【防犯】iOS13へのアップデートでAirDrop痴漢被害のリスクを軽減できるかも?

iOS13へのアップデートは、AirDrop痴漢対策になる仕様変更が行われています。対策をより万全にするために、AirDrop痴漢の手口とアップデート内容について確認してみましょう。

無差別に送り付けられる…改めて確認したいAirDrop痴漢とは?

そもそもAirDropとは、Apple社製のデバイスで簡単にデータの共有ができる機能です。
写真やイラストなどの画像データや、ネット上で見つけたグルメ・観光スポットなどの位置情報を共有できます。BluetoothとWi-Fiの機能を使って、無料で手軽に情報をシェアできるので活用されている方も多いのではないでしょうか。

AirDrop痴漢はその便利な機能を悪用して、わいせつな画像やアダルトサイトへのリンクを“送りつけてくる”迷惑行為です。
送り付けられた相手が恥ずかしがる・動揺するなど何らかのリアクションを取るのを見て楽しみたい、といった露出狂に似た犯行理由や、単純ないたずら目的といった理由が背景にあるようです。

また、痴漢とまではいかないまでも、芸能人が自分の写真を送りつけられるストーカーのような嫌がらせをされたり、登録されているユーザー名などから本名や学校、会社といった個人情報を突き止められた例も報告されています。

▶︎まるでスマホ上の露出狂! iPhoneの「AirDrop痴漢」対策方法

AirDrop痴漢で実際に被害にあった事例は?逮捕もされる?

AirDrop痴漢がSNSで話題になり始めたのは、2018年の1月頃のことです。
その悪質さから、AirDrop痴漢に対する注意喚起がまたたく間に拡散されました。

その後も被害が多発し、今でも多くの人が迷惑や被害を受けています。

条例違反で逮捕された事例も…

AirDrop痴漢によって逮捕者も発生しています。
2018年の7月には兵庫県で男性が逮捕される事件が発生、電車内で女性にわいせつ画像を送りつけたために県の迷惑防止条例違反となったようです。

また、2018年の8月にも大阪府内の電車で同様に逮捕された男性は、犯行を複数回繰り返していた悪質さも指摘されています。さらに、2019年8月に福岡では、電車内で男性に女性のわいせつな画像を送りつけた男性が福岡県の迷惑防止条例違反で書類送検されています。

▶︎【AirDrop痴漢対策】女性だけでなく男性の被害も確認?対策は?

2019年9月20日 iOS13へのアップデートでAirDrop痴漢対策が簡単に

2019年9月に実施されたiOS13へのアップデートでは、ダークモードやアプリの起動速度アップといった変更点が話題になっています。

AirDropに関しても、画像を共有する際にサムネイルが表示されず、送受信をお知らせするポップアップがテキストで表示される仕様に変更されています。知らないアカウントから送られてきた画像は内容を確認せずに拒否することができるため、無差別に画像を“見せられる”被害を防止することができます。

また、iPhone11・Pro・Maxユーザーであれば、AirDropの対象者を選択する際に自分のiPhoneを送信したい相手のiPhoneに向けるだけで選択できるように仕様変更されています。
つまり、iPhoneを向けられれば、AirDropで何かデータを共有しようとしていると分かるため、万が一AirDrop痴漢にあった場合でも犯人を特定しやすくなっています

従来の対策と合わせてセキュリティをより万全に

iOS13へのアップデートでAirDrop痴漢対策が強化されましたが、画像を受け取ることは可能です。
わいせつ画像などを興味本位で受け取ってしまわないように、引き続きの注意は必要と考えられます。これまでに有効とされてきた対策もあわせて、セキュリティを万全にしておきましょう。

これまでの対策方法をおさらい!

・AirDropの受信設定を「拒否する」か「連絡先のみ」にしておく
・iPhoneのユーザー名に本名を入れない
・利用しているWi-Fiにも本名が入っていないかどうかをチェック

まとめ

iOS13へのアップデートにより、AirDrop痴漢対策をより強化できるようになりました。
AirDrop痴漢は逮捕の可能性もある犯罪行為であるということを改めて確認し、できる限りの対策をしておきましょう。iPhoneのアップデートは、時間とWi-Fi環境があれば簡単にできるため、通知があればすぐに対応することをおすすめします。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

AirDropやWi-Fiなどを悪用した犯罪はここ数年目立っています。個人でスマートフォンやパソコンの環境を設定しなおすだけでも防げるものもあるので、個人で管理しているスマートフォンやパソコンなどは初期設定のままにせずに、対策をしておきましょう。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 露出魔!その心の闇と対策とは?

    知りたくないが…… 露出魔の心理も知っておくと役立つことがあるかも 彼らにはココロの闇がある?

  2. 【アジア旅行好き必読】韓国旅行は女性一人でも安心?治安情報や防犯対策!

  3. 市販の盗聴探知機に効果はあるの?おすすめの盗聴器探知機もご紹介

  4. スキがあるから狙われる?不審者のターゲットになりやすい人の特徴や対策方法

  5. 【いつの間?】知らぬうちに自分が詐欺に加担していた!?○○貸しの恐怖とは

  6. 新生活を始める人へ! 女性一人暮らしの防犯対策

  7. 【大公開】大事な自転車をひったくり・ちかん・盗難から守る防犯対策!!

  8. 警視庁がホームページで公開している有力な犯罪情報8選

  9. 【知っ得】豪雪地帯に旅行へ行くならタイヤチェーンと○○○は必須!?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP