【注意】イルミネーションの投稿は「○○報告」が安全!インスタ投稿時の注意点まとめ

ストーリーズで居場所がバレる?

インスタグラムのストーリーズには位置情報を追加することができ、住所・店名・電話番号まで自動で反映されるようになっています。
とても便利な機能ではあるのですが居場所が特定される可能性があることをご存じですか?

インスタグラムを使うのは自由ですが、自分の身を守るためにしっかり対策した上で利用する必要があります。
では、どう対策すれば良いのでしょうか。

インスタグラムでリアルタイムにアップするのは危険!?

インスタグラムのストーリーズでリアルタイムにアップすると自分の居場所が多数の人に特定されてしまう可能性があります。
ストーリーズには位置情報を追加する機能が搭載されています。

気軽に位置情報を追加して載せてしまうと住所・店名などの情報が載ってしまうため居場所を特定されてしまう可能性があります。

居場所が特定されてしまい、ストーカー行為にあう可能性も、、

イルミネーション投稿による危険性が増加

今の時期イルミネーションの投稿がとても多くなっており、それによって居場所が特定される危険性が増加しています。

彼氏とイルミネーション見に来てるー♡などと浮かれてストーリーズに位置情報を載せて投稿すると居場所が特定されてしまう可能性があります。(位置情報を載せなくても有名な場所なら特定されます)

自分の居場所が特定されるだけではなく一緒にきている人も一緒に載せてしまうと友人の居場所も特定されてしまう可能性があります。

それと「家の近くに良い喫茶店発見!」「家の近くに良いスポット発見!」などといった家の近くの~〇〇といった投稿を位置情報付きでしてしまうと自分の家が特定される可能性も出てきます。

知らない人に待ち伏せなどされてストーカー行為にあったりするかもしれません。

本来は便利なストーリーズの位置情報機能

インスタグラムのストーリーズ機能はGPS機能を利用して実際に写真を撮影した場所の情報を公開することが出来ます。

位置情報とハッシュタグ機能を使い合わせる事で自分の関わりのない方とでも共通の趣味、共通の場所に行ったという共通点があるだけで交友関係が生まれやすくもなります。

ですがリアルタイムでストーリーズに位置情報を載せていると自分の家が留守であることがバレてしまう可能性があります。

そういった危険を回避するためには防犯対策を行わないといけません。

どうすれば良い?ストーリーズを投稿する際の対策方法

ストーリーズでリアルタイムの自分の居場所が特定されてしまっては、不特定多数の人から命が危険に晒される可能性が無限大にあります。

どうすれば良いのでしょうか?

リアルタイム投稿ではなく事後報告の投稿

芸能人など有名な人は、リアルタイムでの報告ではなく事後報告の形でストーリーズを利用することが多いです。

リアルタイムでの投稿は出来るだけ避けることをおすすめします。
先程も言ったように、リアルタイムでストーリーズに投稿すると居場所を特定されてしまう可能性があることと、一緒にいる友人までも居場所が特定されてしまうためです。

それとリアルタイムでの投稿は、「現在、自分の家は留守です!」と間接的に公表しているようなものなので、待ち伏せや空き巣などの被害にあう可能性も出てきます。

そのためリアルタイムに投稿するのではなく事後報告という形で「昨日は楽しかった!」などと次の日などに投稿することで、リアルタイムで居場所を特定されることを防げます。

インスタグラムは画像・動画を保存しておけば後日にいくらでもストーリーズに投稿が可能なので安心してください。
自分の身を守るためにも出来るだけ事後報告にしましょう。

居場所が特定されるような情報は記載しない

家の近くの〇〇や位置情報を載せての記載などを避けることによって居場所の特定は防ぐことが出来ます。

家の近くに〇〇があるという情報を記載してしまうとその店を頼りに最寄り駅が特定されてしまうことも。
それに位置情報を記載してのストーリーズの投稿は一目でどこにいるのかが特定されてしまうのでリアルタイムでは避けましょう。

防犯対策も個人情報も投稿に気を付けていれば安心

防犯対策も自分の家の住所や最寄り駅などの個人情報も投稿に気をつけていれば安心です。
防犯対策を怠ってしまうと個人情報が漏れてしまったり身バレの危険性に晒されてしまいます。

特にリアルタイムでの位置情報の記載と家の近くの〇〇という情報を載せるのは細心の注意を払うべきです。
自分だけならまだしも友人と写っているリアルタイムの写真をあげてしまうと友人にまで危害が及ぶ可能性も出てきてしまうので、気をつけましょう。

▶︎【対策】犯罪者はSNSでターゲットを絞っている!モザイクアプローチを理解して被害に遭わない!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 日本不審者情報センター

    【活用】生活拠点などにおける不審者の有無は不審者情報センターで調べてみよう!

  2. 【恐怖】好意が暴走したストーカー男が取った気持ち悪い行動とは?

  3. 手元のスマホで遠隔操作・監視ができる防犯カメラの種類とメリット

  4. 子どもにチャレンジさせたいおすすめの推理小説3選!

  5. 【店舗防犯】コンビニの防犯カメラの映像はどれくらい鮮明なの?お店の防犯対策の実態とは

  6. 【夏休み】子どもが犯罪に巻き込まれないための防犯対策

  7. 夜はしっかり戸締りを! 防犯意識を高めて泥棒の侵入を防ごう!

  8. 防犯イラストにはどんな効果を生み出す作用がある?

  9. 泥棒と対面してしまったらどうする?遭遇時の対処法と対策とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP