週末の歩行者天国は「自己防衛」の意識が大切!無差別テロの危険まで考えよう。

歩行者天国は、普段とは違う街の雰囲気を楽しめるイベントです。
だからこそ多くの人が集まるため、犯罪者にとっては動きやすい場所でもあります。防犯対策をしっかり行い、安心して楽しい時間を満喫しましょう。

歩行者天国は至るところで開催されている

週末や祝日など、歩行者天国は日本各地で行われています。
例えば、大都市圏でもある東京・名古屋では、街を活性化させる方法の一つとして定期的に実施されています。

東京

中央通り秋葉原地区

毎週日曜開催
中央通り 外神田5丁目交差点から万世橋交差点までの約570m
4月~9月:PM13:00~PM18:00
10月~3月:PM13:00~PM17:00


出典:警視庁ホームページ 特定禁止区域・区間の歩行者用道路 警視庁

中央通り銀座地区

土日祝開催
中央通り 銀座通り口交差点から銀座8丁目交差点までの約1,100m
4月~9月:PM12:00~PM18:00
10月3月:PM12:00~PM17:00


出典:警視庁ホームページ 特定禁止区域・区間の歩行者用道路 警視庁

新宿地区

日祝開催
新宿3丁目の一部で実施
4月~9月:PM12:00~PM18:00
10月~3月:PM12:00~PM17:00


出典:警視庁ホームページ 特定禁止区域・区間の歩行者用道路 警視庁

名古屋

栄エリアで開催される歩行者天国イベントが有名です。2011年に27年ぶりに復活して以来、定期的に開催されています。
2019年秋の開催概要は下記の通りです。南大津通 栄交差点から矢場町北交差点までの約700m
9月:9月29日
10月:10月6日・13日・26日・27日
11月:11月3日・10日
PM12:00~PM17:00

栄の歩行者天国はどこで開催される?交通規制マップを確認しよう
外部リンク先:栄ミナミWeb

他にも愛知県豊橋市や群馬県桐生市など、イベントの一環で行われる歩行者天国が有名です。気軽に行けるイベントなので、楽しみにされている方も多いと思います。

改めて歩行者天国での防犯意識を高めよう

歩行者天国を楽しむ際は、防犯対策を高めて参加しましょう。
例えば、これまでに歩行者天国で起こった事件として、秋葉原無差別殺傷事件が挙げられます。2008年6月8日、静岡県在住の男性が秋葉原の歩行者天国で無差別に通行人を襲い、7人が死亡、10人が重軽傷を負う被害が出てしまった事件です。
加害者男性は「被害者になるのは誰でもよかった」と犯行動機を説明していて、犯行前の事前準備の様子をネットにアップしていたという報告もあります。

たいへん悲惨で、前例のないほど大きな事件ですが、「歩行者天国=誰でも来れる不特定多数の人が集まる場」ということを再認識する事件です。単独の通り魔の他、テロ等でも非常に狙われやすいポイントとなります。警察はテロ対策で街中のゴミ箱を一時的に撤去するなどの措置をとることが多いですが、怪しい小包などを見つけたら注意して、警察に通報するようにしましょう。

また、歩行者天国は基本的に平日には車両の通行がある場所を簡易的なバリケードで囲い、歩行者専用にした場所です。つまり、事情を知らない車が入り込んでくるケースもあれば、上述した秋葉原の事件のように殺意を持って突っ込んでくることもあります。

秋葉原での無差別殺傷が起きてから歩行者天国の在り方については様々な意見が飛び交いましたが、2019年10月現在、車が入ってこれないようなバリケードが設置されている歩行者天国はほとんどありません。多くの場合、すり抜けるか、突き破れる程度のバリケードしか設置されていません。昨今は無差別の殺傷事件が多く発生していることからも、歩行者天国だからといって気を抜いて歩くのは命取りになるケースもあります。

押さえておきたい歩行者天国での防犯ポイント

歩行者天国で注意すべき犯罪の中でも、特に女性が注意したいのがすり、ひったくり、置き引き、痴漢です。

バッグに注目

防犯対策のポイントとしてまず注目したいのが、バッグの選び方・持ち方です。
特に女性はバッグの中に必要なものをすべて入れる方が多いので、バッグを取られてしまうと日常生活に大きく影響してしまう可能性もあります。

手荷物や貴重品は最低限に絞り、ファスナーなどで密閉できるバッグがベストです。また、バッグは車道側に持たず前に抱えるようにする、肩にかけるだけでなく斜めがけするといった持ち方も試してみましょう。

歩き方+防犯ブザーを活用

ストーカーなどは、こちらのスキをうかがっています。
歩行者天国などの混雑時にもスキを見せないように、姿勢よく気弱そうに見せない歩き方がベストです。
また、バッグの見える位置に防犯ブザーをつけると、防犯意識の高さをアピールでき、犯罪者もターゲットにしづらくなります。さらに、すぐに起動できるようにブザーに手をかけた状態でいると、万が一の時でもすぐ対処ができます。

周囲に気を配る

危険性の高い場所を歩く際は、時々周囲の様子を確認するのがポイントです。
特に、バイクや車のエンジン音などが聞こえたら要注意。周囲への集中力が散漫になるため、もちろん歩きスマホはNGです。できれば歩行中に音楽を聴くなどもしない方が無難です。

また、面識のない人に個人情報を知られないような配慮も注目してみてください。例えば、お友達と連れ立って歩行者天国へ出かける際は、会話の内容や声のボリューム、周囲の状況にも気を配りましょう。

置き引き対策は?

歩行者天国ではフリーの催し物が行われることもあります。
しかし、防犯という面から見ると置き引きにも注意が必要です。場所取りでかばんを置いておくケースも見られますが、貴重品は肌身離さず持ち歩くなど離れないようにするのが基本中の基本です。たとえ、同伴者などであっても任せないようにしましょう。

まとめ

歩行者天国は様々な催し物や出店もあり、週末や休みの日を楽しく過ごせる場所です。
安心して楽しむためには、多くの人が集まる場所ということを忘れず基本的な防犯対策ポイントを押さえておくことが大切です。

【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【注目グッズ】明るい家は泥棒の大敵!LEDライトは防犯対策にも大活躍間違いなし

  2. 【Paskel】創業73年。老舗のアクセサリー会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【1】

  3. 痴漢から助けようと思ったら自分も被害に…助けを求める時に必要なことは?

  4. 【要注意】あなたの個人情報は安全ですか? 防犯のための漏洩対策

  5. 1人暮らしの女性がやるべき不審者対策

  6. 女子同士の卒業旅行で気をつけたい防犯9つのポイント

  7. 【世界の未解決事件】ドイツ史上最大の謎「ヒンターカイフェック事件」とは?

  8. 【徹底対策】大晦日に向けて急増!年末の空き巣にご注意

  9. 4月5日はヘアカットの日! 髪の話とショッピングモールでの防犯対策

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP