【世界の未解決事件】「見つかりましたか?」ストーカーに怯えていたシングルマザーを殺害したのは誰?ドロシー・スコット事件とは

ドロシー・スコット事件とは?

ドロシー・スコット事件とは1980年のアメリカのカリフォルニア州で起きたストーカー未解決殺人事件であり、犯行を自供する電話がかかってきたものの、未だに犯人が捕まっていません。当時のアメリカでもストーカー規制の問題が起こっており、ドロシー・スコット事件はその代表的なストーカー殺人事件だと言えるでしょう。

この事件は、シングルマザーで32歳の女性ドロシー・スコットがストーカーに怯える日々を送っているところから始まります。

事件の詳細について

1980年アメリカのカリフォルニア州に住むシングルマザーのドロシー・スコット32歳は、素性が分からない男性のストーカーに怯える日々を送っていました。特にドロシーが恐ろしいと感じたのは、名前も何もかも知らない男性がドロシーの職場に電話をかけてきて、「僕は誰よりも君を愛している」「君のことはいつでもどこからでも行動を監視している」といった電話を繰り返していました。

ドロシーはこのストーカーにいつも悩まされていましたが、まだ小さな息子を守るため、自分の身を守るためにドロシーは空手を習い、拳銃を購入して備えていました。時は1980年5月28日の夜、ドロシーは蜘蛛に嚙まれた会社の同僚に付き添い、病院に来ていました。

同僚が診察を受けている間、ドロシーはすぐに出発できるように車のエンジンをかけて準備をしていました。しかし、診察を終えた同僚が処方箋をもらっている間にドロシーは車の中で何者かに襲われたのです。その直後、病院を出た同僚が目撃したのは、猛スピードで駐車場から走り去る車でした。

まだ車に乗っていないのにドロシーが置いていくはずがないと同僚は思いましたが、夜中だったので周辺は暗く、車の中も無灯火だったので運転手の顔は見えなかったそうです。その数時間後、病院から15キロほど離れた人気がないところでドロシーの車が炎上しているのが発見されました。

車の中にドロシーの姿はなく、完全にドロシーの行方が分からなくなってしまいました。そしてドロシーの行方が分からなくなってから一週間後、今度はドロシーの母親の元に一本の電話がかかってきました。電話の相手は素性が分からない男性で、ドロシーの母親かどうかを確認すると「ドロシーは私と一緒にいます」とだけ告げて一方的に電話を切ってしまった。

その後も素性が知れない男性は毎週水曜日になるとドロシーの母親に電話をかけては短く話をして一方的に切るのを繰り返していました。その頃には警察も逆探知を試みていましたが、通話時間が短すぎるために逆探知を成功させることができません。

犯人は現在も捕まっていない

警察が手も足も出ないでいる中、ドロシーが失踪してから1ヶ月が経とうとしていました。そこに、突然地元の新聞社の元に一本の電話がかかってきました。電話をかけてきた男性は関係者以外誰も知らないはずのドロシー失踪事件について詳しく説明した後、「私がドロシー・スコットを殺しました。彼女は私の最愛の女性でした」と告げました。

ドロシー・スコット失踪事件のことを詳しく知っていることから犯人の電話だと十中八九誰もが思っていましたが、素顔も年齢も何もかも分からない謎の男に警察や記者などは振り回されてばかりでした。謎の男に繋がる証拠や手がかりなどは一切掴めず、とうとう捜査は暗礁に乗り上げようとしていました。

ドロシー・スコット失踪事件から4年が経ったころ、雑木林から一体の白骨遺体が発見されました。その周辺には白骨遺体の所持品らしきものが見つかり、調査によるとドロシーのものであることが判明し、同時に白骨遺体もドロシー・スコット本人のものであることが判明しました。

ドロシーの白骨遺体が見つかったことでストーカー殺人事件であることは断定されましたが、相変わらず犯人の足取りや手がかりは何一つ掴めないまま、未解決事件となってアメリカ全土に知れ渡っています。そしてドロシーの白骨遺体が見つかってから一週間後、ドロシーの母親の元に一本の電話がかかってきました。その電話の相手はこう言いました。

「ドロシーは見つかりましたか?」

まとめ

大変恐ろしくも怖いストーカー事件。当時はストーカー規制法がまだ確立されておらず、ストーカー被害がたびたび問題になっていたそうです。そして今回のドロシー・スコット失踪事件は身を守るために空手を習っていたものの、その甲斐なく白骨遺体となって発見されました。

現在ではストーカー規制法が強化されているものの、数が少なくなってもたびたび問題が起こっていることに変わりはありません。一人の男の身勝手な感情は、時として人に危害を加える危険性を持った危険人物に変わるので、もしかしたらと思ったらすぐに警察に相談した方が良いでしょう。

▶︎【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 引っ越しの第一歩は“部屋選び”!! 侵入しにくい立地とは?

  2. 今さら聞けない窃盗と刑罰・懲役などについての基礎知識

  3. 【夏の終わり】日の短くなり始めがキケン。秋も性犯罪に要注意!

  4. 【梅雨目前】梅雨入り前に確認したい、雨の日に特に注意すべき防犯ポイントとは

  5. 巻き込まれる可能性も? コンビニでの犯罪とその防犯対策

  6. 【注意】若者を狙った巧妙な振り込め詐欺の手口とは

  7. 防犯ブザーのメリット

    【お助けアイテム!】防犯ブザーはどこで購入できる?また防犯ブザーを持つことによるメリットとはどんなも…

  8. 「○○pay」ブームの今知りたい、キャッシュレス決済を使用する際の注意点とは

  9. 【対策】犯罪者はSNSでターゲットを絞っている!モザイクアプローチを理解して被害に遭わない!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP