【今日の事件簿】子供のいるスポーツクラブで散弾銃乱射!ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件とは

今から12年前の12月14日、ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件が起きました。この事件は1人の男がスポーツクラブで散弾銃を乱射した事件で、銃規制の不備が指摘されて銃刀法が改正されるきっかけとなった事件です。今回はこのルネサンス佐世保散弾銃乱射事件について紹介していきます。

ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件の概要

2007(平成19)年12月14日、1人の男が散弾銃を持ってスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」に入ってきました。男はプールに直行し無言で散弾銃を乱射。プールで小中学生を教えていた当時26歳の女性インストラクターが撃たれました。生徒を誘導して事務室に逃げ込もうとしたところ男が先回りして至近距離から撃ったそうです。さらに、ロビー近くで男の犯行を制止しようとした男性も数発撃たれました。

2人は病院に運ばれましたが間もなく死亡。このほか大人4人と女子小学生2人が被弾し重軽傷を負いました。男は発砲した後裏口から逃走。目撃証言から男は迷彩服姿で身長が180cm以上であることから、当初はアメリカ兵ではないかとの憶測もありました。しかし、警察の捜査によって佐世保市に住む当時37歳の無職の男が被疑者として浮上したのです。

凶悪発砲事件であることから、警察は銃器対策部隊や福岡県警の特殊部隊も出動し捜査にあたりました。夜も更け15日の午前1時ごろ、男が所有する車が発砲現場から約4km離れた教会の前で発見。車内には誰もいませんでしたが散弾銃2丁と空気銃1丁、迷彩服が見つかりました。記録によると男は3丁の散弾銃を所有していたことから、散弾銃を持ちながら逃走していると推測して、警戒しながら捜索にあたりました。

そして、15日の午前5時44分、教会から発砲音が聞こえます。警察が教会の敷地内を捜索したところ、男が散弾銃を持ったまま首から血を流し倒れているのを発見。男はすでに死亡しており、警察は自殺と断定しました。

犯人の男と犯行動機

犯人の男は1970年に佐世保で生まれました。両親は教会に通う敬虔な信徒で、男も子どものころはよく教会に通っていました。男は高校に進学し周りは温厚だと振り返る一方で、黒ミサに興味を示し不気味だという同級生もいたそうです。また、高校卒業直前には万引きで謹慎処分も受けていました。高校卒業後は名古屋や東京で職を転々とし、その後は佐世保に戻って水産会社や病院で働きますが、どれも長続きしませんでした。

ある時は弁護士を目指して司法試験も受けますが4年連続で落ちたそうです。そんな中、男は銃に興味を示し2002年の夏に初めて銃を購入します。警察には射撃競技と狩猟に用いるためだと届け出て、実際に一時期クレー射撃クラブに所属していました。合法的に銃を所有する一方で、奇行も目立ちました。

大音量で音楽をかけたり、銃を持ち漫然と外を出歩いたり、夜中に近所の家にトイレを借りにいったりしていたそうです。犯行現場となったスポーツクラブには以前から会員になっていましたが、犯行前はほぼ毎日通っていました。犯行動機は男が自殺したため解明は難航します。しかし、捜査の結果、男が犯行時に客として来ていた女性インストラクターの交際相手の男性を押しのけ、真っ先に女性インストラクターに発砲して殺害していることがわかります。このことから、男が女性インストラクターに一方的に想いを寄せていたと推測されました。

また、男は事件当時、金融機関から多額の借金もあり返済もできなくなったことから自暴自棄になって犯行に至ったと結論。さらに、男は犯行時、自分の凶行を見せるためか中学の同級生を現場のスポーツクラブに誘っていました。この事件の犠牲者となったもう1人の男性は呼び出された同級生のうちの1人でした。撃たれた男性は、男の最も仲の良かった親友だったそうです。警察は親友の男性を撃った原因は、男性に犯行を止められたことに激昂したものと断定しました。

その後

2008年2月に男は殺人等の容疑で書類送検されましたが、3月に被疑者死亡を理由に不起訴処分となりました。この事件を受けて、佐世保市の市長と市議会は銃の許可に際してチェックを強化するように政府に意見書を提出。警察庁はすべての銃保持者に自主的な委託保管を呼びかけます。また、銃規制強化の動きは国会にも見られ、2008年4月に銃刀法の改正案が参議院に提出されました。与野党の協議の結果、2008年11月に改正銃刀法が成立し、2009年1月5日に施行されています。改正銃刀法では銃所持資格が28年ぶりに見直されました。

まとめ

今回紹介した事件は銃を所持した男の身勝手な思いによる凶悪な犯行だったと推測されています。。スポーツクラブという普段は犯罪とは無縁な場所で起こった銃撃事件で、その場にいた人の恐怖は計り知れません。こうした事件に確実に巻き込まれないための対策はないかもしれません。

日本では基本的に銃の所持は認められていないため、銃を持った人と対峙した時にどうしたらいいのかを全く知らないという方も多いと思います。しかし、警視庁の資料によると日本の平成30年の発砲事件数は8件、拳銃および拳銃部品に係る銃刀法違反事件の検挙件数は142件となっています。このうち約半数は暴力団関係ですが、一般人が被害に遭わないとは言い切れません。さらに、銃社会でない日本では防弾ガラスを使用していない建造物も多いです。

滅多に起こらないことではありますが、銃を持った人がいたらどう行動するべきかを知っておくことで助かることもあります。少しでもいいので、勉強してみてはいかがでしょうか。

▶︎【米軍も使用】物騒な世の中だからこそ知っておきたい「最新止血グッズ」と使用法!
▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

関連記事

  1. 【今日の事件簿】オールスター選手が無期懲役へ。元プロ野球投手強盗殺人事件とは

  2. 【5月25日の事件】AKB48の握手会で起きた切りつけ事件から5年。イベントでの防犯対策とは?

  3. 【今日の事件簿】17歳の男が短刀を握りしめて体当たり。浅沼稲次郎暗殺事件とは

  4. 【今日の事件簿】なぜ警察は捜査依頼を断っていたのか?「栃木リンチ殺人事件」とは

  5. 【今日の事件簿】犯人の男は自殺。やり場のない怒りに震える山口女子高専生殺害事件とは

  6. 【5月21日の事件】「結婚したかった…」一方的な感情によるストーカー行為、対策の仕方は?

  7. 【8月20日の事件】42日間の大逃走劇。多くの人が凶悪犯の味方をした鬼熊事件とは

  8. 【7月15日の事件】電車が突然暴走。鉄道三大事件のひとつ、「三鷹事件」とは?

  9. 【今日の事件簿】本当に自殺…?遺族が何度も再捜査を申し入れた「徳島自衛官変死事件」とは?…

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP