【憧れの景色】イエローナイフで“オーロラ”を楽しむための豆知識と注意点は

オーロラを見ることが出来ると言われている「イエローナイフ」。
一度は見てみたいと思う景色として「オーロラ」を挙げる人も多いかと思います。そして、そのオーロラを見ることが出来るイエローナイフにも興味がある人はいるのでは?

今回は「オーロラ」で有名なイエローナイフがどのような場所なのかをご紹介します。

国の紹介

イエローナイフはカナダのノースウエスト準州の州都です。
ノースウエスト準州は人が住んでいる地域が僅かと、川や湖、果てしない永久凍土が広がっています!

気候は?

イエローナイフでは夏は快適で冬は極寒というのが特徴です。
そして1年を通してほとんどが曇りで、22度~-29まで気温差があります。暖かい季節は5月中旬~9月の間で1日の最高気温10度を超えます。-41度未満または26度を超えることは滅多にありません。日本とは大違いです。

食事について

イエローナイフはカナダということもありハンバーガーやポテトが多くの人に愛されています。また、チキンも有名です。基本的にカナダと同じでジャンクフードがイエローナイフでも主流になっています。

国民性

イエローナイフの人たちはおそらくどこの国の人よりも「優しい」です。
こんなにも優しいのかと感じた理由を実際に起きた事例を元にご紹介します。

・レストランで行儀の良い子は-5ドル引き
・酔っ払って自転車を盗んでしまったのですがどこで盗んだのか分からない。なので持ち主の方は連絡くださいと張り紙で知らせる
・鍵の落とし物を電柱に括りつけて「落とし物です!」とアピール
などと様々な事例があります。
防犯の面からみると、少し不安な親切さもありますが、優しいという面では大いに納得できる点です。

観光スポット

プリウス・オブ・ウェールズ・ノーザン・ヘリテージ・センター

イエローナイフに生息していた動物の剥製・原住民の暮らし・自然など多数展示されています。
金鉱やダイヤモンドの発見による発展、雪と氷の中での生活や食生活などについて学ぶ事が出来ます。しかもなんと無料で入ることが出来るという心の広さ。極寒のなか歩いていくことになるので場所はしっかり確認してから行くことをオススメします。

プッシュ・パイロット・モニュメント

オールドタウンの小高い丘を登った大きな岩の頂上にあるのが「プッシュ・パイロット・モニュメント」です。
水上プロペラ機の時代にこの岩はパイロット達がイエローナイフを探す目印であり、金を求めて飛び立ったパイロット達の出発地点でもありました。当時この地域には滑走路がなく、飛行機に乗るにはみんな、草原・水の上・氷の上と場所を選ばず離発着出来る技術が必要で、このような技術を持っている人を「ブッシュパイロット」と呼んでいるそうです。
頂上にある展望台からはグレートスレープ湖畔に広がるイエローナイフの街を360度見渡すことが出来ます。

ノースウェスト準州立法議事堂

ノースウェスト準州立法議事堂という名前からとても硬いイメージを持つ方が多いのですがそんなことはありません。
中にはカフェもあり、受付で頼めば音声案内もしてくれて建物内を見学することが出来ます。国や都市、町の方針を決める所であり度々重要な会議が行われています。州旗の由来や歴史について詳しく学ぶこともできます。

訪れる際の注意点

①カードだけではなく現金も持ち歩こう

北米なのでカード類は問題なく使用できますがイエローナイフでは多少の現金を持ち歩く必要があります。
なぜなら数ヶ月に一度決済システム障害が起こるためです。カナダでは半年に一度ほど起こりますが、イエローナイフは決済システム障害の起こる頻度が極めて高いです。
・クレジットカードは使えるけどデジットカードは使えない
・デビットカードは使えるけどクレジットカードは使えない
・回線が使えないために銀行での両替が行えない
という被害にあうことがあるので注意しましょう。

②防寒対策

オーロラを見る際など、寒いときは-30度にまで到達するほどの極寒の地がイエローナイフです。
並大抵の防寒では乗り切ることが出来ません。防寒対策を怠ると最悪の場合、死に至るケースもあるので細心の注意を払う必要があります。

③チップに対する認識

北米のアテンダントはチップをもらえることを前提に給料が設定されているのでチップを貰えないのは働いている側からすると死活問題になりかねません。サービスが悪かったら払わなくても問題がないという認識が強いですが、そうではなく本来「チップは置いていくべきもの」なのでチップに対する認識を再確認しておきましょう。
近年イエローナイフでも良いサービスをしたのにチップが貰えなかったというトラブルが起こるため注意しましょう。

最後に

イエローナイフはオーロラを見る以外にもたくさんの魅力があることがわかっていただけたかと思います。
極寒の地なので、訪れる際には防寒対策はだけは入念に行いましょう。オーロラを見にイエローナイフに行こうと考えている方は参考にしてみてください!

▶︎【比較】海外旅行時のおすすめレンタルWi-Fiは? レンタルは防犯にも役立つ!? 

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 西ヨーロッパに行くならスイス!首都ベルンの市街地の見どころと気をつけるポイントは?

  2. 【世界の未解決事件】17歳で終身刑の判決。28年後に冤罪で仮釈放された「マイケル・バルデュー事件」

  3. 【オススメ旅】日本からもすぐに行ける台湾!体験すべき観光スポット&グルメ+治安情報

  4. 【いき過ぎた匂いフェチ】韓国・光州で香水に欲情したおじさんが逮捕される

  5. 海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!

  6. 【世界の未解決事件】小さな男の子を遺棄したのは誰?今も身元が分からない「ボーイ・イン・ザ・ボックス事…

  7. 【海外旅行に適したファッションとは?】事前の服装チェックも防犯対策のひとつ!

  8. 殺人事件の多い南アフリカ共和国を旅行する際のオススメ観光地と防犯ポイントをご紹介!

  9. 【プレイバック変態】海外の地下鉄に出現した「踊る上級変態紳士」を覚えているか?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP