年末年始は空き巣が増えるって知ってる?空き巣を遠ざけるポイントをチェック

年末年始に空き巣には空き巣に狙われやすいということをご存知でしょうか。
皆さんも年末年始は家を留守にする機会が多いのではないでしょうか?年末年始は実家に帰省したり、旅行に行ったりして数日間家に誰もいないという状態が続くため空き巣もそこを見計らって狙ってきます。

皆さんは年末年始に家を空ける際、しっかりと防犯対策をしてから旅行や帰省をしていますか?何もしていないという方多いと思います。空き巣に入られてから「もっとしっかり防犯対策しておけばよかった」と後悔しても遅いです。最悪その家にもう住めなくなってしまう可能性もあります。そうならないためにも防犯対策はしっかりとしなくてはなりません。

ではどのような防犯対策をすれば良いのでしょうか?

狙われやすい家の特徴

空き巣に入られる家は一戸建ての家が4割を占めています。
一戸建てはマンションよりも窓が多く、防犯カメラなどを設置している家が限られているのでとても狙われやすいです。そして狙われやすい一戸建てには共通している特徴があります。
・人通りが少ないところに建っている
・庭を囲んでいるフェンスが高い
・ベランダの近くに足場となるものがある
・公園やコンビニ・共用スペースなどの誰でも入りやすい場所が近くにある
・死角が多い
といった点が挙げられます。

マンションやアパートは防犯カメラが設置されているので抑止力になります。ですがマンションやアパートでも空き巣に入られる可能性はもちろんあります。

マンションやアパートで空き巣に入られる住宅の特徴

・宅配業者が入りやすい
・一階に住んでいる
・部屋数が多い
といった点が挙げられます。

マンションやアパートだからといって油断しないようにしましょう!

空き巣に入られないための防犯対策は?

・郵便や新聞などの宅配物を一時的に停止する

郵便受けに新聞やチラシが溜まっているのは不在の明らかなサインになってしまいます。新聞は電話一本、チラシ等は「チラシお断り」と張り紙対応で郵便受けに物を貯めないようにしたほうが良いです。

・洗濯物はしっかり取り込んでおく

同じ洗濯物が数日間ずっと干してあったらどう思いますか?「あの家きっと留守なんだろうな」と思われてしまいますよね?洗濯物は必ず全て取り込んでから帰省や旅行に行くようにしましょう。

・固定電話を携帯電話に転送

空き巣がターゲットの家の固定電話を知っている場合は、固定電話に電話をかけて留守か在宅なのかを判断することもあるそうです。自分の家の番号なんて知っているはずがないと思うかも知れませんが、今の時代どこから個人情報が漏れるかわかりません。
そのため可能ならば、家にかかってきた電話を携帯電話に転送しておくと尚さら安心して家を空けることが出来ます。

・窓の防犯対策をする

上記のことと施錠をしただけで防犯対策が完璧だと思っている方はまだ甘いです。窓の防犯対策までしてこそ完璧な防犯対策と言えるでしょう。窓ガラスには防犯フィルムを貼ることで窓を割られにくく出来ます!

そして防犯アラームを付けることによって、振動をキャッチし音がなるようになっていて音で空き巣を撃退刷ることが出来ます。防犯ブザーみたいな役割を果たしてくれるというわけです!簡単に防犯アラームは付けることが出来るので是非付けるようにしましょう。

そして補助錠を付けると尚良いです。
窓に付いている鍵だけでは鍵周辺の窓ガラスを割られてすぐに開錠されてしまいます。ですので鍵の上下に補助錠を付けることをオススメします!補助錠を付けると侵入にかなり時間がかかります。
空き巣は侵入に5分以上かかると空き巣を諦めることが多いので防犯対策として適しています。それ以外にも浴室やトイレの窓をしっかり施錠してください。

旅先でのSNSの使用には十分注意すること!

旅行先や帰省先でのSNSの利用には細心の注意が必要です。
リアルタイムでインスタグラムのストーリーに投稿したり、画像を投稿してしまうと家に誰もいないことがSNSを通じてバレてしまうのです!そうすると家に誰もいないという情報を察知され、空き巣に入られてしまうかもしれません。

そうならないためにもSNSの投稿はリアルタイムではなく、事後報告形式にすることをオススメします。

年末年始に空き巣に入られないように気をつけること

年末年始の家にいない期間に空き巣に入られないようにするためにはとにかくしっかりとした防犯対策をすることです。
そして自分が留守だと言うことを悟られないようにすることも重要です!
SNSのリアルタイムの更新を事後報告にしてみたり、防犯フィルム・防犯アラームを窓ガラスに設置するなど方法はいくらでもあります。
冒頭でも言いましたがもし空き巣に入られてしまったらもう2度とここには住めなくなるかもしれないリスクがあるので防犯対策は徹底して行うようにしましょう。

▶︎【防犯フィルムおすすめ20選】価格は安くても空き巣に効果的な防犯フィルムを大公開

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【世界の未解決事件】ドイツ史上最大の謎「ヒンターカイフェック事件」とは?

  2. 【気をつけて!】可愛い○○がまさかの出火原因!?謎の不審火の正体とは

  3. 盗撮の構成要件とは?迷惑防止条例と軽犯罪法はどこが違う?

  4. 予期せぬ事態に備えましょう!お店の生命線であるカギの管理

  5. 初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記 その⑫初めての一人暮らしに向けて

  6. ガラス破りが多い? 空き巣など侵入窃盗の現状と防犯対策!

  7. 窃盗は現行犯だけでなく後日逮捕も

    【窃盗】犯人後日逮捕のためにも被害届に意味はあり?現行犯だけでなく後日逮捕もある!

  8. 盗聴されてるかもと思った時に調べてみるべきこと

    初心者でも簡単に見つかる!?自分の家に潜む盗聴器の発見方法

  9. 【卑劣】学校のお金を盗む…だけでは物足りなかった教師の学校内での行動とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP