【未成年の家出問題】未成年を知らない人の家に泊めさせない方法は?

ここ最近家出少女を監禁する事件が大きく取り上げられています。特にSNSが発達して未成年が知らない大人と簡単につながれるようになりました。家出先での待遇がいくら良くても立派な犯罪です。お子さんが家出少女になり事件に巻き込まれないためには、どのようなことに配慮すべきなのでしょうか。

不動産業者の男、借家に少女を住まわせる

エピソード概要
2019年11月27日、ツイッターで知り合った女子中学生を2ヶ月にわたり住まわせていた男が、未成年者誘拐容疑で逮捕されました。男は兵庫県の女子中学生が家出をしたがっていることを知り、「埼玉においで、勉強するなら養ってあげる」と誘い、群馬県の駅で待ち合わせ。男の車に乗せられ借家に連れていった。

中学生には1日3食を提供、入浴もさせていたとのこと。その後同様の方法で埼玉県に住む別の中学生も借家に呼び寄せ同じように生活をさせていたようです。

男は調べに対し「将来、自分の経営する会社の従業員にしたかった」と容疑を認めています。善意で提供したのか、将来的にわいせつ的な行為に及ぼうとしていたのか、その真実は定かではありませんが、見知らぬ未成年を家に泊めることは立派な犯罪です。なぜ、大人はそのことに気づけなかったのでしょうか。

参考文献:読売新聞(2019年11月27日の記事を参考に作成)

事件のポイント

・ツイッターを利用して女子中学生と出会う
・誘拐先で中学生たちは普通の暮らしが送れていた
・家に居場所がなかった可能性がある

中学生の中には自分の居場所が家になく、家出をしたくなり助けを求めているケースは珍しいことではありません。見知らぬ大人が助けてくれるとSNSで優しくしても、実際は少女を誘拐することが目的で、自由を奪われ命を落としてしまうことも考えられとても危険です。未成年の少女が家出をして事件に巻き込まれないために、どのような配慮をする必要があるのでしょうか。

対策ポイント1 SNSを使っていないか確認する

お子さんがスマホを持っている場合、SNSでアカウントを持っていないかチェックするようにしてください。SNSのアカウントを持っている場合は、ダイレクトメール機能を使えないように設定し、見知らぬ大人からの連絡を断つようにしましょう。

対策ポイント2 家族で話し合いの場を設ける

中学生は精神発達が未発達な時期でもあるので、家族に不満を持っていても自分から切り出すことができないこともあります。微妙な変化に気づいてあげることで、抱えている不安を解消し、家出をしたいという気持ちを未然に防ぐことができる可能性があります。家族の話し合いの場を設け、抱えている不安を解消してあげるようにしましょう。

まとめ

SNSで「家出をしたい」とつぶやけば、不特定多数の大人から簡単にアプローチが来てしまう時代です。家出が昔よりもしやすくなったと言っても過言ではありません。重大な事件に発展しないためにも、家族でコミュニケーションを取る場を設けるようにしましょう。

未成年の方は、どんな事情があっても決して知らない大人の家に行かないようにしてください。

▶︎メンタルケア心理士が教える「子どもがSNSを使う心理と危険性、そして家族にできること」

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 泣き寝入りしかない? 振り込め詐欺被害をあきらめない!! 返金のルール!

  2. 地域の防犯パトロールは安全の入り口!空き巣対策から子供の見守りまで

  3. 油断大敵!怠ってはいけないカギの管理

  4. 大晦日を安心して過ごすための防犯対策!防犯対策でミソになる所は!?

  5. 網戸の防犯

    【徹底検証】網戸の防犯性における落ち度は問題解決出来るのか!!網戸こそがセキュリティーの盲点だった!…

  6. 【即実践】窃盗の手口と今日からできるMolyの防犯対策!

  7. 【原点回帰】改めて『防犯』の意味を再確認しよう!

  8. 【露骨さ満点?】知人宅に盗撮用カメラを仕掛けた男の話

  9. 【多様化する不審者】地域の防犯は「ONE TEAM」で!!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP