【世界の未解決事件】被害者が犯人を庇う!?1046号室殺人事件とは?

1046号室殺人事件とは?

今から80年以上前の1935年アメリカ、ミズーリ州カンザスシティのプレジデントホテルで起きた未解決殺人事件と言えば、1046号室殺人事件です。ホテルで一人の男が拷問されたかのような重傷を負い、そのまま病院に搬送されましたが息を引き取ったという事件です。

はたしてホテルで彼を襲ったのは誰なのか、言い争っていた相手は誰なのか、なぜ男は偽名を使ってまでホテルにチェックインしたのか、分からないことが多い事件だと言えるでしょう。

事件の詳細について

今から80年以上前の1935年1月2日、アメリカのミズーリ州カンザスシティのプレジデントホテルにローランド・T・オーウェンという男がチェックインしてきました。自宅の住所はロサンゼルスにあるというローランドはかなりの大柄で、目立つ傷がさらに威圧感を与えてきます。

ローランドは受付で外通りに面していない部屋を希望すると、そのまま1046号室にチェックインしました。スタッフが少し疑問に思ったのは、基本的にホテルにチェックインするなら何かしらの荷物を持っているのに、この人は手ぶらでチェックインしてきたということです。

また、しばらくして客室係がローランドの部屋を訪れると、何故かローランドは薄暗い部屋の中心で椅子に座ったままの状態でした。しかもその様子は酷く怯えているようで、客室係が用事を済ませて部屋を出ようとすると、ローランドは「後で友達が来るから部屋のドアのカギを開けておいてほしい」と頼まれました。

客室係は言う通りにして部屋を後にしました。そして翌朝1月3日、再び客室係はローランドの部屋を訪ねましたが、外側から鍵がかけられていたようでした。お客様は外出中だと思い、客室係は鍵を開けて中へ入ります。

部屋には先日と同じく薄暗い部屋の中で椅子に座っているローランドがいました。ちょうとその時に電話がなり、ローランドが電話にでると「ドン、違うんだ。俺は朝食を食べたばかりでお腹は減ってないんだ」

そしてその日の夜、客室係がローランドの部屋に行くと二人の男が言い争っているような声が聞こえてきたのです。翌朝1月4日、ホテルの受付がローランドの部屋に内線電話をかけると、部屋の受話器が外れていることに気づきました。

受話器を元に戻してもらうためにスタッフがローランドの部屋に確認しに行きましたが、「部屋に入ってきて明かりをつけてくれ」とローランドが頼んできます。しかし、部屋にはロックがかかっているので明かりをつけたくてもつけられません。

ノックを続けても反応がないので受話器を戻してほしいと一声かけてから引き返しました。そしてそれから数時間後、再びローランドの部屋の受話器が外れたままなのに気付いたため、スタッフがローランドの部屋に向かうとドアには入室禁止の札がかけられていました。

まずノックをしましたが返事は来ず、心配になったスタッフは鍵を開けて部屋に入ると、そこはなんとも凄惨な状況になっていました。壁やベッドに血が飛び散っており、肝心のローランドは床に血だまりを作り、その中に倒れていたのです。

ローランドはそのまま病院で息を引き取るが……

警察に通報してようやく警察官が現れた時、ローランドは予断を許さない状況であり、瀕死の状態になっています。ローランドは胸を何ヶ所も刺され、頭蓋骨は陥没、首に縛られた痕が残っていることから何者かに拷問を受けていたのでしょう。

しかし、ローランドは基本的に「何も問題はない。自分で浴槽にぶつかっただけだ」としか言いません。しかし、明らかに出血もひどい上に意識も朦朧としているので、すぐに病院に搬送されました。しかし、治療の甲斐なくローランドは息を引き取りました。

警察はこれを殺人事件として捜査を開始しましたが、ロサンゼルスにはローランド・T・オーウェンという男性は実在しないそうです。そしてローランドが泊まっていた部屋は不可解な点が多く、ローランドが着ていた服や室内のタオルが無くなっており、従業員のものではない女性の手形を発見しました。

ここまで犯人のものと思しきものはすぐに見つかりましたが、肝心の動機が未だに見えてみません。事件から80年以上経った今でもなお真犯人は捕まえられていません。ローランドの本名と思しき名前も判明しただけでなく、母親の存在も分かりました。しかし、いずれも犯人の動向に近づくという結果には至っていません。

まとめ

厳密には病院で治療を受けた末に亡くなったのですが、直接的な死因を作ったのは一緒にいるはずの男の可能性が高いと言えるでしょう。ただ、そもそもなぜローランドは偽名を使ってホテルにチェックインする必要性があったのか疑問に思う人もいるでしょう。

偽名を使ってまでホテルに泊まろうとするのには本人にしか分からない特別な理由があるのかもしれません。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

真実は神のみぞ知ると言ったところですが、もしかしたら囚人のジレンマが働いたのかもしれませんね。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. セックスの同意は必要?関西の大学生らが、性的同意のチェックリストを作成

  2. 痴漢で逮捕されたらどうなる?

    痴漢で捕まったらどうなる?逮捕後の刑罰に関するQ&A9選

  3. 大人も使える、LEDグッズ特集!

  4. 【SOS】ピザの宅配で九死に一生?〜機転を利かせた勇気ある行動〜

  5. 20代女性は、日本国内でもスリへの対策をしよう!

  6. 駐輪場は意外と犯罪が多いスポット! 防犯対策が必要!

  7. もう許さない!痴漢が起こるのは混んでいる場所?そこには犯人の罪の認識の甘さもあった

  8. 【気づける?】更衣室に仕込まれた仰天盗撮カメラの正体に驚愕

  9. 公然わいせつの定義とは?軽犯罪法との境界はどこ?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP