【今日の事件簿】14年経った今も刑が確定していない「栃木小1女児殺害事件」とは?

今から14年前の12月1日に1人の小学1年生の女の子が行方不明になりました。栃木小1女児殺害事件です。この事件は事件発生から9年後の2014年に容疑者が逮捕され、未だ刑が確定していません。今回はこの栃木小1女児殺害事件について詳しく紹介していきます。

栃木小1女児殺害事件の詳細

2005(平成17)年12月1日の午後2時50分ごろ、栃木県今市市に住む小学1年生の女の子が学校からの帰宅途中に行方不明となりました。女の子は学校からは友達3人と下校しましたが自宅まで約1kmというところで友達と別れ、その後行方がわからなくなったのです。友だちと別れた現場は雑木林の間に住宅が点在する人通りの少ない場所でした。その日のうちに家族が捜索願を出し、近所の人や地元の消防団などが協力して探しましたが見つかりませんでした。

そして、翌日の12月2日の午後2時ごろ、自宅から約60km離れた茨城県常陸大宮市の山林で、野鳥ウォッチングをしていた老人3人によって女の子の遺体が発見されました。遺体には衣服は着せられておらず、胸に数カ所刺された跡があり、頬には殴られた痕。口や両手を粘着テープで縛られた痕もあり、警察は殺人事件と断定しました。栃木県警と茨城県警との合同捜査本部が設置されましたが女の子のランドセルや衣服、その他の遺留品が見つからず捜査は難航。両県警は粘り強い聞き込みや、フリーダイヤルを開設して電話での情報を呼びかけるなどして必死の捜査をおこないました。

9年後の犯人逮捕

事件が動いたのは事件発生から9年後の2014年のことでした。この年の4月に栃木県警は別件で逮捕していた男が事件への関与を認め、現在裏付け捜査中だと発表したのです。この男は1月に商標法違反で実母とともに逮捕されていた男で、母親と骨董販売をしていた当時32歳の男でした。そして、2014年6月、この男を殺人などの容疑で逮捕したのです。

裁判

逮捕当時男は容疑を認め、被害者の女の子に対して謝罪の言葉などを口にしていました。警察は女の子の所持品や凶器について男の供述をもとに捜索しましたが見つからず、検察は自供の信用性を高めるために任意での取り調べとしては異例の録音録画を実施しました。しかし、結局、物的な証拠は見つからず状況証拠を積み重ねての起訴となったのです。

2016年2月、男の初公判が宇都宮地方裁判所で、裁判員裁判でおこなわれました。男は逮捕・起訴当時とは一転して起訴事実について「殺していません」と涙ながらに訴え「パニックになり調書にサインした」と証言し、無罪を主張したのです。弁護側も殺害現場となった林道に女の子の血痕がなかったことなどを挙げ、現場の状況と供述の矛盾点を指摘し、警察や検察の威圧的な取り調べにより自白に追い込まれたとして無罪を主張。

裁判では検察側が録音録画した証拠が法廷で流され、男の身振り手振りを交えての殺害状況を詳しく説明した映像や、逆に強要ともとれる映像も流されました。裁判の決め手となる物的証拠がない中、自白の信用性が争点となる裁判でした。そして、宇都宮地方裁判所は検察の求刑通り2016年4月に無期懲役を言い渡します。弁護側は控訴し2017年10月、東京高等裁判所で控訴審の初公判が開かれました。

控訴審でも自白の信用性が争点となりました。結果、東京高等裁判所は1審で自白の信用性を判断するために採用された録音録画によって、犯罪の事実認定をしたことは違法だとし、1審の判決の破棄を免れないと判断。しかし、状況証拠を総合すれば男が犯人であることは認められるとして2018年8月、判決公判で1審の判決を退けたうえで、1審に続き無期懲役の判決を言い渡しました。弁護団は即日上告しています。

まとめ

今回紹介した栃木小1女児殺害事件は被告人の男に刑が確定しておらず、未だ解決には至っていません。しかし、小学1年生の女の子が突然学校の帰り道にさらわれて、殺されてしまったことは事実です。ほとんどの親が、突然自分の子どもが下校中にさらわれて殺されるなんて考えられないかもしれません。しかし、誰にでも起こりえることですので、高い防犯意識を持ち、できる限りの対策をしていきましょう。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【今日の事件簿】お祭りを狙った犯行だったのか?宇都宮連続爆発事件とは

  2. 【3月30日の事件】「国松警察庁長官襲撃事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  3. 【今日の事件簿】実状を知りたかった青年がイラクで惨殺された事件。イラク日本人殺害事件とは

  4. 【今日の事件簿】頭を打ったら急に無罪を主張し始めた?いまだに謎多き日産サニー事件

  5. 【ロックの日】そのカギのかけ方で大丈夫?あらゆるカギを強化して安全に暮らそう!

  6. 札幌で観測史上最も遅い初雪を観測!雪国は冬期の車上荒らしに要注意!

  7. 【今日の事件簿】捜査に延べ9億円以上かけた日本最大級の未解決事件「三億円事件」とは

  8. 【5月15日の事件】五・七・五?いや、五・一五に起きた侵入事件とは!?

  9. 【7月7日の事件】歪んだ愛は、七夕に人を殺してしまうほどに、強かった。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP