毎朝届く〇〇〇がすごく便利?冬の防災対策は「防寒」も意識しよう!

地震などの災害時の備えは非常に重要ですが、見逃しがちなのが防寒対策です。冬に災害が起きて暖房が使えなくなっても、寒さをしのげるようしっかり準備しましょう。

真冬の災害はこんなに危険!

真冬にライフラインが止まったりするような災害が起こると、ストーブやエアコンなどほとんどの暖房器具が使えなくなり、寒さが問題となります。また、家の壁が壊れたり、窓ガラスが割れたりと、通常時よりも室温が大幅に低くなってしまうケースも少なくありません。事実、2011年に起きた東日本大震災でも、多くの被災者が寒さに苦しんだそうです。

寒さは人間の体力を大幅に低下させるため、風邪などの感染症にかかりやすくなり、最悪の場合、命にもかかわります。また、寒さによる思考力や警戒心の低下も危険に拍車をかけます。

災害から生き延びるには、寒さ対策は重要なポイント。特に小さな子どもやお年寄りは、寒さに弱く、病気にもかかりやすいので注意が必要です。

電気やガスが不要の暖房器具を用意する

ライフラインが止まった時に備えて、電気やガスが不要の暖房器具を用意しておけば、災害時に便利です。2次災害にならないように、安全装置のついたタイプのものを選ぶのをおすすめします。

石油ストーブ

電気を使わないタイプの石油ストーブであれば、停電が続いてもしっかり暖をとれます。ただし、余震による火事や子どもの火傷などには要注意です。また、災害時に交通がマヒすると、石油を手に入れるのが難しくなるケースがあります。

カセットガスストーブ

カセット式のガスストーブは、カセットガスがあれば電気もガスも不要です。また、コンパクトで持ち運びがしやすいため、家のどこでも使えます。また、石油に比べて備蓄がしやすいというメリットも。ただし、あまり長時間は使えませんし、火力も弱めです。

新聞紙を活用する

新聞紙は防寒性に優れているので、家に常備しておくと、いざという時に役立ちます。いくつか活用法をご紹介するので、万が一の際は試してみてください。避難所での防寒対策にもおすすめです。

新聞紙とポリ袋で毛布やひざかけの代わりに

新聞紙をくしゃくしゃ丸めて、ゴミ袋に使うようなポリ袋に入れるだけ!このとき、ギュッと丸めると新聞紙が大量に必要になるので、あまり力を入れ過ぎないのがポイントです。

袋の口を結んでかぶれば毛布代わりに、そのまま袋に足を入れればひざかけ代わりになります。自分の体温が伝わって徐々に温かくなり、あるとないのでは大違いです。

新聞紙を重ね着

防寒のコツは重ね着をして、自分の体温で温まった空気の層を作ること。重ね着をするために服が足りないときには、新聞紙で代用できます。新聞紙を何枚か重ねて肩からかけたり、靴下と靴下の間に新聞紙を重ねたりと色々活躍してくれます。

新聞紙とラップで即席腹巻

新聞紙とラップを組み合わせると、防寒性はさらにアップ。新聞紙を二つに折って、お腹にぐるりと巻いて、その上からラップも巻くと、お腹周りの冷えを防げます。

防寒グッズを活用する

冬の災害時に備えて、家や非常持ち出し袋に常備しておきたい防寒グッズをご紹介します。

エマージェンシーシート

エマージェンシーシートとは、ごく薄い素材でできた防寒・防水シートのことで、災害時やアウトドア、さらには軍隊でも使われています。毛布や布団がなくても、寒さから身体を守ってくれるため、避難所などでも重宝します。また、たたむと非常にコンパクトで重さも軽いため、持ち運びにも便利です。非常持ち出し袋にぜひ入れておきましょう。

使い捨てカイロ

使い捨てカイロはすぐに使えて、火が出ないので災害時の寒さ対策として非常に優秀です。市販の防災セットにも入っていますが、余分に用意しておくのをおすすめします。普段使い用もかねて、家に多めにストックをしておきましょう。

アウトドア用のコンロ

温かい食べ物を食べれば、身体が心から温まるのはもちろん、気持ちもリラックスします。災害時でも温かいものが食べられるようにしておくのをおすすめします。
一般的なガスコンロの場合、非常持ち出し袋に入れるには少々かさばるので、アウトドア用のコンロがおすすめです。

まとめ

真冬の災害で深刻な問題となる寒さですが、対策をしっかりすれば身を守ることができます。自分自身や家族などの周りの人の安全のために、災害時の対策について考えてみてはいかがでしょうか。

▶︎【防犯フィルムおすすめ20選】価格は安くても空き巣に効果的な防犯フィルムを大公開

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【脱税?詐欺?】イートイン脱税って本当に罪なの?軽減税率の仕組みを解説!

  2. ストーカーに追われる夢を見た!夢診断の結果は?

  3. 【夏休み】子どもが犯罪に巻き込まれないための防犯対策

  4. コミュニケーションは防犯にも効果的。自治体や町内会に入るメリットやデメリットとは

  5. 女性のSNSの利用方法に警鐘!?エスカレートすると性犯罪や詐欺に巻き込まれる可能性も

  6. 【なぜ?】秋は交通事故が多くなる!運転時の注意点や対策をチェック!

  7. QRコードとスマホで、行方不明になった認知症の高齢者を探せる?新たな見守り方法を発見!

  8. 【異次元】女性に次々とメガネをかけさせて…究極のメガネフェチ現る

  9. 【注意】玄関ドアにセロテープが貼られていたら、あなたの家は空き巣に狙われているかも?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP