【絶景】一度は行ってみたい!ウユニ塩湖とココだけは外せないベストスポットは?

この景色、どこかで目にしたことはありませんか?見渡す限り広大に広がるウユニ塩湖!
一生に一度は行ってみたいと思っている場所のひとつとして挙る方も多いのではないでしょうか。今回は、絶景が広がる夢の地、ウユニ塩湖について紹介していきます。

ウユニ塩湖はどこにあるの?

ウユニ塩湖はボリビア南西のアンデス山脈にある世界最大の塩原です!
この塩原は先史時代の湖が乾燥したもので11,000平方キロメートルに及ぶ砂漠のような大地です。また、サボテンが生える島々の風景で知られています。別世界にいるような光景は中央に位置するインカワシ島から見ることが出来ます。ここでは、ほとんど野生動物は見られませんが、多くのピンクフラミンゴが生息しています。

気候は?

ウユニ塩湖の天気の特徴として1年を通して暖かく、平均最高気温は20度ととても暖かいです。
日中は過ごしやすい気候となっています。しかし、夜になると急に冷え込むのがウユニ塩湖の気候の特徴です。寒暖の差が激しく、昼と夜で15度くらい気温差があることもあるのだとか。

ウユニ塩湖の天気のベストシーズンは4月~11月の乾季の時期です。この期間は雨がほとんど降らないため天気に恵まれ過ごしやすいです。しかし、よく写真で見る一面鏡張りのウユニ塩湖が見れるのは1月~3月なので、行く時期はしっかりとチェックしておきましょう。この時期は雨季となっておりウユニ塩湖全体が鏡張りになるのはこの期間と言われています。

食事について

ウユニの街で人気な食事について紹介していきます。

①ピザ

ウユニの街にはピザ屋さんがたくさんあります。
そんな多くのピザ屋さんで食べることが出来るのがラクダ科の動物「リャマ」のお肉を使用したピザです。照り焼きソースのピザのような日本人の口に合う味となっています。ピザとして食べるととても美味しい「リャマ肉」。メルカド市場には牛丼ならぬリャマ丼も存在しますよ。

②フィデオ(麺)

フィデオは日本でいう焼きそばのようなものです。
見た目もほとんど焼きそば!お好みでマヨネーズやケッチャプのトッピングやウインナーが乗っているものもあります。

国民性は?

ボリビア人には多くのインディオから影響を得ている人がいます。
彼らの信条はキリスト教の精神と通じていると言われており、そのため弱者に優しく、自分が裕福でなくても他者を愛し、助け合いの精神があります。

山々に囲まれた寒冷地域と熱帯雨林に囲まれた自然豊かなボリビアは決して住みやすい環境とは言えません。普段の生活の中でも様々な工夫を凝らして生活している彼らは芯が強く、忍耐力があります。それにまだまだ発展途上中の国です。一般家庭は平均年収10万円ほどで多くの子供達が14歳から働いています。心が強く素朴な性格をしている方が多いです。

絶対に行きたい観光スポットは?

ウユニ塩湖に行ったら是非行って欲しい観光スポットを紹介します!

真っ白なウユニ塩湖に浮かぶ島「インカワシ島」

インカワシ島では天に向かって生えるサボテンの景色が今大人気となっています。
島には1年に1cmしか伸びないと言われているサボテンですが、5mを超えるものがたくさん存在しています。真っ白な塩湖をドライブしながらぽつんと天に向かっている伸びているサボテンを見るのは、不思議な気持ちに包まれること間違いなしです。

「ラグーナ・コロラダ」

ウユニ塩湖からチリに抜ける際にカラフルな湖があるのをご存知でしょうか?
これがラグーナ・コロラダです。カラフルな湖に生息するフラミンゴがより一層幻想的な空間を作り出してくれます。

白い砂浜「プラヤ・ブランカ」

スペイン語で「白い砂浜」と言う意味のプラヤ・ブランカのホテルは全てが塩で造られています。ベットやテーブルなどの家具が全て塩で造られていました。塩湖内で宿泊できるホテルとして利用されており(現在はホテルではなく博物館として利用)絵になる光景です。

▶︎【比較】海外旅行時のおすすめレンタルWi-Fiは? レンタルは防犯にも役立つ!? 

訪れる際の注意点

高山病問題

ウユニ塩湖に行く際に一番気をつけないと行けないのが「高山病」です。
最悪の場合、死に至ってしまうケースもあります。高地に体が慣れていないため頭痛や悪寒、吐き気を引き起こすなどの症状があります。

寒さ対策はしっかり行う事

先程も言いましたがウユニ塩湖は1月~3月の雨季がベストシーズンとなっています。
南米は夏だからいいや!といって防寒対策を怠ると後悔してしまいます。1日の寒暖差が昼と夜でとても激しいので夜のために防寒対策は必須です。

日焼け対策

ウユニ塩湖で日焼けなんてするの?疑問に思う方もいると思います。
ウユニ塩湖は標高が3700mと富士山並みにあるので太陽までの距離が近いため紫外線が強いのと遮ってくれるものが何もないために太陽の光を全て浴びることになります。

また、ウユニ塩湖は鏡張りなので下からも太陽の紫外線を受けることになります。流石にダブルで紫外線を受けると日焼けするので日焼けの対策をしっかりとするべきです。

▶︎海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!

最後に

ウユニ塩湖は気候・住民の人柄・食文化全てが良い環境でした。
日本人が移住しても順応できるような場所のため、毎年多くの日本人観光客が訪れています。しかし良い環境だからとたかをくくると高山病や体調不良に悩まされてしまうので対策だけは必須で行いましょう。

▶︎【防犯バッグ&リュックおすすめ20選】これを読めば防犯バッグのすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 外観タイルのリフォーム工事中のマンション特有の防犯対策とは?

  2. 年末年始は空き巣が増えるって知ってる?空き巣を遠ざけるポイントをチェック

  3. 【オススメ旅】日本からもすぐに行ける台湾!体験すべき観光スポット&グルメ+治安情報

  4. 犯行を見逃さない!!よく見る防犯カメラを家庭に導入

  5. 絶対にストーカー被害にあわないための予防方法ってある?

  6. 【お盆真っ只中】帰省時のツールである新幹線での防犯対策!!

  7. 【恐怖】店員が個人情報を悪用して家に来る。店員をストーカーにさせないためには

  8. 暮らしの防犯!犯罪被害の通報窓口一覧

  9. 防犯110番の料金と設置工事の流れ!口コミまとめ

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP