。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 【7月19日の事件】なぜ父親を刺したのか?埼玉川口中3女子父親刺殺事件の謎

  2. 4月8日はタイヤの日! 車の犯罪とその対策

  3. 【今日の事件簿】「愛するが故です」、強烈な勘違いが引き起こした人違いバラバラ殺人事件とは

  4. 【5月12日の事件】6億円強奪事件とは?

  5. 【6月8日の事件】附属池田小事件から18年。学校への侵入阻止と子どもを守る方法とは

  6. 【7月17日の事件】火炎瓶を投げつける。。上皇陛下の沖縄初訪問を襲った「ひめゆりの塔事件」とは

  7. 【8月25日の事件】犯人は18歳の少年。少年法の是非が問われた三重県中3女子死亡事件とは

  8. 【今日の事件簿】犯人と人質が仲良くゲーム?ペルー日本大使公邸占拠事件

  9. 【敬老の日に要チェック】あなたは家族内の合言葉を決めていますか?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP