お年玉を持っている子供が狙われる!? 年始の繁華街には危険がいっぱい?

子どもたちでも遊べる主な繁華街

東京都内には子どもたちでも遊ぶことが出来る繁華街がたくさんあります。
銀座・新宿・渋谷・池袋・浅草・上野・押上・秋葉原などの数多くの遊べる繁華街が東京には揃っています。上野ならアメヤ横丁やアトレ・マルイ、浅草には浅草花やしき・仲見世通り、押上には東京スカイツリー、東京ソラマチといった子供でも遊べるテーマパークや商業施設が整っています。

そのためにお年玉をもらった子供は年末年始に繁華街にこぞって押し寄せます。もらったお年玉で何か買おう、おじいちゃん・おばあちゃんが何かを孫に買ってあげようと訪れるのです。

年末年始の繁華街は子供が狙われる!?

年末年始に小学校高学年にもなると子どもたち同士だけでゲームセンターに遊びに行きたい・ショッピングモールに行きたいというような企画をしてでかけたがることもあると思います。

年末年始は子供もお年玉をもらっている家庭が多いのでそのお金を持って遊びに行きます。周りの大人は自分たちもそうやって育ってきた大人が多いため子どもたちがお金を持って遊びにきていることを理解しています。

ここで起きる大きな問題はみんながみんな良い大人ではないということです。中にはその子どもたちからお金を取ってやろうと考える悪い大人もいます。子供は力も弱いですし人生経験もなく悪い大人の区別も付きません。

それを逆手にとって繁華街やテーマパークには子供を狙っている悪い大人がいるのです。お金だけで済めばまだ良い方です。最悪の場合、命の危険に晒されるなんてこともあってもおかしくないのが現状です。

子供が良く集まる場所は?

小学生の子どもたちが良く集まるのはゲームセンターやカラオケ、ショッピングモールといったアミューズメント施設が多いです。ゲームセンターには昆虫・ポケモン・メダルゲームといった子どもたちの中で話題性のある最新のゲームがずらりと並んでいます。子どもたちはもちろん集まりますよね。

メダルゲームなんて皆さんも1回はハマった記憶があるのではないでしょうか。カラオケも子どもたち同士で良く行きたがるスポットの1つです。テレビ番組やCMソングなどで流れている流行りの曲を皆で歌いたい!となるのでしょう。ショッピングモールはいろんなものが置いてあるので子どもたちは行きたがります。

普段の休みなどでもショッピングモールは連れて行くだけで喜びますよね。特におもちゃ屋さんが多くショッピングモールには入っているので普段はお金を持っていないから買うことが出来ないけどお年玉もらったからいつもは買えないものが買えるというワクワク感に駆られて子どもたちが集まります。

ゲームセンターなどに行く際の注意点

ゲームセンターやショッピングモールに行くことが悪いことではありません。ですがしっかりと注意するべき点を守らないと危険な目にあってしまう可能性があります。その際の注意点について説明します。

・大勢の友だちと行く
・大金を持ち歩かない
・ケータイを持ち歩く
・大人にはついていかない
・出来るだけ近場の繁華街に行く
といったところです。

少数の友達と行くよりも大勢で行ったほうが何かと安全です。誰かしらが何かあった時に正解の意見を言ってくれるかもしれません。それとお年玉をもらったからといって大金を持ち歩くことは避けましょう。お金を持っていなければ狙われる確率も下がります。大人には気をつけることも必須です。勝手についていかない・話しかけられても皆で逃げることを意識しておきましょう。

それになるべく遠出は避けましょう。近場なら誰かしら知り合いがいます。その人達の目の届く範囲にいれば危険な目に合う確率も下がります。

子供を守るために親が出来ること

親が子供を守るために出来ることは限られています。
・門限を決める
・感想を毎回聞く
・誰とどこに行くか聞く
・ケータイを持たせてGPS機能を搭載する
これは最低限親が子供を守るために出来ることなのでやっておくべきです。

門限を決めておけば時間になっても帰ってこなければ対策が早急に行なえます。また、毎回どこに誰と遊びに行くのか聞いておきましょう。そうすれば親同士連絡も取れます。その際に帰ってきたら「今日は楽しかった?」「今日は何があった?」などと質問をぶつけましょう。危ない目にあっていないかを聞き出すことで次の遊びに行くときの対策を練ることが出来ます。

まとめ

過保護と思われるかもですがケータイにGPS機能を搭載してもたせましょう。そうすればどこに行ったかすぐに確認できますし電話で連絡をとることも出来ます。

つまり親が子供を守るためには「家のルールを決まる事」がとても重要なんです。約束事を守る上で遊びに行くのであれば子供の安全をより守ることが出来ます。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【ご用心】無視が一番!露出狂の防犯対策!

  2. 海外旅行はスリ注意!手口や対策方法をご紹介

  3. 【要チェック】犯罪から身を守るためには「防犯性」の高い物件を選ぶのが◎

  4. 一人暮らしの女性は防犯情報をこまめにチェックしよう

  5. 変質者と遭遇したらどのように対策をするのが有効?

  6. 網棚は危険? 安心して荷物を置ける場所とは

    電車の網棚に乗せたカバンが堂々と置き引きに!徹底置き引き対策!!

  7. DIYも簡単!? マンションの部屋のガラス窓の防犯対策はこれ!

  8. 【厳罰】2秒で車は約33mも進む。「ながら運転」の基準と強化された罰則とは

  9. 防犯情報を活用してマンション住民の安全を確保しよう

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP