【恐怖】遠隔ストーカー男、元恋人を恐怖で震え上がらせる

スマホ1台あれば何でもできるような時代に突入しました。しかし、その一方で一歩間違えるとストーカー被害に遭遇し恐怖体験をしてしまう可能性もあります。今回は実際に海外で発生したストーカー事件から驚きの手口を紹介します。スマホ一台でさまざまなデータを管理している方は気をつけた方が良いかもしれません……。

不動産業者に装った警察官逮捕される

エピソード概要
オーストラリアの男性が元恋人を恐怖のどん底へ落とすストーカー行為を行い話題となりました。
男はなんとアプリを使って女性の車を遠隔で制御したのです。一体なぜそんなことができてしまったのでしょうか。

女性は車を購入した当初、付き合っていた男性に付き添ってもらい車を引き取りにいきました。その際、車体識別番号と呼ばれるVINコードを男性は覚えていました。これが悪夢の始まりです。この番号を知ることで、車の位置を確認し、彼女がどこで何をしているか把握することができるようになりました。

男の行動はさらにエスカレートしていきます。スパイウエアを利用して彼女のスマホの位置情報を把握、彼女の精度の高い位置情報を入手していたのです。そして男は仕事で使用する車を使い彼女の跡をつけ自宅を特定。彼女が寝静まっている時に部屋に侵入したのです。女性が部屋の異変に気付き、彼を見ると、彼は得意げに「僕でよかったね。僕は危害を加える強盗じゃないから」と女性に語りました。この時、女性は「時が止まったよう」に感じ恐怖の時間を体験してしまうことになりました。

彼女は警察に相談し男の自宅を調べてもらうことに。それまで友人に悩みを相談していても信用されなかった犯行が、パソコンを操作することで犯行を特定することができたのです。リモート操作できるアプリは便利な一方でアクセスコードがわかってしまうとストーカー被害に遭遇する可能性があります。気をつけるようにしましょう。

参考文献:Techinsight(2019年11月8日の記事を参考に作成)

事件のポイント

・男は女性の車体識別番号を知っていた
・スパイウエアソフトで簡単に監視ができる
・遠隔操作で車の制御をしたこともある

今回のストーカー事件はただつきまとうだけでなく、女性を恐怖へと落とす仕掛けが多く、女性はストーカー行為に日々恐怖を感じていたでしょう。今回のようなサイバーストーカーの被害に遭わないようにするために、女性はどのような対策をする必要があるのでしょうか。

対策ポイント1 パスワードは定期的に変える

今回のように元交際相手があなたの個人情報を知っている状況も考えられるので、定期的なタイミングでパスワードを変えてアクセスできないようにしましょう。同じパスワードにしていると、今回のようにあなたのアカウントの情報で不正アクセスされる可能性があるので、交際相手と別れたタイミングなどでパスワードなどを変えるような工夫をするようにしてください。

対策ポイント2 位置情報をOFFにしておく

最近では、位置情報がSNSと連動して自分の場所が特定できるような仕組みができています。
位置情報情報を提供すると、今回のストーカーのように簡単に特定されてしまうこともあります。もし特定されたくないのであれば、位置情報をOFFにして情報を与えない工夫を行うようにしましょう。

対策ポイント3 警察に相談

日常生活を送っていて身の回りに不審な出来事が多発したらすぐに警察に相談するようにしましょう。些細なことがきっかけでストーカー行為がエスカレートしてしまうことがあります。最悪の事態になる前に必ず警察に相談し対処するようにしましょう。

まとめ

今後オーストラリアで起きたようなサイバーストーカーがエスカレートしていく可能性があります。大切なことはセキュリティをしっかり厳重なものに変更することです。特に交際相手と別れた直後や、告白をされた振った男性がストーカー予備軍の恐れがあります。元恋人の様子がおかしいと感じた時は、危機意識を持つようにしてください。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. スズメバチやクマが多数出没!?防犯対策も大切だけど、獣害対策も!!

  2. あなたの街はどこにある? 防犯カメラと地域防犯対策

  3. 置き引きへの対策、本当に対策をする意味はあるの?

  4. 4月3日はインゲンの日!由来は中国?中国旅行のすすめと防犯対策

  5. 【権力には屈しない】 パワハラの定義と対策を要チェック!

  6. 【大活躍】防犯活動グループ、パトロール活動中にで窃盗犯を見ぬく

  7. 防犯カメラがあれば安心?事件から女性を守る心得!

  8. 【必殺技は音】防犯対策には音が有効!その理由とは?

  9. 【今日の事件簿】自分の手を汚さずに殺害?桶川ストーカー事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP