【世界の未解決事件簿】複雑怪奇?事件か事故かも謎の「マーティン家失踪事件」とは

マーティン家失踪事件とは?

マーティン家失踪事件は、アメリカで起きた失踪事件の中でも特に複雑な状況によって捜査が難航している事件です。この失踪事件は1958年12月7日のアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドで起きた失踪事件であり、クリスマスのデコレーションをするために日帰りの旅行中にワシントン州コロンビア・リヴァー・ゴージという場所で一家全員が行方不明になったそうです。

この失踪事件で行方不明になったのは夫のケネス・マーティン54歳、妻のバーバラ・マーティン48歳、そして娘のバーバラ14歳、スーザン13歳、ヴァージニア11歳です。他には長男で当時28歳のドナルドがいましたが、一家が失踪した時にはアメリカ海軍に所属しており、ニューヨークにいたそうです。

事件の詳細について

1958年12月6日、マーティン夫妻はクリスマスパーティーに出席した後、オレゴン州ポートランドの自宅に戻り、田舎への日帰り旅行をする計画を立てていました。そして翌日の12月7日、マーティン夫妻は娘のバーバラ、スーザン、ヴァージニアの3人を連れて東に向かって車を発進させました。

その過程でマーティン一家はクリスマスのデコレーションとして青葉を集めるためにコロンビア・リヴァー・ゴージに入り、そのまま行方不明になりました。マーティン一家が行方不明だと判明したのは12月9日、職場の電気会社が何の報告も受けていなかったため、おかしいと思って警察に相談したことが始まりでした。

当初警察はマーティンが何らかの不正行為を行っているものと考え、すぐにマーティン一家の家を捜査しました。しかし家の中はマーティン一家がドライブする直前のままの状態であり、特におかしい様子はなかったそうです。不可解なのはマーティン一家が所有する全ての銀行口座には多額の金銭が手つかずで残されていたことでした。

警察は一家がどこへ行ったのか聞き込み調査を続けたところ、ガソリンスタンドの経営者であるディーン・バクスターと行きずりの運転手がマーティン一家を見かけたことが分かりました。バクスターは自分が経営するオレゴン州カスケード・ロックスのガソリンスタンドで給油を行っている最中にマーティン一家も給油をしに来たそうです。

バクスターの話では、マーティン一家はそのまま東に向かったと答えました。そして行きずりの運転手の証言では、マーティン一家はカスケード・ロックスから約20マイル離れたオレゴン州フッド・リヴァーでのレストランで目撃したそうです。その後、日没時にワシントン州コロンビアの沿岸付近で目撃した証言もあったそうです。

その後もマルトノマ郡、フッドリバー郡の警察が捜索を行うものの有力な手掛かりが得られないまま時は1958年12月8日、車泥棒の前科を持つ2人を逮捕し、マーティン一家の失踪と何らかの関係があるとみて捜査を進めました。しかし、事態は余計に混乱するばかりでした。同月12月28日には女性用のグローブが打ち捨てられた車の近くで発見され、妻のバーバラが着けるだろうと思われていたものの彼女のものだと断定することはできませんでした。

そして打ち捨てられた車の近くにはマイヤー・アンド・フランク百貨店から盗まれた38口径コルト・コマンダーが発見されましたが、前科者二人と直接関係を結びつけることはできませんでした。しかし、マーティン一家の失踪から約3ヶ月後、ボランティアの捜索者がオレゴン州のザ・ダレスの近くの崖からタイヤ痕を発見。

このタイヤ痕がマーティン一家が乗っていた車のタイヤと一致したのです。

事件の行方

1959年5月3日、ダレスから約70マイル離れたワシントン州のコロンビア川の北岸で娘のスーザンの遺体が発見されました。続いてその翌日、今度はダレスから約46マイル離れたボンネヴィル・ダムの近くで娘のヴァージニアの遺体が発見されました。

二人の遺体はポートランドのマルトノマ郡に移され、剖検を行いましたが、検視官の報告では弾痕のような負傷はどこにも見当たらず、二人の死因は溺死であると公式発表されました。それから二人の遺体が見つかった水域周辺で懸命な捜索が行われましたが、マーティン夫妻とバーバラを発見するには至りませんでした。

その後、スーザンとヴァージニアは自宅の近くのポートランド、ローズ・シティ・セメタリーに埋葬されたそうです。

まとめ

謎が謎を呼ぶような失踪事件であり、事件性があるようでなさそうな状況、そして前科者2人が関係あるようでなさそうなのが余計に捜査を混乱させているように思えます。仮説ですが、夫のケネスが車を川に突っ込ませたか、一家が何者かに誘拐された可能性があると見ているようです。

何より目撃情報とタイヤ痕があった場所の位置が正反対ということで、残りの一家がなかなか見つけられない事態になっているのではないでしょうか。

▶︎【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 公衆トイレでの犯罪に注意! やむをえず使う際の防犯対策は?

  2. 【防犯】ムラムラおじさんに要注意!狙われないための4つの対策を今日から実行しよう!

  3. 女子中高生の間でパパ活が流行っている?パパ活に潜む性被害

  4. 痴漢掲示板は犯罪の温床!情報を共有して自分を守る時代

  5. 【災害時対策】突然の自然災害で必ずやっておくべき災害&防犯対策

  6. ドイツは詐欺まみれ?海外旅行や移住時チェックしておきたい海外詐欺の手口とは

  7. 【注意】車内でタバコに火をつけたら大爆発!原因は○○だった

  8. 【お手柄】鍵のかかってない車に乗り込んだ男、車内に居合わせた子どもたちが撃退

  9. スナック感覚で性を蝕む「ワンタッチ痴漢」には要注意!被害を減らすためにできることは?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP