【今日の事件簿】幸せだったはずのエリート医師の過ち。つくば母子殺人事件とは

今から25年前の11月3日、つくば母子殺人事件が発覚しました。夫によって捜索願が出されていましたが、逮捕されたのは結局その夫でした。今回はこのつくば母子殺人事件を詳しく紹介していきます。

つくば母子殺人事件の概要

1994(平成6)年の11月3日に横浜市の鶴見区にある京浜運河から、ビニール袋に入れられた女性の遺体が発見されました。遺体はロープで巻き付けられ鉄アレイが付けられていましたが、遺体の腐敗ガスによって浮いてきたそうです。さらに、横浜港近くの海で2人の子どもの遺体も発見されました。遺体は10月29日に捜索願が出されていた内容と一致し、茨城県つくば市に住む当時31歳の女性と当時2歳の長女、当時1歳の長男と判明しました。捜索願はこの家の主で医師である当時29歳の夫によって出されていたそうです。

夫は警察に妻子が黙って実家に帰ることが多くあったため、この日も仕事から帰って妻子がいませんでしたが特に心配はしていなかったと説明。数日後に実家に電話して妻子が実家に帰っていないことを知って慌てて捜索願を出したとのことでした。

しかし、警察は夫に事情を聞く中で、夫の右手の甲にあった傷に気がつきます。夫は飼い犬に噛まれたと主張していましたが、捜査が進むにつれて色々と証拠があがりました。殺された妻が書いていた日記には夫婦間のトラブルが記され、街中の至るところに設置してある自動車ナンバー読み取り機(Nシステム)による証拠もあげられました。そして、警察は11月25日に夫を殺人と死体遺棄の容疑で逮捕したのです。

犯人の夫と犯行の詳細

逮捕された男は茨城県の農家に次男として生まれ成績は優秀で、中学時代は学年トップの成績で卒業しました。高校も地元で有数の進学校に進み筑波大学の医学部に一浪で入学。その後、筑波大学の近くにある筑波大学付属病院に研修生として働き始め、その頃に妻と知り合います。筑波大学付属病院での研修を終えた男は他の病院で勤務し、事件当時は総合病院の内科医局長を務めていて年収も1300万円を超えていたそうです。つくば市に一戸建ての家を借りてゴールデンレトリーバーも飼い、傍から見たら幸せいっぱいの家族でした。

しかし、男は結婚して1カ月後には単身赴任先の病院で看護師と交際を始めます。男には8人の愛人がいるとの噂もありました。しかも、大阪や神戸に投資目的でマンションを購入し、利益があげられず莫大な借金を背負うことになります。それでも男は浮気を続け、生活費すら家に入れなくなりました。妻は2人の子供を育てながら昼は事務員として働き夜はパブでアルバイトをしていましたが、我慢の限界に達して事件当日の早朝5時に夫婦は口論となります。

妻はロープと包丁を持ち出し「いっそのこと私を殺せばいい」と叫び、自分の首にロープを巻き付けてソファーから飛び降りたりして見せました。さらに妻は病院長に愛人のことを訴えると口走ったため、夫は妻の首をロープで絞め両手で鼻と口をふさいで殺害。2人の子どもも父親が殺人者となって残されることを不憫に思い、2人とも首を絞めて殺害しました。その日は病院での勤務があったためそのまま出勤。

仕事を終えて帰宅した夫は遺体を車のトランクに入れて出発しました。そして、首都高速の大黒埠頭の非常駐車場から重りである鉄アレイと一緒にビニールに包まれた3人の遺体を海に投げ込んだのです。男はその翌日には愛人である看護師と北海道旅行をしようと旅行会社に予約を入れています。

裁判

裁判では検察側は死刑を求刑。しかし、1996年2月に横浜地方裁判所は無期懲役の判決を下します。理由として「犯行は計画的なものではなく衝動的」「夫婦の不和は2人の行動が要因となり被告人1人の責任とは言えない」「犯罪を繰り返すような強い反社会性がない以上、被告の人格面を理由に刑罰を重くすることはできない」などがあげられました。お互いに控訴や上告をしますが、結局無期懲役が確定しました。また、3000を超える減刑嘆願書が届けられていたそうです。

参考文献:Wikipedia

まとめ

今回紹介した事件は、エリート医師が浮気や借金をして家族を殺害するという残虐な事件です。減刑嘆願書が多く届いたのは驚きですが、医師としての腕と人格の歪みを皮肉にも表しているのかもしれません。

暮らしの防犯!犯罪被害の通報窓口一覧
【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

家庭を持ちながら他の異性と関係を持つことは、非常に多くの事件の発端となってきました。一時の感情に流されず、大切にすべきものは何かを常に考えて生活することが、トラブルを防ぐ一歩になることでしょう

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【7月7日の事件】歪んだ愛は、七夕に人を殺してしまうほどに、強かった。

  2. 【今日の事件簿】アパートの1室から9人の遺体。動機はいまだにはっきりせず。座間9遺体事件とは

  3. 【6月5日の事件】東名高速夫婦死亡事件から2年。今なお問題になるあおり運転とその対策とは

  4. 【今日の事件簿】女の周辺で10人の男が死亡。関西青酸連続死事件とは

  5. 【今日の事件簿】子供のいるスポーツクラブで散弾銃乱射!ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件とは

  6. 【今日の事件簿】12年たった今、犯人はどこへ?加古川小2女児殺害事件

  7. 【8月17日の事件】殺人、強姦、警察への挑発。18歳の少年が死刑になった小松川事件とは。

  8. 【今日の事件簿】県民の怒り爆発!8万5000人が抗議した沖縄米兵少女暴行事件とは

  9. 【今日の事件簿】「愛するが故です」、強烈な勘違いが引き起こした人違いバラバラ殺人事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP