【油断大敵】女装をしていた男、女子高生を油断させてした行動とは?

性の多様化が当たり前になり、「見た目は男性、心は女性」そんな方が街中を歩いても不自然ではない時代になりました。実際に女装をしていてる人がいたら、「女性に興味がないんだ」と勝手に解釈してしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、この認識が時に事件に巻き込まれてしまう可能性もあります。

今回は”女装をした男”が女性に対してわいせつな行為を働いたという事件を紹介します。相手が女装しているからといっても警戒を怠らないようにしましょう。

女装をして女子高生に近づいた男、スカートを奪う

エピソード概要
2019年11月19日、女子高生の履いたスカートを脱がした上、体を触るなどしてわいせつな行為に及んだ男が逮捕されました。被害に遭遇した女子高生は通学中、男に何らかの理由で民家の庭に誘い込まれ、スカートを奪われた上、体を触られるなどの被害に遭遇しました。男は犯行時、白系のブラウス、スカートを身につけ女装をしていました。

元記事では紹介されていないものの、男は女装していたことで女子高生を油断させ民家に連れ込むことができたのでしょう。女装をしていても突然犯行に及ぶ可能性もあるので、注意が必要です。

参考文献:産經新聞

事件のポイント

・犯行時男は女装をしていた
・男は女子トイレに女装をして侵入し逮捕された過去があった

今回の事件は“女装をしていた男”に何らかの理由で声をかけられ、油断していた女子高生が事件に遭遇するというケースでした。女装をすることで”女性に興味がない”と認識してしまう方もいますが、今回のように計算をして女装をしている可能性があります。今回のような事件を回避するために、初対面の人にはある程度の警戒心を持って接するように心がけましょう。

対策ポイント1 初対面で声をかけられたら警戒をする

不審者がわいせつな行為に及ぶ際、初対面でおかしなことを聞いてくる可能性が多くあります。道案内や、その周辺エリアのことを教えてほしいなどと尋ねられてから密室空間に連れ込み、犯行に及ぶケースが多くあります。
このような場合、不審者が道を聞いてくるのは話のきっかけを作るために過ぎないので、実際には何も調べていない可能性があります。不審者かどうかわからない時は、まずどの程度調べているのかを聞いた上で協力をするようにしましょう。

不審人物から車に乗って案内してほしいと言われた場合は、車に連れ込まれてわいせつな行為に及ぶ可能性があります。車に乗ってほしいと言われても絶対に避けるようにしましょう。

対策ポイント2 相手の見た目で判断しない

不審者の見極め方は難しく、露出が目的の不審者以外見た目で不審者かどうかを判断するのは難しいでしょう。いくら紳士的な態度をしている人でも突然態度を急変させることがあります。今回のように、女性に興味がないと思っていた男が突然豹変して襲うということも考えられます。
初対面の人と接する際は、どのような人物かわからないので警戒心を持って接するように心がけてください。

対策ポイント3 不審者情報をチェックしておく

今回の犯人は、女子高生にわいせつ行為を及んだ事件だけでなく、女子トイレに女装して侵入するという犯行も起こしていました。不審者情報をチェックしていれば、同じような格好をしている不審者と遭遇しても助けを呼ぶ、逃げるなど対策を立てることができたかもしれません。
変質者の多くは1つの事件だけでなく複数の犯行を行なっている可能性が高いので、近隣エリアで不審者情報の報告がないかをチェックして防犯意識を高めるようにしてください。

まとめ

メディアに出ているような女装家の方々は、お悩み相談やメイクに精通しているなど女性人気が高いのも事実です。しかし、そうした側面を悪用して、今回のように女装をすることで相手の警戒心を解くことを企む不審者もいます。

初対面であれば、相手がどんな格好をしているとしても常に警戒心をもって接するようにしましょう。また、怪しいと思ったら親切に対応する必要はありません。理由をつけてその場を離れるようにしましょう。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

今回の事例は卑劣で最低な犯行ですね。多様性の時代になり、人を疑うのは悲しいことですが、改めて私たちも自分の身を守る意識と感覚を高めないといけませんね。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 女性が安心安全に暮らすために考えた方がいいコトってなんだろう?

  2. 愛車の防犯方法、カギの他に有効な対策は?

  3. 防犯映像を残すためにトイレに防犯カメラを設置? プライバシーには問題なし? 

  4. 【え、こっちが払うの?】女子高生に謎のメモを渡した男、自分のメモが証拠で逮捕される

  5. 泥棒が嫌がるガラスとは? 〜部屋のガラスを防犯性の高いガラスに変えよう〜

  6. 見張られてる?ストーカーに気づいたら相談すべきところとは

    ストーカー被害を感じてから警察に相談するタイミングは、いつ?

  7. ナンバープレートを盗まれたら自分も罰則を受ける?車上荒らしの防犯対策!

  8. 2018年は変態が多かった?誰でも被害者になりうる時代、防犯対策はしっかりと!

  9. 野外で悪質な盗撮を繰り返すマニアたち。性癖を満たすためだけのその行為とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP