【お手柄】危ないニャ!階段に落ちそうな赤ちゃんを必死で守った猫

猫と犬どちらの方が人間に対して忠誠心があるかといえば、犬の方だと思うのが一般的です。ところが、犬のように猫も忠誠心があるのではないか?と証明する事件が海外で起きました。一体、猫はどのようにして忠誠心を見せたのでしょうか?

転げ落ちそうになる赤ちゃんを必死で守ろうとした猫

エピソード概要
コロンビアの首都ボゴタに在住のダイアナさんは、1歳のサミュエルくんをお子さんに持つお母さんです。そんな彼女はいつものように会社に到着し、赤ちゃんを預けることができるベビーベッドに寝かせました。このスペースには、赤ちゃんだけでなく飼っている猫ギャツベラくんも一緒にいて、ダイアナさんは1人でいつものように部屋でくつろぐことに。

そんな時、サミュエルくんがベビーベッドの柵を外しベッドの外へ脱出するという事件が起きてしまいました。ベッドのある部屋には扉がなく、他のフロアにつながる急な階段にいつでも出られる状態。もし赤ちゃんが遊び心で階段の方へ向かってしまえば、誤って落ちて大怪我になりかねません。そんな不吉な予感が的中してしまうのです。

サミュエルくんは好奇心から階段の方へ向かいます。しかしこの様子に待ったをかけたのがギャツベラくんだったのです。彼はサミュエルくんが階段に落ちないよう必死に抵抗。ギャツベラくんの必死の抵抗でサミュエルくんは諦めました。ダイアナさんはなぜベビーベッドの下でサミュエルくんがハイハイをしているのか疑問に思ったものの、まさかこんなことになっているとは監視カメラを見るまで気づきませんでした。

もし、ギャツベラくんが必死の抵抗をしていなかったらサミュエルくんは大怪我をしていたか、最悪の場合は命を落としていたかもしれません。勇敢な猫のおかげで危機的な状況から脱出することができました。

ちなみに、ギャツベラくんが必死に止めようとしている様子も動画で公開されているので、チェックしてみてください。

参考文献:Techinsight (実際の映像は、こちらからご覧いただきます。)

事件のポイント

・監視カメラがあったので一部始終を確認できた
・ベビーベッドから赤ちゃんが簡単に脱出できた
今回の事件では猫が大活躍をしたことで、事故につながることはありませんでした。
しかし、ベビーベッドから赤ちゃんが脱出してしまい怪我をしてしまうケースはどこのご家庭でも考えられる状況です。今回のような事件が起きないようにするために対策を考えておく必要があります。

対策ポイント1 ベビーベッドの位置に工夫をする

ベビーベッドの隙間から脱出するケースや隙間から赤ちゃんが落ちてしまうというリスクは全く無いとは言い切れません。今回のような事件を防ぐために、ベビーベッドを壁際に設置する、柵の間にタオルなどを覆って抜け出せないようにするといった工夫をして落ちないような工夫を心がけましょう。
ベビーベッドで寝かせる際は、故障している箇所がないかを確認することも大切です。ぜひ不安な方は点検をして異常がないかを確かめましょう。

対策ポイント2 目の届く範囲内で寝かせる

どのような対策をしても子どもの動きは不規則なので、目の行き届く範囲内で寝かせるように心がけましょう。どうしても目を離してしまうという時は監視カメラなどを使って怪我をしていないか、柵を乗り越えそうになっていないかなどを確認するようにしてください。

まとめ

今回は勇敢な猫のおかげで、サミュエルくんは怪我をすることなく安全に過ごすことができました。猫も犬と同様、人間が愛情を持って接していれば飼い主の期待に応えてくれるかもしれません。しかし動物に頼りっきりでは安全とは言えないので、赤ちゃんが怪我をしないようにベッドの配置や見守り体制を整えるように心がけましょう。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. みんなが安心できる「駅」に!鉄道会社の防犯対策とは?

  2. 【確認】GWはすぐそこ! トラブルや犯罪に巻き込まれずに楽しむ準備は万端ですか!?

  3. 消防記念日に見直したい防災・防犯対策としての窓のお話

  4. 【海外旅行に適したファッションとは?】事前の服装チェックも防犯対策のひとつ!

  5. 【パンツの日】Good bye下着泥棒!見直したい下着の干し方!!!

  6. 【6月8日の事件】附属池田小事件から18年。学校への侵入阻止と子どもを守る方法とは

  7. 徒歩は危険だけど、車なら安全?車に乗車中でもしっかり施錠することが大事!

  8. 見直してみよう防犯カメラの録画と録音機能について

  9. 不審者による約4割が声かけ!情報ツールを含めた防犯対策

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP