【今日の事件簿】前例がないから無期懲役に減刑?松戸女子大生殺害放火事件

今から10年前の10月22日、松戸女子大生殺害放火事件が起きました。この事件では一審の裁判員裁判で死刑の判決が出たにもかかわらず、二審の高等裁判所では減刑され無期懲役の判決が言い渡されました。今回はこの事件について詳しく紹介します。

松戸女子大生殺害放火事件の概要

2009(平成21)年の10月22日、千葉県松戸市のマンションの2階から火の手があがり、焼け跡からこの部屋に住む女子大生が全裸のまま遺体で発見されました。遺体を調べると胸や首に数カ所刺し傷があり、司法解剖の結果、死因は胸を刺されたことによる出血性ショックと断定され殺人事件として捜査を開始。結果、JR松戸駅近くのATMで被害女性のカードを使って現金を引き出す男を防犯カメラで確認しました。

その男を洗い出して別件の強盗・強姦事件で逮捕されていた住所不定・無職の50代の男を強盗殺人並びに建造物放火などの疑いで逮捕しました。

犯人の男と裁判

犯人の男は鹿児島県出身で中学卒業後に大阪など各地を転々としていました。職業も宅配や長距離トラックの運転手、建築作業員にパン屋の住み込みなど転々をしていたそうです。男が初めに事件を起こしたのが18歳のころで傷害や詐欺で中等少年院に送致されました。20歳の時にも窃盗し、懲役1年執行猶予3年の判決を受け、その後も犯罪を繰り返しました。男には妻子もいて男を知る人たちは、男が自治会の役員になるなど、真面目な印象を持っていたそうです。

しかし、2002年の4月に男は神奈川県海老名市にある20歳前後の女性が住むアパートに侵入し、女性にケガを負わせ現金などを奪います。この事件をきっかけに妻子とは縁を切られ、7年間刑務所に服役しました。そして、今回の事件の約1カ月半前に刑務所を出所し、定職も金もなく生活に困窮していた男は千葉県内で窃盗を繰り返します。そして、キャバクラなどで豪遊して金がなくなり、今回の事件を企てたのです。

男は事件当日、被害女性のベランダの窓ガラスを割り無人の女性宅に侵入しました。金銭を物色しましたが見つからず、そこへ女性が帰宅します。男は女性を脅してカードを奪いATMの暗証番号を聞き出して女性を全裸にし手足を縛るなどしてナイフで殺害。駅前の複数のATMで現金計2万円を下ろして、いったんは逃亡します。しかし、再び女性宅に戻って放火したのです。のちに男はその理由を語り、部屋で自分も服を脱いだため体毛や体液が残っていないか気になり、掃除をするより火をつけたほうが早いと思ったそうです。

2011年6月、千葉地方裁判所で第一審が裁判員裁判でおこなわれました。そこで、被告人の男が被害者女性のマンションに侵入して包丁を突きつけ現金5000円とキャッシュカードを脅し取って胸を刺すなどして殺害し、その後22日に証拠隠滅のために火を放ったことが認定されました。また、争点となった殺意についても強い殺意を持って胸を刺したとされ検察側の求刑通り死刑判決が言い渡されました。

裁判長は判決理由について、犯行は執拗で冷酷非道。出所後も数多く犯罪を重ねていることから更生の可能性は著しく低いことなどをあげました。弁護側はこの死刑判決を不服として即日控訴。2013年10月におこなわれた東京高等裁判所での二審では一審の判決が破棄され、無期懲役の判決が言い渡されたのです。これについて東京高裁での裁判長は、計画性がなく1人の殺害の強盗殺人事件で死刑となった例がないことをあげました。裁判員裁判の死刑判決が控訴審で破棄されたのは、これで2例目となりました。

参考URL: Wikipedia

まとめ

今回紹介した事件は刑務所から出所して2カ月も経たないうちに見知らぬ女性宅に忍び込み、女性を襲って脅して金を奪い全裸にして殺害。さらに証拠隠滅のために放火するという極悪非道な犯罪でした。しかも、裁判員裁判で死刑判決が出たにもかかわらず、二審で減刑されるという社会的に話題となった事件です。

女性が安心安全に暮らすために考えた方がいいコトってなんだろう?
【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

この事件が起きた現場はマンションの2階です。特に女性のひとり暮らしでは2階だからと安心できないということがわかりました。2階以上だから大丈夫ではなく、2階以上だからこそより強力な防犯対策をしましょう。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 【秋】日が短くなったいま、再確認したい町内パトロールとその効果とは

  2. 女性のための完全防犯マニュアル

    【完全版】Moly女性のための完全防犯マニュアル

  3. 【今日の事件簿】幸せだったはずのエリート医師の過ち。つくば母子殺人事件とは

  4. 【注意】帰省する際の新幹線には危険がいっぱい?○○○被害が続出!対策方とは

  5. 地域の防犯サービスとはどんなもの?気になるメリットとその種類とは

  6. 【今日の事件簿】大人気芸人の怒り爆発!フライデー襲撃事件とは

  7. 大掃除と共に年末年始の防犯対策を

    【年末防犯】大掃除と共に年末年始の防犯対策を!!

  8. 【8月19日の事件】時効直前までの逃亡劇!松山ホステス殺害事件とは

  9. 【3月26日過去のこの日】「大統領警護隊初の女性長官誕生」プロから学ぶ防衛術

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP