女性がトップレス姿で自宅のリフォーム!?この後、どうなった??

家では裸で過ごす”裸族”の方にとって、気をつけなければいけない事件が発生しました。自宅であれば裸でも大丈夫と思いがちですが、海外では裸でいたことが原因で起訴され裁判沙汰になってしまった事件が起きたようです。どうして女性は起訴されるまでに至ったのでしょうか。

トップレスで自宅リフォーム作業していた女性、わいせつ罪で訴追

エピソード概要
アメリカユタ州に住むブキャナンさんは、夫と一緒にガレージでリフォーム作業をしていました。リフォーム作業中、あまりにもしっくいの粉が飛び散ったので2人は汚れないようにするために、上半身裸となって作業をすることに。この選択がトラブルを引き起こします。

その様子を夫の連れ子3人が目にし、ショックを受けたと連れ子が夫に報告。男は裸になっていいのに自分がなれないのはおかしいと子どもたちに正当性を説明しました。ここで一見落着かと思いきや、子どもたちはこのことを実母に伝えます。実母はこの件は憂慮すべきだと考え、福祉担当者に報告。訴追する事態に発展しました。

2019年11月25日段階でブキャナンさんがどのような判決が下されるか明かされていませんが、有罪になれば禁錮1年および10年間の性犯罪者登録義務が科せられます。保守的なユタ州だからこそ発生した事件なのか、信頼関係を築けず、神経質になっていた連れ子との問題なのか、今後事件の動向が注目されます。

自宅内で上半身裸になる時は、他の人に不快な思いを与えていないか配慮した上で脱ぐ必要があるかもしれません。

参考文献:AFP BB NEWS

事件のポイント

・わいせつな目的ではなく、リフォーム作業中に上半身裸になった
・アメリカでは正当な状況でも訴追できるケースがある

今回の事件のように自宅内で裸になっていても、周りの人が”不快”と感じたらわいせつ罪に問われてしまうケースが考えられます。日本ではレアケースではありますが、夏の時期に開放的な環境で裸になってしまう方は気をつけるようにしましょう。

ポイント1 日本国内で逮捕されたケースがある

2018年8月に実際に熊本県で自宅内の庭で全裸になっていた男が現行犯逮捕されるという事件がありました。公然わいせつ罪は、「不特定または多数の人が認識している状態」に該当すれば、公然わいせつ罪が適用する可能性があります。
自宅内でも誰からもすぐに見られるような状況下で全裸状態になると、今回のように見せつける目的がなくても逮捕されてしまう可能性があります。開放的な環境が好きな”裸族”の方は気をつけるようにしてください。

ポイント2 他人が不快に感じた時点でアウト

仮に自分の家の近所で今回のようにきわどい格好で作業をしている人がいた場合、不快と感じたら警察に報告するようにしましょう。とはいえ、常識的に考えてもきわどい格好で外で何かをする方が珍しいことなので、ケースバイケースで悪影響を与えそうかどうかを判断してから警察に報告するようにしてください。

まとめ

“自宅内は何をしてもいいわけではない”ということを今回の事件から学ぶことができたのではないでしょうか。ぜひ今回の事件を通して開放的になりがちな方は危機意識を持つようにしてください。

▶︎不審者を見かけたら110番に通報?通報基準やしてはいけない注意点

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

実母が同じ行動だったら、どう感じたのか…事件となったのか、興味がありますね。家族になったとは言え他人、周りへの気遣いも犯罪防止の観点では必要ですね。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. カギの施錠と窓ガラスの強化で十分な防犯を!

  2. 日常生活の中で子供を犯罪から遠ざけるためにできること

  3. つきまとい被害には「Uターン」が効果的!被害に遭っていると感じたらやってみよう!

  4. コンビニの防犯カメラでは行なわれている防犯対策とは

  5. 【必見!】新手痴漢に対抗せよ!防止策2019

  6. まだ普通の手袋を使ってるの?緊急時にも大活躍のスマホ用手袋を使うメリットとは

  7. 近所に公園がある場合はそれなりの防犯対策を

  8. 4月2日は図書館開設記念日! 賢く振舞って防犯対策

  9. 【再確認】痴漢行為に関する種類について

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP