【世界の未解決事件】ドイツ史上最大の謎「ヒンターカイフェック事件」とは?

ヒンターカイフェック事件とは?

ヒンターカイフェック事件とはドイツ史上最大の謎の未解決殺人事件と言われており、今もなお捜査が行われている事件です。ヒンターカイフェックとは事件現場となった小さな農場の名前であり、ドイツのバイエルン州ミュンヘンの約70km北に位置します。

ヒンターカイフェック事件は1922年3月31日に起きた事件であり、一家5人と使用人1人が殺害された事件です。殺害されたのは夫のアンドレアス・グルーバー(64歳)、妻のツェツィーリア(73歳)、娘のヴィクトリア・ガブリエル(35歳)、ヴィクトリアの娘のツェツィーリア(7歳)、ヨーゼフ(2歳)、使用人のマリン・バウンガルトナー(45歳)です。

一家全員が殺害された現場を発見したのは、4月4日と遅れての発覚でした。

事件の詳細について

元々この一家は周囲に住む住民から変わり者扱いされており、しかもケチで有名だっただけでなく人里から離れていたことなど、様々な噂があることから敬遠されていました。事件の発覚が遅れたのは周囲の住民があまり近づきたくないからだったのでしょう。

さらにこの事件がドイツ史上最大の謎の未解決殺人事件と言われているのは、事件当日の目撃情報がないこと、周囲の住民が一家を快く思っていなかったことが挙げられます。当時の犯行現場では、農場の納屋にグルーバー夫妻と娘のヴィクトリア、そして娘のツェツィーリアがつるはしによって殺害されていたようです。

また、母親の寝室で眠っていたヨーゼフ、そして使用人部屋にいたマリアも同様に殺害されていました。4月4日になっても一家の姿を見かけないので不審に思った住人たちは農場を訪れましたが、農場内の全ての戸は施錠されていたため、住人たちは戸を押し破って中に入ったところで遺体を発見したようです。

事件当日の目撃情報がないことから捜査が難航することは分かっていましたが、事件の数日前にアンドレアスは他の住民に森から農場に続く足跡を見つけたこと、そして屋根裏から足音がするということを話していたそうです。

住民たちは警察に届け出るように勧めましたが、アンドレアスは警察と関わり合いになりたくないので警察には届け出ませんでした。事件が発生する6ヶ月前にはマリアが来る前の使用人が働いていましたが、「農場が何かに憑りつかれている」という理由で使用人を辞めました。

マリアが使用人としてやってきたのが、事件当日の事件が起こる数時間前だとされています。

ヒンターカイフェック事件の行方

遺体が発見された翌日4月5日、ミュンヘンの警察が現場を検視したところ、屋根裏に敷かれた藁、そして人が寝ていたと思われるへこみ、外が確認できるように瓦がずらされているなど、多数の手がかりを発見しました。

アンドレアスが聞いていた森から農場に続く足跡、屋根裏から物音がするという話は、もしかすると犯人のものであった可能性が高いと言えるでしょう。屋根裏に敷かれた藁は足跡を消すために用意されていたと考えられ、何より遺体を発見する前は農場内の全ての戸が閉まっていたことによって屋根裏に犯人が潜んでいたと警察は断定しました。

警察は当初物取りだと考えていましたが、農場の母屋から多数の現金が発見されたことで物取りの線は消え、怨恨の線で調査しても成果は上げられませんでした。さらに調査を混乱させたのは、犯行後に農場の牛や鶏にエサが与えられていただけでなく、キッチンでパンや肉を食べた痕跡があり、週末の間は煙突から煙が出ていたなど、犯行後も犯人たちが農場内に潜んでいたとされています。

様々な痕跡が見つかれば犯人逮捕もすぐにできると思われていましたが、確かな証拠はあるはずなのに有力な成果が出せず、有力な情報を教えてくれた人は懸賞金の10万マルクがかけられてもなお事件は一向に解決しませんでした。

そもそも物取りであるなら、犯行後もその場にとどまる理由はありませんし、母屋の現金も無くなっているはずです。ただ、犯人たちが屋根裏に潜んでいた決定的な証拠となるのが、つるはしの存在です。一家を殺害した凶器として使われていたつるはしは、なんと1923年に農場の取り壊しが行われた時に屋根裏部屋の床板の下からつるはしが発見されました。

凶器が発見されたことで犯人が見つかる可能性が出てきましたが、元々ミュンヘン警察の捜査態度が気に入らない村人たちは捜査に協力しようとしなかったため、数年にわたって村人たちを尋問しましたが、特に事件解決につながる情報がありません。

捜査は1955年に打ち切られ、再び1986年に事情聴取が行われたものの成果が挙げられず、最終的にドイツ史上謎の未解決殺人事件として捜査を終了しました。

まとめ

遺体が発見されるまで農場内の戸は全て閉まっており、農場に続く足跡や屋根裏から聞こえる足音など、これまでの操作から犯人は屋根裏部屋にいた可能性が高いでしょう。とはいえ、今もなお事件について調べている人が多いものの、有力な情報が見つけられないことから事件解決までにはまだまだ時間がかかりそうです。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【ヨーロッパ旅行】知らないとやばい?イタリアの楽しみ方や注意点を教えます!

  2. 【注意】いたずら?ナンパ ?変質者?突然マフラーを引っ張られる被害が増えている!

  3. 【お役立ち】オススメの防犯カメラ! 1人暮らしの女性も安心、簡単防犯カメラガイド!

  4. 泣き寝入りしかない? 振り込め詐欺被害をあきらめない!! 返金のルール!

  5. 手元のスマホで遠隔操作・監視ができる防犯カメラの種類とメリット

  6. 4階以上でもキケン!?どんな部屋でも空き巣はやってくる!!

  7. 防犯カメラは“捜査”に役立つの?最低限おさえておきたい機能とは

  8. 【冷静になって】10万円と下着を送れば20万円!?謎の下着買い取り詐欺を思いついた大学生

  9. 【賃貸物件の方必見】防犯対策で窓ガラスを交換する際に気をつけるポイントは?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP