【地上の楽園】みんな大好きハワイ旅行のおすすめスポットと気をつけたいコト

ハワイというと、とても人気の海外旅行先です。全米のなかでも、トップクラスに治安が良いともいわれています。しかし、治安が良いといっても東京と比べるとかなり悪いため、警戒を怠ってはいけません。

そこで、今回はハワイに行く前に知っておきたい旅行や防犯の知識をご紹介します。

ハワイについて

ハワイはアメリカのハワイ州にあるオアフ島の都市です。ハワイ州は人口約136万人で州都がホノルルです。ハワイといえば、綺麗なビーチがとても有名です。ハワイに行く人の多くの方が、海を楽しみに観光にいきます。

また、ハワイはかき氷やパンケーキなど日本でも大人気のスイーツが有名で、男性はもちろん女性にも人気の旅行先です。

ハワイの気候は? 寒い? 暑い?

ハワイは一年をとおして寒暖差が非常に小さいです。平均気温が約23度ととても過ごしやすいです。夏でも30度を超えるのは、まれで、冬でも20度を下回ることが少ないです。そのため、日本にいると考えられませんが一年中海で泳ぐことができます。

ハワイの観光名所3選

ハワイには魅力的な観光名所がたくさんあります。そこで、今回はハワイに行くなら、ぜひ、行っておきたい観光名所を3つほどご紹介します。

ワイキキビーチ

ハワイの観光スポットのなかでも定番中の定番。まさに日本人が想像するハワイの景色そのものです。キレイな海で遊ぶもよし、眺めるのもよし、サーフィンなどのマリンスポーツに挑戦するのもよしと様々な楽しみ方があります。

ワイキキ周辺には飲食店やお土産屋がたくさんあるため、海を満喫したら、そのまま近くのお店でかき氷をほおばる。これだけでもハワイを満喫した気分になれますよ。

ダイヤモンドヘッド

ワイキキビーチの近くにある定番観光スポットのダイヤモンドヘッドは標高233mの低い火山。片道で約30分と気軽に登山ができ、ワイキキビーチからも近く、バスも結構な本数が出ているためとても人気の観光スポットです。

とはいえ、山登りは何がおこるかわからない恐さもあります。最低限の準備や山を登るための靴、服装は整えておきましょう。

アラモアナ・ショッピングセンター

屋外のショッピングセンターのなかでは世界最大級の大きさです。世界的なブランド商品はもちろん、ハワイならではのアロハシャツ専門店やマリンスポーツグッズの専門店と幅広い種類の店舗があります。

さらに大きいセンターステージでは常時パフォーマンスがおこなわれており、一日いても全く飽きることがないショッピングモールです。

ハワイでおこる犯罪に注意!

ハワイでは車上荒らしが多く、特にワイキキなどのビーチ沿いでおこるケースが多いです。
また、スリや置き引きといった軽犯罪やドラッグの取引などもあります。治安がよいから安心とだけは考えないでください。日本の地方の人からみた東京は治安が悪い場所です。その東京よりもハワイのほうがずっと治安が悪いですから決して油断はできません。

ハワイで危険な場所とは?

ハワイのなかでも、特に治安が悪い時間帯や場所があります。そういった場所に近づかないことがとても重要なため、いくつかご紹介します。

夜のビーチ

昼間とは違う顔をみせるのが夜の海。ロマンチックでいきたくなる気持ちは分かりますが、当然ライフガードはいません。海も例外ではなく、静かでひと気のないところは危険です。

こういったひと気のないビーチではドラッグの売買などもおこなわれているため、マフィアなども訪れます。

駐車場

ハワイは車上荒らしが多い地域ですから当然、駐車場は危険です。とはいえ、レンタカーを借りた場合、駐車場に近づかないのは不可能です。

乗り降りを迅速にして、なるべく長時間居座らないようにしましょう。日本では車中泊といった車のなかでの寝泊まりが流行っていますが、ハワイでは危険なため車中泊はやめましょう。

ハワイに行くならお土産はコレ!

マカデミアナッツ・チョコレート

スーパーや空港、お土産屋などどこにでも売っているハワイ土産の定番。個包装のものも売っており、会社用としても最適です。また、甘いものが苦手な人や男性には、マカデミアナッツ・チョコレートではなくマカデミアナッツを買っていくと喜ばれます。

コナコーヒー

高級なコーヒーといえばブルーマウンテン以外にコナコーヒーを思い浮かべる人が多いかと思います。ハワイのコナ地区で生産されており、柔らかな酸味と控えめな苦みが特徴でとても飲みやすいです。安いコーヒーにありがちなえぐみもなく男性はもちろん、女性にも喜ばれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? ハワイは観光地としての魅力がとても高く、人気の海外旅行先です。しかし、全米の中では治安がよいとはいえ、東京と比べると治安が悪く、軽犯罪の被害にあう可能性も決して低くありません。

十分に気を付けながら、ハワイ旅行を楽しんでください。

海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!
【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 防犯意識が低い部屋が狙われる!マンションの泥棒被害の現状と防犯対策

  2. 【夏祭り防犯】痴漢、盗撮、スリ。浴衣美人が狙われやすい被害をまとめて解説!

  3. 自分の持ち物を貸している友人や彼氏から、無断で持っていくと罪に問われるかも!?窃盗罪が成立する条件と…

  4. 【ヨーロッパ旅行】知らないとやばい?イタリアの楽しみ方や注意点を教えます!

  5. 盗聴器発見アプリは本当に盗聴器を見つけられる?

  6. 【ご用心】スリはあなたのカギも狙っている!気をつけるべき防犯対策

  7. 【秋】日が短くなったいま、再確認したい町内パトロールとその効果とは

  8. 乃木坂46が世界を旅する新番組を発表!今野さんはほっといても安全対策はほっとかないで!

  9. 【知ってた?】防犯ブザーは「投げる」もの!被害を最小限に食い止めるコツはこれ!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP