【恐怖の着信】折り返すと危険が待っている…国際ワン切り詐欺とは?

みなさん「国際ワン切り詐欺」という言葉を聞いたことはありますか?
国際ワン切り詐欺とは突然全く心当たりのない電話から謎の着信が複数回あり、新手の詐欺の一種です。TwitterなどのSNSでは、国際ワン切り詐欺の電話が来たという人が相次いでいます。

では国際ワン切り詐欺の仕組みとはどうなっているのでしょうか?今回はどのようにしてお金を搾取しようと目論んでいるのか徹底解析します。

国際ワン切り詐欺の仕組みについて

国際ワン切り詐欺の仕組みとしては、まず海外から被害者にワン切り電話がかかってきます。そしてこちらがその番号に折返し電話をするとします。

そうすると国際電話料金は一旦、日本の携帯会社に入るのですが、一部が国際電話会社に入るようになっています。詳しいことは判明はしていませんが、国際電話会社または現地の国内電話会社が詐欺グループと契約していて、接続料の一部を詐欺グループに渡している仕組みになっていると推測されています。

上記が本当の仕組みなのかは定かではないですが、詐欺グループが収入を得る方法はこれ以外に考えられないために真実に近いと言えます。この仕組だと詐欺グループが得られる収入は一回に数十円程度ではありますが、塵も積もれば山となる方式となります。こういった手口が「国際ワン切り詐欺」の手口だと言えるのです。

国際ワン切り詐欺の事例

・アセンション島からの国際ワン切り詐欺

実際にあった事例としてアセンション島と書かれた国際電話から多くの人に電話がかかってきています。これは完全な国際ワン切り詐欺であって折返しの電話をさせることで国際電話料金の一部を得る詐欺行為です。

・モーリタニアからの国際ワン切り詐欺

モーリタニアからも謎の国際電話がかかってきています。これも完全に国際ワン切り電話の詐欺の手口です。

・不用意な折返しで高額な通話料金が請求されそうになる

実際に日本でアフリカのモーリタニアからの電話に折り返してしまい、23万円の高額被害に合った方もいらっしゃいます。
すぐ詐欺だと気付いて電話を切ればこんなに高額にはならなかったであろうに長く繋いでいると高額になってしまいます。この方は高齢であり、スマートフォンの対応に慣れていなかったために通話切断ボタンを押さずに放置してしまったためにこのような被害額にのぼってしまったといいます。

他の手口でも台風の際に「親族が待っています。このまま電話を切らずに待機してください」といった悪質なメッセージの手法もあるので、注意をしましょう。

謎の不在着信はSNS上でも話題に!?

謎の不在着信があったとして、国際ワン切り詐欺はSNS上でも被害に遭ったとの声が沢山あがっています。

例えば「アセンション島から着信が? 調べたら国際ワン切り詐欺とのこと!皆さん気を付けて! コールバックは絶対にしないように。 電話番号の頭が247は危険!」というようなツイートがあがりました。

それだけではありません。
他にも「昨日、050、、、から始まる番号から電話があったから確認してみると国際ワン切り詐欺!無差別にかけまくっているらしいので気を付けてください!着信拒否しましょうみなさん」との声や、「昨日携帯にアセンション島というところから不審な着信があったので調べてみたら最近流行っている海外からのワンきり詐欺みたいです! 皆さんもこのような電話がきたらかけなおさないように!」といった注意喚起の声が多く上がっています。

実際にこのような行為が頻繁に行われているので注意が必要です。
では国際ワン切り詐欺にはどのような対処法があるのでしょうか?国際ワン切り詐欺に引っかからないために把握しておく必要がありますのでご紹介します。

国際ワン切り詐欺の対処法について

・知らない電話番号は一旦無視する

基本的にはこれが1番です。一旦スルーするのが得策だと言えます。
その後にかかってきた電話番号を調べましょう。これ誰からの着信なんだろうと思ったら「あんしんセキュリティ」や「ドコモあんしんスキャン」などを使って調べてみるのも1つの手です。

・着信拒否する

一回電話が来て国際ワン切り詐欺だと分かった場合や、しつこく電話がかかってきた場合は着信拒否をしましょう。不安な場合は、#9110などに電話をかけて、相談をするようにしましょう。

まとめ

国際ワン切り詐欺の仕組みや対処法についてお話してきました。
仕組みは解明はされてはいませんが、国際電話会社または現地の国内電話会社が詐欺グループと契約していて、接続料の一部を詐欺グループに渡している仕組みになっていること以外には考えにくいので、おそらくこのような仕組みになっています。

高齢者の方やスマートフォン操作になれていない方だとどうしても被害に遭いやすくなってしまいます。そういう方には周りの方がぜひ注意喚起をしてあげてください。

▶︎【被害多発】アポ電とは?凶悪化した振り込め詐欺!その手口と未然に防ぐ為の対策

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 防犯設備士ってどんな資格? どうすれば取れるの?

    防犯設備士とはどんな資格なの?試験費用や取得するまでの流れを解説

  2. 簡単にできる?自宅のカギの強化方法

  3. 3月2日は遠山の金さんの日! しらを切る詐欺犯に騙されない対策

  4. 【事後報告がカギ】手口を知って防犯対策!侵入窃盗犯はこうしてSNSを悪用している!

  5. 高齢者の犯罪が増加?自分の親を加害者にしないためにできることとは

  6. 大掃除と共に年末年始の防犯対策を

    【年末防犯】大掃除と共に年末年始の防犯対策を!!

  7. 【大公開】大事な自転車をひったくり・ちかん・盗難から守る防犯対策!!

  8. 4月5日はヘアカットの日! 髪の話とショッピングモールでの防犯対策

  9. 【気をつけて!】可愛い○○がまさかの出火原因!?謎の不審火の正体とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP