【実験】女子中学生になりすまして「家出したい」と呟くとどうなるか?

SNSで見知らぬ男が未成年に接触したことで事件へ発展してしまうケースが多数報告されています。そのような事件がなぜ発生するのか、ある配信者が行った実験でその理由が解明されてきました。

SNSで【家出をしたい】とツイートした結果どうなったか

エピソード概要
5ちゃんねると呼ばれるネット上の掲示板で、女子中学生と装って【家出をしたい】と呟くとどうなるかという実験を行なった生配信者がいたようです。まとめサイトの情報を調べると、偽物のアカウントに対し、次から次へと【うちにおいで】【泊めてあげる】といった書き込みが多数見られました。

もちろん、アカウントでのなりすまし行為はいけないことですが、それ以上に女子中学生のアカウントだと信じてリプライを飛ばすアカウントの多さに引いてしまいます。このようなノリで不特定多数の者が女子中学生、女子高校生を事件に巻き込むこともあるので、SNS運用は気をつける必要がありそうです。

参考文献:VIPPERS速報

ポイント

・女子中学生と名乗るアカウントにリプライが殺到した
・女子中学生を泊めるだけでも、未成年誘拐が成立する
・SNSは匿名性が高いため身元を明かさず接触することが可能

本当に家出をしようと考えている女子中学生/高校生が仮にSNSで募集をすれば、今回のようにリプライがやってきて本当に繋がってしまう可能性があります。善意で提供したとしても、未成年を自宅に泊めることは犯罪行為になります。SNSでの軽率な発言は控えるようにしましょう。

対策ポイント1 鍵アカウントにする

冗談で「家出をしたい」と発信しても、真に受けて連絡を送ってくるアカウントもあります。本名で運用しているSNSを不審なアカウントに知られた場合、場合によってはストーカー行為も考えられるので、検索されない鍵アカウントに設定するようにしましょう。

SNSを本名で運用すると個人情報が特定されてしまう恐れがあるので、極力ニックネームなどで対応をするようにしてください。

対策ポイント2 通報する

ある発言がきっかけで執拗以上に絡み、不快な思いをさせるリプライが送られてくることもあります。このような場合は、必ず運営会社に通知をするようにしてください。最近のSNSでは不適切な発言をしているユーザーを通報することでアカウント停止を行うことが可能です。無視し続けても状況が改善されない場合は、強行手段で対策を立てるようにしてください。

対策ポイント3 絶対に相手にしない

今回のような匿名性の高いアカウントには絶対に相手にしないようにしましょう。いくらSNS上で優しく接していても、監禁する相手を探すため、わいせつな行為を達成するために優しく接している可能性があります。トラブルを回避するために大切なことは、相手にしないことです。いくら好感を持てるアカウントだとしても、相手の素性がわからないのであれば、絶対に相手にしないようにしましょう。

まとめ

今回はネット上で行われた実験で、SNSがいかに未成年にとって危険性のあるツールであるのかを理解していただけたのではないでしょうか。特に女性アカウントへの匿名アカウントからのアプローチは多いので、日頃からSNSを利用している方は気をつける必要があります。事件に巻き込まれないためにも、SNSを利用する際は細心の注意を払うようにしましょう。

▶︎しつこいLINEストーカー!対処を間違えると最悪の事態になる!?正しい対処法を紹介

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

文中にはtwitterの鍵アカを推奨しましたが、周囲の友人などとの関係や画像から鍵アカの運営者とのやりとりを類推されて個人情報が特定されたりすることもあります。いずれにしても、こうしたまだリテラシーが未熟な中高生に対してアプローチをする大人を許せません。こうした性衝動の行動化は規範に反していることを強く訴えかけを続けていきたいと思います。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【キモい】インスタのフォロワーにこんな奴がいたら要注意!水着の写真が狙われている!

  2. 【お手柄】5歳の少年、冷静な行動で祖父の命を救った方法とは

  3. 防犯対策の情報を記録して近所の人たちで共有してさらに効果的な防犯を!

  4. 一人暮らしの男性も油断しないで!どんなに小さな窓も必ず施錠すべし

  5. 小中学生の被害が増えているSNSを使った性犯罪! 被害者・加害者にならないために!!

  6. 犯罪被害の相談は躊躇わないで!防犯につながることもある

  7. 【海外旅行の防犯】ベルギー旅行は「道」で危険度が違う!危険な目に遭わないためにできることとは

  8. 私のストーカー被害。メンタルケア心理士になった今、わかること。

  9. 防犯カメラは目的と設置場所に応じて選びましょう

    防犯カメラのDIYは簡単!購入から設置方法まで3つのポイント

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP