【今日の事件簿】捜査に延べ9億円以上かけた日本最大級の未解決事件「三億円事件」とは

今から51年前の12月10日、三億円事件が起きました。この事件は日本において最も有名な事件の1つに挙げられる未解決事件です。公訴時効を迎えた後も事件を扱った小説や映画、テレビドラマなどが数多く作られました。今回はこの三億円事件について紹介していきます。

三億円事件の経緯と概要

事件が起きる4日前の1968(昭和43)年12月6日、日本信託銀行国分寺支店長宛てに脅迫状が届きました。脅迫状には翌7日の午後5時までに指定の場所に現金300万円を女性行員に持って来させないと、支店長宅を爆発するとありました。翌日、現場周辺に警察官約50人を配置させて待ちましたが、犯人は結局現れませんでした。

4日後の12月10日午前9時半ごろ、この日本信託銀行国分寺支店から東京芝浦電気(現在の東芝)の府中工場へ、工場の従業員のボーナス約3億円が運ばれるため出発。現金輸送車はセドリックで3億円はジュラルミンのトランクに3つに分けられていました。途中の府中刑務所の裏にある学園通りと呼ばれる通りに差し掛かったところで、1台の白バイが追いかけてきて輸送車の前をふさぐように停まります。

現金輸送車の運転手が窓を開け理由を聞くと、白バイ隊員は「当該銀行の巣鴨支店長宅が爆破され、この車にも爆弾が仕掛けられているとの連絡が入ったので調べさせてほしい」というようなことを言って、輸送車を調べ始めました。輸送車に乗っていた銀行員らは4日前に支店長宅を爆破するとの脅迫状が送られていたことから、その話を信じてしまいます。白バイ隊員は車の下に潜り込み爆弾を探すふりをして隠し持っていた発煙筒に点火。爆発すると大声を上げ、銀行員を非難させて輸送車に乗り込み、そのまま輸送車を運転して逃走しました。

その場にいた銀行員らは、それでも警察官が爆弾から遠ざけるために輸送車を非難させたと思い込み、勇敢な人だと思って物陰から見ていたそうです。その後、路上に残った発煙筒が燃え尽き現金輸送車の運転手がバイクに詳しかったことから白バイが偽物だとわかり、現金が奪われたと判明しました。連絡を受けた警察は9時50分には伊豆・小笠原を除く東京全域に緊急配備を敷きます。また、要所で検問をしましたが午前10時18分ごろに国分寺跡地で現金輸送車であるセドリックが乗り捨てられているのが見つかり、犯人逮捕には至りませんでした。

盗まれた3億円

盗まれた現金の正確な金額は2億9430万7500円でした。この当時の約3億円は、現在でいうところの約20億円の価値に相当するといわれています。また、盗まれた現金は工場の従業員のボーナスでしたが、事件の翌日には従業員にボーナスは支給されています。なぜかというと盗まれた約3億円には保険がかけられていたからです。

さらには、実際に現金を支払った保険会社も再保険をかけていて、日本以外の保険会社によるシンジケートから出再(=再保険のこと)されていました。そのため、国内に直接的な金銭的損失を負ったところがなく、正確な被害金額2億9430万7500円の語呂から「憎しみのない強盗」とも言われました。

遺留品と捜査

事件の現場には、ニセ白バイなど犯人が残した遺留品が120点にも及び、当初は簡単に犯人が捕まるだろうと思われていました。しかし、残された遺留品は盗難品であったり一般に大量に出回っていたりするものばかりで、遺留品から犯人を特定することができませんでした。警察は聞き込みやローラー作戦、遺留品の指紋照合など全力の捜査をおこないます。

12月21日には犯人のモンタージュ写真も公表。しかし、通常のモンタージュ写真のような顔のパーツを組み合わせたものではなく、事件直後に容疑者として浮上した人物の顔写真を無断でそのまま使用したものでした。ともあれ、警察は延べ17万人の捜査員を動員し、9億円以上の捜査費をかけて全力で捜査しましたが、結局犯人逮捕には至らず1975年の12月10日に公訴時効が成立。未解決事件となってしまいました。

まとめ

今回紹介した三億円事件は有名な事件で、多くの人が1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。この事件は一見強盗事件と思われがちですが、暴力に訴えずに策略だけで金銭の強奪に成功しているため、窃盗事件となります。どちらにしても許しがたい犯罪には変わりはなく、こうした事件に巻き込まれないためにも、日ごろから防犯対策をしっかりとしましょう。

▶︎【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【8月18日の事件】殺人の口封じで無関係の人を拉致、暴行、そして殺害。残虐極まる熊谷男女4人殺傷事件…

  2. 【今日の事件簿】お祭りを狙った犯行だったのか?宇都宮連続爆発事件とは

  3. 【7月5日の事件】殺人容疑で異例の釈放?小樽で起きた未解決殺人事件の謎

  4. 【今日の事件簿】画家の男が犯人だったのか?捜査も問題視された帝銀事件とは

  5. 【4月2日の事件】「硫酸男出没事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  6. 【今日の事件簿】火をつけた動機は蓄膿症?「火曜日の放火魔事件」とは

  7. 3月16日は万国赤十字加盟記念日! 暴行傷害から身を守ろう

  8. 【今日の事件簿】同居する母にも気づかれず約9年間にわたって監禁。新潟少女監禁事件とは

  9. 【今日の事件簿】亡くなってから無罪判決が言い渡された、徳島ラジオ商殺し事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP