【焦るな!】クリぼっち回避でマッチングアプリを使う危険性は?

クリぼっち回避で彼氏を探している女性も多いのではないでしょうか?
もし、マッチングアプリで出会いを探すのであれば、ネットで知り合った人と会うリスクを認識し、防犯もしっかり対策しておいた方が安心です。

クリスマスを一人で過ごしたくない人は多い

クリスマスは、恋人・彼氏と一緒に過ごす日と考えている方も多くいらっしゃいます。
クリスマスまでに恋人・彼氏を作ることを目標にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特にクリスマス前後は、彼氏同伴でないと体験できないカップル限定イベントなども多く、お出かけするにもクリぼっちは選択肢が限られてしまいます。なかには、クリスマスならではのイベントなどを目的にクリスマス限定彼氏を作って、恋愛気分を楽しむという方もいらっしゃるようです。

マッチングアプリなどで出会いを求める方も

クリぼっち回避方法として多くの方が使用しているのが、恋活・婚活マッチングアプリです。一時期は怪しいサイトなども多くあり出会い系として敬遠されていましたが、規制が厳しくなったこともあり男女問わず多くの方が利用しています。

国内最大級のものではユーザー数が1000万人を超えるものもあり、クリぼっちは嫌だという多くの男女が出会い探しに利用しているようです。

利用者数の多い大手マッチングアプリ

①with(ウィズ)…

20代が多く、女性は無料で登録できます。
悪質ユーザー対策として、利用開始時の公的書類提出義務化・24時間体制の監視・ユーザーによる通報システムをとっています。

②Pairs(ペアーズ)…

ユーザーの中心的な年齢層は20代です。
安全対策として、実名非公開で登録可能、公的な身分証明書による年齢確認が必須、24時間体制での監視を行っています。

③Omiai(お見合い)…

20~30代の利用者層が中心と言われていて、結婚まで見据えて相手を探す人が比較的多いようです。
本名の非公開、公的な身分証による年齢確認、24時間体制の監視の他、悪質ユーザーは警告・強制退会措置を名言しています。

マッチングアプリを利用するリスクを認識しておこう

クリぼっち回避のために焦ってしまい、相手選びに妥協してしまったり普段なら絶対に避けるタイプの男性とのお付き合いを検討してしまう方もいらっしゃるかもしれません。
「怪しい彼氏」に出会わないよう、マッチングアプリを使用する際の注意点を改めて確認しておきましょう。

別人になりきってもわからない

マッチングアプリのプロフィールは虚偽の申告をしようと思えば可能、という点が怖いところではないでしょうか。
例えば、画像加工アプリを使用したプロフィール写真を設定する、年収を多めに申告する、既婚者にもかかわらず独身と偽って登録している…など。
ハイスペックなプロフィールの男性ほど、実際に会ってある程度親しくなるまでは確認しようがないことで、別人になりきっている可能性も否めません。

身体目的の人もいる

いわゆる「ヤリモク」と言われる男性は、どのマッチングアプリにも紛れ込んでいるようです。LINE交換や実際に会うことを急かしてくる、お酒が入る店や家で会うことを提案してくる…などの男性は気をつけた方がよいかもしれません。

犯罪に巻き込まれる場合もある

マッチングアプリがきっかけとなった犯罪の中には、恋愛・婚活・結婚詐欺、女性に対する暴行・性的暴行の他、殺人事件にまで発展した事例もあります。
その他にも、ストーカー、マルチ商法や宗教の勧誘、身体目的の強引なナンパ(「ネトナン」)など、一歩間違えれば事件に発展しかねない危険もあるようです。
実際に対面する場合は、ネットで知り合った人と会うリスクを理解した上で会うようにしましょう。

▶︎クリスマスにも応用可能!イベント時のナンパ・痴漢注意ポイント

怪しい彼氏の回避方法

相手の言動を冷静に観察する

マッチングアプリで迷惑行為を行う男性は、女性を尊重する言動ができない傾向です。デートの日程調整やお店の選び方など、自分の身バレ・目的バレ防止を優先し、女性の希望は後回しにするからです。
口調は優しくても自分の希望を譲らない男性には注意が必要です。

女性主導のコミュニケーションNG

特に既婚者の男性の場合、休日や夜といった恋人としての時間を持ちたいタイミングは、家族と過ごしています。そのため、女性の方から連絡を取るのが難しい、リアルの生活が見えるSNSをあまり明かそうとしない傾向です。

日中の人目が多い場所で会う

犯罪目的で接近してくる男性の場合、早く2人きりになろうとします。そのため、デートをする際は、日中のなるべく人目が多い場所に限った方が無難です。もし、念を入れるのであれば、警察署付近のカフェなどで待ち合わせをするのもいいかもしれません。

例えば、渋谷警察署付近のカフェで検索した時、1km未満の距離にあるカフェは10件ヒットします。(2019年12月現在)
女性側からお店を提案する際、お店選びの条件として検討してみてはいかがでしょうか?

▶︎出会い系サイトがきっかけで結婚した男がDVだった…海外の事例はこちら

▶︎クリぼっち回避で参加した合コンでも使いたい!防犯の心得

まとめ

クリぼっち回避のために、マッチングアプリを利用している方や利用を検討している方もいらっしゃると思います。
しかし、クリぼっちを回避しようと焦る女性の心理を見越して、身体目的の男性や既婚者の男性が登録している可能性もあるようです。

最悪の場合、犯罪に巻き込まれかねないリスクを理解し、怪しい彼氏にクリスマスを台無しにされないようにしましょう。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【美しい5選!!】トルコの最大都市イスタンブールを観光するときに注意点とは

  2. 【冬本番】師走を迎える前に、再確認するべき防犯対策!!

  3. 東京都内の防犯情報が丸わかり! 防犯情報マップとは

  4. 卒業旅行を安全に楽しむ為の海外旅行で役立つ防犯グッズ

  5. ツイートから○○○犯に狙われる!? まだ間に合う!年末年始にやるべき防犯対策とは

  6. 【即実践】窃盗の手口と今日からできるMolyの防犯対策!

  7. 【絶景】世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのおすすめスポットと気になる治安は?

  8. 「支援してあげます」は結果的に詐欺?いつの間にか”支援詐欺”に遭っているかも…

  9. みんなが安心できる「駅」に!鉄道会社の防犯対策とは?

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP