【感動】自殺をしようとした男子生徒を〇〇〇で救ったお話

人生がうまくいかず死にたいと思うことは誰でもあるでしょう。海外で自殺をしようとしていた学生を、とある方法で救ったというエピソードが紹介されました。一体どのような方法で自殺を防ぐ事件だったのでしょうか。事件の鍵は”愛“です。

学校内で自殺をしようとした学生を必死に救った男子職員

エピソード概要
オレゴン州ポートランドの高校で、学校内で自殺を試みようとしていた生徒に対し男子職員が男子学生を説得し命を救うという出来事がありました。散弾銃で自殺を計画した男子学生は、教室にこもり、散弾銃を自分の体に向けようとしていました。

その様子を見た男子職員が勇気を出して教室に入りました。緊張感のある中、数分後男子職員が生徒を抱えながら散弾銃を持って廊下に出てきたのです。職員は散弾銃を他の職員に渡すとそのまま男子学生を抱きしめ続け、学生は職員の優しさに応じたようにそのまま廊下に座ります。その後、到着した警察に逮捕されました。

銃を所持していたことで逮捕されたものの、若者の命を職員の愛で救うことができました。今回のような事件が日本で起きる可能性は低いものの、あなたの周りで自殺をしたいと考えて悩んでいる人に優しくすることはできるのではないでしょうか。もし、思い悩んでいる人がいたら一度その人を抱きしめてあげるのも1つのアプローチなのかもしれません。

参考文献:CNN.co.jp

事件のポイント

・自殺ようとしていた生徒に抱擁で思い止まらせた
・人の行動によって自殺を思い留めることができるかもしれない

今回の事件のように、追い詰められている人に対して優しく接することができれば最悪の事態を回避することができるかもしれません。もし周りに自殺をほのめかす発言をしているのであれば、優しく接してあげるようにしましょう。

ポイント1 自殺をしそうになっている人を見かけたらどうする

自殺しそうになっている人を街で見かけたらどうすれば良いのでしょうか。状況によりますが、声をかけてあげるだけで、自殺を防ぐことができるかもしれません。自殺をしようと考えている人の多くは、追い込まれている人が多いので、まずはその人の話をしっかり聞いてあげるようにしましょう。

この時、周りに危害を加えそうだと感じた場合は、相手に冷静さを保つようにしながら声をかけ、警察を呼んでもらうようにしてください。

ポイント2 寄り添ってあげることが大切

もし身近にいる人で自殺をしそうだと感じている人がいるのであれば、自殺をしようとしている人の話を聞いてあげるようにしましょう。自殺をしようとしている人に話しかける時は、“励ます”のではなく、相手が何を考えているのかしっかり聞いてあげることが大切です。話をすることで思い留まるケースもあります。
相手の気持ちを尊重しながら話を聞くような姿勢を心がけてください。

まとめ

今回の海外で起きた事件のように、自殺しようとする人を見かけたら相手の気持ちを尊重して話をすることで、自殺を防ぐことができる可能性があります。もしあなたが自殺をする場面に遭遇したら、少し勇気を出して声をかけてみてはいかがでしょうか。あなたの勇気が一人の命を救うかもしれません。

▶︎【注目】「大切な家族を守るアイテム」オシャレな防犯パスケース「Paskel(パスケル)」とは

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 気持ち悪い露出魔の被害を最小限に食い止めるために気を付けること

  2. 海外旅行に行く人必見。スリにあわないバッグと対策で楽しい旅行を!

  3. 【執行猶予なし懲役刑の可能性も】再犯率の高い覚せい剤。周囲の人間ができるサポートはあるのか?

  4. 最低の犯罪リベンジポルノ。プライベートな写真や映像をネットに流されたらどうすればいい?

  5. 【アパート記念日】教えます、引っ越し後にやるべき防犯対策!!

  6. 毎日ストーカーがいる職場に自ら足を運ぶ?対策方法を紹介

  7. 【7月30日の事件】24年間未解決。八王子スーパー強盗殺人事件は迷宮入りなのか?

  8. 【夏の終わり】日の短くなり始めがキケン。秋も性犯罪に要注意!

  9. これってストーカー?分からない時は規制法を確認しよう。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP