【注意喚起】ハロウィンでリアルなメイクはご用心〜ハロウィンで気をつけることとは〜

最近の日本はハロウィンでお祭り騒ぎになっています。今年も参加しようと考えている方もいるのではないでしょうか。楽しいイベントである反面、ハロウィンではトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

これから紹介するのは、海外で実際に起きた事件です。紹介したようなトラブルが起きないように気をつけるようにしてください。

え!?これってゾンビメイク!?病院で緊急オペを受けそうになった女性

エピソード概要
10月31日ミシガン州でハロウィンの仮装をしてイベントに参加していた女性がパニック障害を起こし病院へ緊急搬送されました。女性は当日ゾンビメイクアーティストに本格的なメイクを施された状態で街にでかけました。しかし気分が悪くなり緊急搬送されました。

その時のメイクが鼻から口にかけて火傷を負い、肉が剥き出ているかのようなメイクが施されていました。これをみた担当医師は重症患者だと思い緊急手術の手配をすることに。一刻も早く救わないとともいオペの体制をとったところ、ゾンビメイクということがわかりました。

その後、パニック症状の発作が治る薬を投与して治療は完了。女性は苦笑しながら帰宅したようです。今回の事件、ハロウィンということもあり女性もゾンビメイクをしていることを伝えていなかったとのこと。ハロウィンで体調不良を起こしたらこんなハプニングに巻き込まれるかもしれません。

画像出典:『The Sun 2019年10月3日付「WALK-IN DEAD Dancer’s zombie Halloween makeup so realistic she ‘sparked full hospital emergency when doctors thought she was horrifically injured’」(Credit: Fox 2 Detroit)』のスクリーンショット Techinsightより

参考文献:Techinsight

事件のポイント

本格的なゾンビメイクはリアルなものがある
・医師にゾンビメイクをしていることを伝えていなかった

今回の事件は笑い話として紹介された事件ですが、ハロウィンのイベントに参加して体調不良を突然起こしてしまう可能性もあります。このような場合、今回のように重症患者と間違えられてとんでもない目に遭遇する可能性もないとは言い切れません。

またハロウィンでは性犯罪の被害に遭遇する可能性もあります。ここからは、ハロウィンで性犯罪に遭遇しないために気をつけることを紹介します。

対策ポイント1 都心部のイベントは避ける

ハロウィンイベント周辺で渋谷に行くことは控えるようにしましょう。渋谷ではハロウィンの季節になるとスクランブル交差点を中心に多くの人が訪れます。混雑の多い場所では痴漢被害に遭遇しやすい可能性があるので、避けるようにしましょう。
またハロウィンイベントに参加をする予定がなくても痴漢の被害に遭遇する可能性が高いので、人が集中するエリアを避けるように意識しましょう。

対策ポイント2 知らない人についていかない

ハロウィンイベントを利用して、ナンパ行為が多く行われることが予想されます。ナンパ行為をする男性の中には、睡眠導入剤を利用して女性を襲おうと計画している場合も考えられるので、知らない人に飲みに行こうと誘われても事件に巻き込まれる危険性があるのでついていかないようにしましょう。

対策ポイント3 露出の高い格好は避ける

露出の高い仮装をして目立とうする女性もいますが、オススメすることはできません。露出の高い服装は盗撮犯や痴漢のターゲットとなりやすく、ハロウィンイベントでも真っ先に狙われてしまう可能性があります。どのような仮装にすべきか慎重に考えた上で自分の身を守るようにしましょう。

まとめ

もうすぐハロウィンの季節がやってきます。ハメを外しすぎてしまうと事件に巻き込まれることもあるので、これから参加をする方は極力気をつけるようにしましょう。仮装をした状態で体調が悪くなった時はメイクであることを伝えることをお忘れなく。

“渋谷の路上で飲酒はNG!?” 渋谷区の路上禁酒法とは?
【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 防犯カメラの映像とエントランスのオートロックが暮らしを守る第一歩

  2. 【防犯】ムラムラおじさんに要注意!狙われないための4つの対策を今日から実行しよう!

  3. 子どもの安全を防犯カメラで確保しよう

  4. 旅行ではバッグも防犯に注意して選びましょう

    盗難やスリ被害から身を守るために備えておきたい防犯バッグ

  5. インスタ映え注意!海外旅行では撮影中にスキありっ!

  6. 梅毒患者が過去最高に。しっかりとした自己主張と自己予防を!

  7. 夜間の侵入に要注意! 窓ガラスの防犯対策は万全に!!

  8. 【夏休み】子どもが犯罪に巻き込まれないための防犯対策

  9. 出張や旅行で利用するホテルで安心して宿泊するための防犯対策

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP