【矯正は可能か?】性癖が暴走した消防士、ついに商品の下着にまで手を出してしまう

変態の中には、もはや歯止めが効かずに奇妙な変態行為に出てしまう変質者もいます。もしこのような変態に遭遇したら、どのような対策をすれば良いのでしょうか。このページでは、変質者に遭遇した際どのような対応をすべきか紹介します。

体液消防士、お店の下着にまで体液をかける

エピソード概要
2019年10月21日、京都市の消防士が、度重なるわいせつ行為が重なった結果懲戒解雇処分になりました。男性は商業施設で販売していた下着に体液をかけたことによって「器物損壊」と「偽計業務妨害」として略式命令を受けました。

男の犯行はこれだけではありませんでした。その前には女子中学生の着衣に体液をかけた疑いで起訴されています。また男は女性宅から下着を盗んだとして疑いをかけられて逮捕されていたものの、不起訴となっていました。

そう、この男性は元々似たような前科がたくさんあった変態消防士だったのです。おそらく女性に直接触れると逮捕されると考え、最終手段として販売用の下着に体液をかけたのでしょう。

参考文献:京都新聞

事件のポイント

・懲戒解雇の男性は何度も性犯罪を行なっていたが不起訴となっていた
・性欲を満たすために似たような犯行を繰り返し行なっていた可能性がある

今回の事件は懲戒解雇を受けた男性が、不起訴を繰り返しながらも同じような犯行を行って性的欲求を満たしていました。性犯罪の中でも軽犯罪は相手との同意があったり、示談等で被害届の取下げがあれば不起訴になることもあります。

今回の事件は、不起訴を繰り返していたことで犯罪への意識が低下し、自分の好き勝手な行動を繰り返していたことが全ての原因ではないかと考えられます。今回のような不審者から身を守るためにどのような意識を持てば良いのでしょうか。

対策ポイント1

おかしな距離感で近づく男性には気をつける

今回のような犯罪は満員電車などでも犯行を行う可能性があります。満員電車は身動きが取れないため、体液がかけられても逃げられないという状況が考えられます。体液をかけられないようにするためにも、周囲の警戒を怠らないようにしましょう。
性犯罪に限らず多くの犯罪被害では、被害者になってしまう人は周囲の状況に注意が行き渡っていないことが多いです。たとえば、スマホを注視して注意力が散漫した状態を狙われたりします。周囲を確認しておくと、おかしな行動をしている不審者に気付きやすいです。人の出入りが激しい場所では周囲を見渡して注意するようにしましょう。

対策ポイント2

不審者情報をチェックする

軽犯罪を繰り返す変質者は逮捕されてもすぐに釈放される可能性があります。また同じ行為を同じエリアで繰り返す可能性があるので、警察や自治体が発信する犯罪情報などで不審者情報を入手できる環境を作っておきましょう。

まとめ

今回のように体液を女性にかけて性的欲求を満たしている変質者も少なくありません。今回のような犯罪から逃れるためには日頃から犯罪への意識を高めておく必要があります。犯罪行為をする側も捕まりたいとは思っていないので、警戒心が高そうな人物はターゲットとして選ぶ可能性が低くなります。今回紹介した内容を参考に警戒心を常に高めておくようにしましょう。

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

事前に変質者が出現しやすいとわかっておけば、その近隣を訪れる際は警戒をするため被害に遭遇する可能性が低くなります。不審者情報をチェックしておかないと犯罪被害に遭遇することも考えられるので必ず情報をチェックするように心がけましょう

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. せっかくなら行ってみたい!海外ヌーディストビーチを楽しむための注意点!

  2. 【迷惑】泥酔した男が自宅に侵入。意外に多い?酔って他人の家に入っちゃう話。

  3. 街も家も自分も守りたい!ライトで防犯対策

  4. 防犯情報と相談サービスを利用できる地域の施設を知っておこう

  5. 年末年始に気をつけるべき防犯対策

    【今年は防犯の年】年始に増加する侵入窃盗への防犯対策5選

  6. 弱点を知って有効活用!ネットワークカメラのメリット&デメリットとは?

  7. 【海外のバイトテロ】UbarEATS配達員にご用心!〜悪質な宅配員の行動とは〜

  8. 【注意】若者を狙った巧妙な振り込め詐欺の手口とは

  9. 【元詐欺師が解説】昔からある「還付金返還詐欺」はなぜなくならないのか?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP