【注意】男性教諭、女生徒に不適切LINE〜教師とのLINE交換に潜む罠〜

連絡手段として便利なLINE。気軽に誰とでも簡単にやりとりができる一方で、使い方を間違えると不快な思いをしてしまうこともあります。

学校に通うお子さんの中には部活動の関係で先生とLINEで連絡交換をしていることもあるのではないでしょうか。このページではLINEの使い方を間違えてしまった男性教師の失態について紹介します。お子さんが被害にあわないよう親御さんは危機意識を持つようにしてください。

女生徒に不適切なLINEを送った男性教諭懲戒解雇

エピソード概要
男性教諭が女生徒3人に対し「遊びにこないか」「隣からあえぎ声が聞こえる」などというメッセージを複数回送り、女生徒に肉体関係を求めるような趣旨のメッセージを送ったなどして懲戒解雇処分を受けました。

事件はメッセージを受け取った女生徒の告発により発覚。「先生のやることじゃない」と憤りをあらわにしました。女生徒によると、男性教師は普段から気に入った女生徒に声をかけていたそうで生徒の中には「やっぱりか」と思った生徒もいたようです。

男性教師はわいせつなメッセージを送ったことを認め「たがが外れてしまった。申し訳ない」と供述しています。申し訳ないと思っているなら、最初から送るなと女生徒は思ったに違いありません。(2019年11月8日の記事を参考に作成)

参考文献:上毛新聞

事件のポイント

・男性教諭は女生徒とLINE交換をしていた
・仲がよくなったと勘違いをしてLINEを送った可能性が高い
・女生徒の告発によって事件が発覚した

部活動などの連絡手段として、教師と生徒がLINE交換をするのは当たり前になりました。グループラインをしていても、その気になれば個人と簡単につながることができるので、教師がLINEを通して生徒と個別連絡を取ることは簡単であると言えるでしょう。
生徒との距離感が近い教師の場合、一線を超えてしまう可能性もあります。同様の被害に遭遇しないようにするためにはどのようなことが必要になるのかを考えていましょう。

対策ポイント1 親しい距離感の先生には警戒をする

フレンドリーな教師でも場合によっては一線を超えてしまう恐れがあります。教師からLINE交換を提案された時は、すぐに親御さんに報告をするようにしましょう。いくら親しくても場をわきまえている教師であれば、LINE交換をすることはありません。
緊急時の場合はLINEではなく電話で連絡を取ることが考えられるので、LINE交換を迫られた時は極力回避するようにしましょう。

対策ポイント2 万が一不審なLINEが送られてきたらスクショをしておく

グループラインから個別につながることができ、場合によっては教師がグループLINE経由でコンタクトを図る可能性があります。個別にやりとりをしていた時に、肉体関係を匂わす発言や不快と感じる発言をしてきた場合はすぐにそのやりとりをスクショ保存しておきましょう。
証拠を保存したらすぐに教育機関や信頼できる先生に報告し、対処してもらうようにしてください。個別に連絡をする教師はよほどの理由がない限り無視するようにしましょう。

まとめ

LINEで生徒と教師が簡単に連絡を取り合うことが可能になりました。その結果生徒と教師が不適切な関係に発展することもあれば、ストーカー行為の対象になってしまうことも考えられます。緊急時以外の理由でLINE交換をすることは極力控えるようにしましょう。

▶︎【注目】「大切な家族を守るアイテム」オシャレな防犯パスケース「Paskel(パスケル)」とは

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【話題】サイクリストによる、サイクリストのための防犯アラーム”AlterLock”がスゴかった

  2. 【アジアならココ】マレーシアの首都クアラルンプールとは?おすすめ観光スポット+スリ対策!

  3. 【大型連休前】旅行に出発する前に、狙われにくい家作りを!

  4. 【驚愕】不在中に〇〇まで!アプリで知り合った男性に15万回以上メールした女

  5. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  6. 4月3日はインゲンの日!由来は中国?中国旅行のすすめと防犯対策

  7. 泥棒退治には「録画中」の文言が1番効果的!?被害に防ぐためにすぐにできることとは

  8. 盗聴器を室内で発見したら、あなたならどうしますか?

  9. 賃貸でも防犯対策! 補助錠が犯罪率を低下させるって本当のところどうなの?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP