【執念】元ウルトラマラソンランナー、盗撮をして逃げきれずにあえなく逮捕

わいせつ犯の中には、「犯行をしても相手は女性だから捕まらない」と変な自信を持っている人も存在します。自分なら絶対に大丈夫。女なんかに捕まるわけがない。犯人は人を甘く見ていたかもしれません。

今回は、絶対に捕まらないと確信的に犯行をしていた盗撮犯が女性の執念に負けて逮捕されてしまったという事件をご紹介します。

元ウルトラマラソン選手の盗撮犯、一般女性に捕まる

エピソード概要
JR中央線の車内に座っていた女性は、車内での異変に気付きました。太ももを中心に盗撮をする男に対して、「盗撮をしたのではないか」と問いただすことに。男は「ごめんなさい」と容疑を認めるも、神領駅に着いた途端、逃走を図ります。

ここまでは、わいせつ犯の思惑通り。理由は簡単。犯行を犯したわいせつ犯はウルトラマラソンランナーの元選手だったのです。ウルトラマラソンとは、100キロもの距離を走る競技のことで、男は2016年のスペイン大会で8位という実績を持つ実力者でした。絶対に捕まらない、そう思って逃走を図ったところ、あえなく女性に捕まり逮捕されました。

なぜマラソンランナーの経歴を持つ男性が女性に捕まったのかは不明ですが、絶対に捕まらないという奢りと、短距離走の早かった女性の前には勝てなかったのでしょう。

参考文献:日刊ゲンダイ

事件のポイント

・犯行を認めながらも逃走を図った
・女性に捕まりあえなく逮捕された
・車内で女性の下半身を盗撮していた

今回の事件はウルトラマラソンの選手であった男がよほど油断をしていたのでしょう。マラソンランナーでありながら一般人の女性に捕まってしまいました。
被害に遭遇した女性は今回は怪我もなく逮捕することができたものの、場合によっては怪我をしてしまう可能性もありました。盗撮犯に遭遇した時はどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

対策ポイント1 周囲に助けを求める

盗撮犯に盗撮されたと気づいた時は、周囲に助けを求めるようにしましょう。相手が男の場合、何が起きるかわかりません。最悪の場合は怪我を負ってしまうことも考えられます。安全に犯人を逮捕するために、周囲にいる人の助けを求めながら犯人を追い詰めるようにしてください。

ここで決してやってはいけないことは、逃げている男を捕まえようとすることです。被害に遭遇して怒りを抑えられないという気持ちもわかりますが、犯人は必死になって逃走をすることが考えられます。運が悪ければ激しい抵抗を受けてその結果怪我をしてしまう可能性があります。最悪の場合は命を落としてしまうこともあるでしょう。
最悪の場合犯人が護身用のナイフを持っている可能性も考えられるので、最悪の事態を想定して相手を1人で追うことだけは避けるようにしましょう。

対策ポイント2 不自然なスマホの角度に注意

電車の車内ではシャッター音を消すことができるスマホであればいつでも盗撮することが可能です。盗撮をする時は、不自然な角度にスマホが向いていることがあります。注意深く観察をしていれば、不自然な動きを判別できるでしょう。
しかし、電車内でスマホ操作に夢中になっていると、わいせつ犯の不自然な動きに気づかない可能性があるので、スマホの画面ばかりに気を取られないよう気をつけてください。

まとめ

冬は夏に比べて盗撮犯に遭遇する可能性が低くなりますが、それでも盗撮犯に遭遇してしまう可能性もあります。電車内で盗撮被害に遭遇しないように乗車時には周囲を警戒して不審な人物がいないかを確認するようにしましょう。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 海水浴場で夏の装いをしていない人の目的とは?気をつけるべき夏の海のキケン

  2. 網棚は危険? 安心して荷物を置ける場所とは

    電車の網棚に乗せたカバンが堂々と置き引きに!徹底置き引き対策!!

  3. 事故の過失割合は誰が決める?Uターンラッシュ前に交通事故後の対応をおさらい!

  4. 女性が安心安全に暮らすために考えた方がいいコトってなんだろう?

  5. 【盗撮御殿】自宅に隠しカメラを38台も取り付けて盗撮行為に及んだ富豪

  6. 【災害防犯】災害時には防犯も必須。火の元だけでなく、気をつけなければいけない被害とは?

  7. 盗撮や盗聴で気をつけるポイントは?被害が起きやすいのは公衆トイレ?

  8. 便利なはずのコンビニや深夜営業をするお店に潜む危険な犯罪とは!?

  9. 防犯カメラは“捜査”に役立つの?最低限おさえておきたい機能とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP