【決定的瞬間】下着泥棒の決定的な瞬間を撮影

SNSではさまざまな情報が常に流れています。その中でここ最近話題となっているのが「下着泥棒動画」です。現在ネット上で話題になっている動画を見ると、下着が盗まれる瞬間がリアルに撮影されています。下着泥棒から下着を盗まれないためにも対策を立てましょう。

目撃者がスマホ撮影!ベランダに下着泥棒あらわる!

エピソード概要
10月初めにSNSで衝撃的な動画が拡散されて話題になりました。マンションの1階に住んでいた住人がベランダから聞こえる異様な音を察知。恐る恐る周囲を見渡すと、赤いパーカーを着た男が隣人宅のベランダに登り手を伸ばしている様子。

スマホで撮影していた男性は、「撮ったぞ」と犯行を撮影している様子を犯人に告げます。犯人は焦ると思いきや、静かに逃走。男性も追いかけようとするも裸足であったため逃走を断念しました。10月16日現在、男は逃走中のことですが犯人が捕まることを祈るばかりです。

参考文献:MBS NEWS

事件のポイント

・1階のベランダに男は侵入し下着を物色していた
・撮影されてもその様子に怯まずに男は逃走を図った
・撮影した男性の奥さんも下着泥棒の被害にあっていた

今回の事件は、白昼堂々の犯行。犯人は慣れた様子で下着を盗もうとしていました。男性はもともと奥さんの下着を過去に盗まれたことがあり警戒をしていました。下着泥棒は男性の注意にもひるむことなく逃走しました。警察は現在捜査中です。今回の事件で二次被害が出なかったことが唯一の救いと言えるでしょう。

対策ポイント1 低層階はベランダに下着を干さない

今回のように1階で屋外に下着を干すと簡単に下着泥棒のターゲットになりやすい可能性があるので、絶対に干さないようにしましょう。2階でも同様です。今回のように犯行に慣れている下着泥棒は2階に干してある下着でさえも手を出して犯行を実行する可能性があります。

低層階で下着を干そうと考えている方は絶対に干さないようにして極力室内で干すように心がけましょう。

対策ポイント2 防犯砂利やセンサーライトを設置する

ベランダに下着泥棒や不審者がやってきても住人が全く気づかずにスルーしてしまうこともあります。場合によっては部屋の中に侵入してくる恐れがあるので、低層階に住んでいる方はベランダ周辺の防犯対策を強化しましょう。

たとえば、ベランダや周辺に防犯砂利を敷くことで音によって不審者の侵入を察知することができます。また夜間に犯行を実行する可能性もあるので、センサーライトを設置しましょう。センサーライトを置くことで、「侵入しにくい家」であることをアピールしてください。一人暮らしの方で洗濯物を夜遅くまで干してしまう方は、必ず日中に取り込むようにしてください。

対策ポイント3 犯人と鉢合わせた時は身の安全を確保する

今回の事件のように犯人と遭遇してしまうケースも考えられます。万が一犯人と鉢合わせてしまった場合は、身の安全を最優先で守るようにしてください。正義感の強い方は相手の風貌を判断した上で捕まえようと考える方もいますが、決して捕まえないようにしてください。

犯人は捕まらないようにするため必死に抵抗します。場合によっては護身用のナイフを携帯していることもあります。ナイフで刺されてしまい命を落とすケースもあるので、犯人をやり過ごしましょう。この時犯人の服装や身長、特徴などを把握しておくようにしてください。個人を特定することができそうな情報を最優先で集めるようにしてください。

まとめ

ベランダに干している下着はいつどのタイミングで狙われてしまうかわかりません。下着泥棒に合わないためにもなるべく室内で干すことを心がけ、可能であれば防犯対策をして不審者が近づかない環境作りを心がけるようにしてください。

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

「私の下着なんて盗られない」と思っている方が多いかと思いますが、下着泥棒にとっては年齢など関係ありませんし、男性の下着も狙われることがあります。下着類は必ずひと目に触れないように屋内に干すようにしましょう。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 【大迷惑】空にも出没するのか!機内に現れた〇〇のせいで飛行機が緊急着陸!?

  2. 東京都内の一人暮らしでも安心!おすすめカギの防犯対策

  3. 置き引きへの対策、本当に対策をする意味はあるの?

  4. 【感動】中古で買ったソファーから41,000ドルを発掘!発見者のとった驚きの行動とは?

  5. 【知能犯】眼鏡型盗撮カメラにご用心。怪しい視線には注意しよう!

  6. 一戸建ては泥棒に狙われやすい?被害に遭いやすい家の特徴や防犯対策

  7. 【盗難被害のリスク増】自転車の防犯登録には有効期限があるって知ってましたか?

  8. 【解決】ストーカー被害は相談すれば安心! 警察? それとも弁護士?

  9. ドア防犯意識は万全? 空き巣は堂々と玄関から 一人暮らしが狙われている

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP