【世界の未解決事件簿】「私はゾディアックだ」アメリカの連続殺人未解決事件・ゾディアック事件とは?

ゾディアック事件とは?

ゾディアック事件とは1968年から1974年にかけて少なくとも5人が殺害された未解決殺人事件です。ゾディアック事件が起きたのはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコであり、アメリカで起きた未解決殺人事件の中でも特に有名です。

なぜこの猟奇的な事件がゾディアック事件と呼ばれているのか、それは犯人が警察に送り付けた犯行声明文の中で「私はゾディアックだ」と言っていたからです。この犯人は非常に特徴的で、警察やマスコミに対して多数の犯行声明文を送ったり、電話で警察やマスコミを挑発し、嘲笑うかのような内容を喋ったりと、とにかく世間に広まるように自分を売り込んでいました。

時には自分の本名が書かれているものを送り付けるなど、自分が逮捕される可能性があるにもかかわらず積極的に行動していたようです。

最初に事件が起きたのは1968年12月20日、17歳の男性と16歳の女性のカップルがサンフランシスコ近郊で射殺されたことで事件が発覚しました。

続いて1969年7月4日、19歳の男性と22歳の女性が駐車場で銃撃され、男性は瀕死の重傷、女性は病院に搬送されましたが死亡しました。この時はまだゾディアックと名乗る犯人からの犯行声明文はありませんでしたが、同年の7月5日に犯人と思わしき人物から、犯人しか知らないはずの情報を喋る電話が警察にかけられました。

そして、同時期から翌月にかけてゾディアックと名乗る人物からサンフランシスコの警察、新聞社、著名人に一部が暗号化された手紙が送付されたのです。同年の9月27日には20歳の男性と22歳の女性が覆面の男にナイフで襲われる事件が発生し、男性は助かりましたが女性は死亡しました。

さらに同年10月11日に29歳のタクシー運転手が射殺されました。この時点で電話で聞こえた声にはイギリス訛りがあるといった様々な特徴や生存者の目撃情報などの証拠があるにもかかわらず、警察はゾディアックを捕まえることはできませんでした。

その後、ゾディアックは弁護士が就いてくれるなら自首するというような内容の電話をかけてきたりテレビ番組に電話出演するといった趣旨の電話をかけてきたりしましたが、ゾディアックが実際に自首することはありませんでした。

1974年にゾディアックから犯行声明文の手紙がサンフランシスコ警察に送付されますが、殺人事件は一向に起きないばかりかこれ以降ゾディアックからの連絡が途絶えました。

このようにゾディアック事件は謎に包まれている部分が多く、犯人を逮捕するまでには至りませんでした。

もしかしたら自分の父がゾディアックかもしれない

実は1981年に連続殺人事件の容疑者が逮捕され、ゾディアック事件の犯人ではないかと疑われましたが、結果的に別人だと判明しました。続いて1990年代にゾディアック事件を模倣した連続殺人事件が発生したものの、犯人の逮捕には至りません。

そして迷宮入りかと思われた事件が動き出したのは、2014年にゲーリー・L・スチュワートが自分を捨てた父親がゾディアックではないかという本を出版したことです。この本を刊行した背景にあるのは、まずゾディアック事件の犯人のモンタージュ画が実の父親であるアール・ヴァン・ベスト・ジュニアと非常にそっくりであったこと、祖父の影響で暗号作りの遊びを頻繁にしていたこと、被害女性がゲーリー氏の実の母親に似ていたこと、指紋の傷が一緒であるなど、様々な証拠があったからです。

これまでのゾディアックの犯行から、犯人はコミックオペラのミカドに影響されていたこと、高いレベルの暗号技術を使用していたこと、IQが高かったこと、独特の世界観を持っていたことなどが分かっています。しかし、ゲーリー氏が刊行した本には、父親が犯人だという確証は書かれていません。

ただ、2017年にDNA鑑定と筆跡鑑定が行われているものの、結果はまだ出ていません。ですが、民間の鑑定人に筆跡鑑定を依頼すると「同一人物である可能性が非常に高い」という結果が出たようです。警察の鑑定結果次第ではありますが、もしかしたらゲーリー氏の父親がゾディアック事件の犯人なのかもしれません。

事件が元になった本

(画像出典:Amazon)

ゾディアック事件を元にした本を刊行したのは、『殺人鬼ゾディアック――犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実(亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ Ⅱ-3)』の著者であるゲーリー・L・スチュワートです。

これはゲーリー氏の幼少期から父親がゾディアックではないのか?というこれまでの半生を描いた著書であり、家族や父親がどんな人物だったのかが刻銘に書かれています。

まとめ

ゾディアック事件はアメリカにおける有名な連続殺人未解決事件であり、今もなお捜査が続けられています。警察の鑑定結果次第ではゾディアック事件の犯人が判明する可能性がありますが、今後の動向が気になるところです。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

謎が多い事件ですが、もし自分の親が猟奇殺人者だったら、、、と思うと怖くなってきますね。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 観察力で、娘の売春を暴いたお母さん【中学生のSNSの付き合い方とは】

  2. 【絶景】世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのおすすめスポットと気になる治安は?

  3. 特殊詐欺の認知件数はどうなってるの?年金支給日だからこそ気をつけたい○○対策とは

  4. ナポリ観光に必要な日数とベストプランとは?+αで治安も要チェック

  5. 【マネーデー】デート中に気をつけるべきデートDVのサイン!

  6. 【3月26日過去のこの日】「大統領警護隊初の女性長官誕生」プロから学ぶ防衛術

  7. イギリス女子の悩み…制服が性的嫌がらせの対象になっている?

  8. 【侵入対策】泥棒を遠ざけるのは「ヒカリ」?どんな明かりが侵入者を撃退するの?

  9. 防犯イラストにはどんな効果を生み出す作用がある?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP